家事手伝い

お見合いパーティーなどに行くと、たまに職業:家事手伝いの人に出会います。

つまりは無職ということなのですが、昔は家事手伝いというと「女子力が高い嫁入り前の娘」「良い家柄の女性」というポジティブなイメージがありました。

しかし、家事手伝い=無職ということは、男性も含めてすべての人が気付いています。

そこで、家事手伝いという名の働いていない女性は、お見合いにおいては不利な印象を与えるのかどうかを調べてみました。

また、家事手伝いに対する男性の意見も参考にしつつ、家事手伝いの女性が婚活をするためのポイントを解説します。

結論:家事手伝いは悪印象

男性

職業「家事手伝い」をどう見るかは、女性自身が「職業無職」の男性をどう思うかということと大きな違いはありません。

おそらくお見合いパーティーで「職業無職」の男性と出会ったら、ほとんどの女性はその人を真っ先に候補から外すと思います。

最近は男女共働きの夫婦が増えてきているので、男性が家事手伝いの女性に対して持つイメージもネガティブになってきています。

女性の「家事手伝い」は男性の「無職」よりも印象は悪くないものの、決して印象が良いわけではないです。

家事手伝いの女性の印象が良くない一番の理由は、働く意思を感じさせないからです。

結婚後に共働きをするという選択肢もなさそうで、大人の女性として自立していないと感じて、「結婚したら大変そう」という印象を持ってしまいます。

もちろん男性の中には、結婚後は相手の女性に家庭に入ってもらいたい人もいます。

しかし、ハナから「私は働く気がありません!」と言っている女性は、やはり敬遠してしまうのは事実です。

よって、婚活をしている時点で家事手伝い=無職だったとしても、プロフィールの職業欄に書くべきではないと思います。

専業主婦が良いという男性は危険かも

家事手伝いの女性の多くは、そのまま専業主婦になりたいと思っています。

そうなると、結婚対象は「結婚したら女性には家庭に入ってほしい」と思っている男性になるかと思います。

しかし、専業主婦をのぞむ男性の中には、女性に完璧を求めすぎる人も多いので、しっかり見極める必要があります。

たとえば、専業主婦に対して下記のような考えを持っている男性も少なくありません。

■男性が専業主婦に対して求めること(一例)

  • 家事はすべてしてほしい(自分は仕事に専念)
  • 育児は妻の仕事
  • いつも笑顔でいてほしい
  • ずっと綺麗なままでいてほしい

医者や弁護士など、高収入で忙しい職業の男性なら、家事は妻にしてほしいという気持ちもわかります。

育児も、結果的には妻がメインで携わることになってしまうと思います。

しかし、「いつも笑顔でいてほしい」「綺麗でいてほしい」など、役割分担以上のことを求める男性も少なからずいます。

過去に掲載した専業主婦になりたい理由は「働きたくない」だけ?必要年収と男女の意見という記事では、女性からすると「何を言っているの?」と感じる男性の口コミもありました。

■妻には専業主婦でいてほしい男性の声

・苦労した分容姿も衰えるのに働いてもらうメリットを感じない

・妻があくせく働く姿は絵にならないから見たくない。

・妻が仕事のストレスを家庭に持ち込むのは絶対嫌だし、常にニコニコしていて欲しい。仕事で疲れた顔を見せるのは不可。

共働き夫婦が多数派の時代になっても、このような考えの男性は少なからずいます。

実際は専業主婦にもストレスが溜まるのでずっと笑顔でいるのは難しいですし、年齢とともに容姿も変わっていきます。

専業主婦と結婚したいと考えている男性の中には、このような完璧さを求めるような自己中心的な男性もいることは、女性は知っておいたほうが良いと思います。

婚活などで「妻には家庭に入ってほしいと思っています」と話す男性と出会っても飛びつきすぎず、人柄もしっかり見極めるのがおすすめです。

「家事手伝い」のごまかし方

悩む女性

次に、具体的な婚活の進め方についてです。

結婚相談所でも婚活サイトでも、プロフィールに「無職」と正直に書くと印象が悪くなり、マッチング率が大きく下がる可能性があります。

そこで家事手伝いの女性は、婚活プロフィールで「フリーター」「派遣社員」と書いた方が、悪い印象を与えにくいです。

無職になる前に働いていたのであれば、非正規雇用でも良いので前の職業を書く方がおすすめです。

実際に男性と会った時に「実は、最近退職をしたんです」と伝えればOKです。

また、具体的な職業名を書くと、印象はさらに良くなります。

たとえば、アパレルショップでフリーターをしていた、もしくは派遣社員として事務職をしていた、現在無職の女性の職業欄の書き方を少しずつ具体的にしてみると、下記のようになります。

■職業の書き方例

印象悪:家事手伝い

印象普通:フリーター、派遣社員(過去に働いていた場合)

印象良:アパレル、OL、事務職

「アパレル」「OL」「事務職」などと具体的に書くと、正規雇用か非正規雇用かという点も気になりづらい上に、働く女性のイメージがしやすいです。

かつてアパレルショップでバイトをしていた人や、派遣で事務職をしていた人は、上記のように書き方を変えることをおすすめします。

「求職中」という書き方もあり

階段を登る女性

もし、職業欄に前の職業を書くのに抵抗がある、ウソをついているようで心苦しい…という人は、「求職中」または「休職中」<という書き方をおすすめします。 年齢が20代前半の女性なら「就活中」と書くのも良いでしょう。 プロフィールに「家事手伝い」と書くのと一番違うのは、今は働いていないけど働く意思はあるという印象を与えられることです。

男性側からしても、職業「求職中」と書いていると「どんな仕事に就きたいんですか?」などと話題を振りやすいです。

休職中と書いた場合は「仕事がハードで体調を崩した、とかですか?」「何か事情があったんですか?」など、具体的な質問をされることもあると思うので、どんな理由か話せるようにしておけると安心です。

「家事手伝い」と書いて「あーこの人働いてないし働く気がないんだな、職業に関しては触れないでおこう。。」となるよりは、遥かに出会いの可能性が広がります。

婚活パーティーでは職業欄を空欄にするのも手

パーティー

改めて、今の時代は「家事手伝い」と書いてマイナス印象を与えることはあっても、プラス印象を与えることはまずありません。

なので、お見合いパーティーのプロフィールに職業欄があったら、「求職中」などと書くか、いっそのこと空欄のままにしておく方がまだマシだと思います。

職業欄は空欄でも、別の項目で「料理が得意」や「おもいやりがある」のようなプラス印象となる言葉を書いておけば、男性はそちらに目が移ります。

婚活パーティーは限られた時間で女性と話をしなければならないので、男性はふと目についた情報について話そうとします。

「へえ、料理されるんですか」と、仕事以外の話題に流れるようにすればOKです。

いずれにせよ、もし家事手伝いのまま婚活をしたいのであれば、「無職」というデメリットを上回るメリットを感じてもらう必要があります。

専業主婦を目指すのであれば、結婚前に料理などの家事全般ができるようになっておくに越したことはありません。

男性の中には専業主婦の女性を希望する人もいますが、そのかわり「自分は全力で働くから、家事は妻に全てやってほしい」と考えていることが多いです。

結婚してから家事を身につけようと思っていたら、結婚していきなり全ての家事を回さなければならない生活にストレスを感じやすいです。