書類を持つ女性

真面目に結婚を考えるために結婚相談所の入会を決めたら、次は入会準備。

結婚相談所は、独身証明書本人確認証明書などの提出書類が必要です。

少し面倒に感じるかもしれませんが、提出物が多い結婚紹介所ほど審査基準が高いので安心です。

また、たくさんの書類の手続きを踏んで入会している会員ほど結婚への意識が高いので、真面目に婚活をしている人と出会えます。

今回は提出が必要な書類をまとめました。

結婚紹介所に提出する主な書類

多くの結婚紹介所で提出する必要がある書類は下記のとおりです。

■多くの結婚相談所で提出必須の書類

  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 本人確認証明書
  • 顔写真(プロフィール写真)

■男性のみ提出必須の場合もある書類

  • 収入証明書
  • 在籍証明書

■結婚相談所によっては提出が必要な書類

  • 口座振替依頼書
  • 公的資格証明書

特に、独身証明書は日常生活で見かけない書類かと思います。どういう書類か、どうやって取得するのかを調べてみました。

多くの結婚相談所で提出必須の書類

独身証明書・卒業証明書・本人確認証明書は、ほとんどの結婚相談所で提出する必要があります。

全ての書類を揃えるのに1週間ほどかかる場合が多いので、できる範囲で事前に書類を準備しておいてもいいと思います。

顔写真は、結婚相談所で撮影してもらえる場合もあります。

独身証明書

書類に記入する女性

独身証明書の正式名称は「結婚情報サービス・結婚相談業提出用証明書」という書類で、本籍がある市役所や区役所で申請することができます。

発行手数料や申請方法は役所によって異なるので、事前に問い合わせておくと安心です。

一般的な発行手数料は、おおよそ300円前後です。役所に直接受け取ることも、郵送で取り寄せることもできます。本籍地と異なる地域に住んでいる場合は郵送が便利です。

参考までに、独身証明書の発行に際して提出する代表的な書類を記します。

■役所で受け取る場合

  • 身分証明書(運転免許証やパスポート)
  • 戸籍謄本、もしくは抄本
  • 請求者の印鑑(認印)

■郵送で取り寄せる場合

  • 申請書
  • 返信用封筒(返送用住所記載、切手貼付)
  • 発行手数料の小為替
  • 身分証明書のコピー

また、結婚相談所によっては独身証明書の申請用紙を用意してくれたり、申請の代行をしてくれたりと、サポートが手厚いところもあります。

不安であれば、結婚相談所の結婚アドバイザーの方に事前に相談することをおすすめします。

卒業証明書

東京大学

卒業証明書は、学校の教務課や学務課で発行してもらえます。卒業する際に黒い筒に入れて受け取る卒業証書とは別の書類なのでご注意ください。

無料の場合と有料の場合がありますが、有料でも200円前後です。

窓口で即日発行できる学校と、2~3日かかる学校があるので、事前に学校の公式サイトなどで確認すると安心です。

大きな大学では手数料をオンライン決済できたり、自動発行機を利用できる場合があります。

いずれも発行を依頼する際は、学校指定の申請書が必要です。申請書類は、学校の公式サイトでダウンロードできます。

発行に際して必要なものは、独身証明書と似ています。

■学校で受け取る場合

  • 学校指定の発行申請書
  • 身分証明書(運転免許証やパスポート)
  • 発行手数料

■郵送で取り寄せる場合

  • 学校指定の発行申請書
  • 身分証明書のコピー
  • 返信用封筒(返送用住所記載、切手貼付)
  • 発行手数料の小為替(オンライン決済ができる学校もあり)

中退などで卒業証明書を発行できない場合は、在学証明書を提出することで在籍していたことを証明できる結婚相談所もあります。

本人確認証明書

本人確認証明書は、運転免許証パスポートでOKの場合もあれば、戸籍謄本の提出が必須の結婚相談所もあります。

戸籍謄本は本籍地の役所で発行依頼をする必要があるので、遠方に住んでいる場合は郵送で請求する時間がかかります。

顔写真(プロフィール写真)

顔写真は、結婚相談所によってはプロのカメラマンに撮影してもらえるサービスがあります。

明るくてきれいな写真を撮ってもらうことができるので、積極的に利用することをおすすめします。

こちらで写真を用意する必要がある場合も、紹介時に会員の顔写真を見ることができる結婚相談所に入会する場合は、写真屋さんや撮影スタジオで撮影するのが望ましいと筆者は思います。

顔写真は第一印象に関わるので、好印象な写真を出すことで「会ってみたい」と思ってもらえる確率を上げることができるからです。

最近は婚活写真プランがあるスタジオも増えています。ヘアメイクや衣装貸し出しまでしてくれる上位プランなどもあります。

男性のみ提出必須の場合もある書類

書類を持つ男性

仕事に関する収入証明書在籍証明書は、男性会員は提出必須になることが多いです。

女性は家事手伝いの人が登録するケースなど、提出しなくても良いこともあります。

■収入証明書

会社に勤務している場合は、源泉徴収票数カ月分の給与明細などを提出します。

個人事業主の場合は、受領印つきの確定申告書納税証明書を提出することになりますが、結婚相談所によって異なります。

■在籍証明書

勤務先に作成してもらう書類ですが、最近は社員証でもOKだったり、源泉徴収票に社名が記載してあればそれでOKという結婚相談所も多くなっています。

もし在籍証明書が必要な結婚相談所に入会したい場合は、「上司に結婚相談所に提出すると知られるのが不安…」という方もいるかと思います。

その場合は、住宅ローンの契約用やマンションの入居審査だと言えばスムーズです。

結婚相談所によっては提出が必要な書類

会費を支払うために口座振替依頼書を提出する必要がある結婚相談所もありますが、結婚相談所側で書面を用意してもらえることもあります。

こちらで用意が必要な場合は、銀行の窓口でもらうことができます。銀行によってはATMの側に設置してある場合もあります。

公的資格証明書は、医者や弁護士などの資格を有していないと就けない職業の人が提出する書類です。提出は任意の場合が多いです。

地方法務局で発行してもらえるので(600円の収入印紙が必要)、上記職業に就いていることをアピールしたい場合は提出するとより安心です。

準備ができたら、真剣な婚活のスタート

結婚式を迎えるカップル

提出物が全てそろえられたら、結婚相談所に正式に入会となります。

結婚相談所は費用がかかる婚活の方法ですが、その分同じくらい真剣に結婚について考えている人と出会えるのが最大のメリットです。

コンサルタントの方と一緒に、真剣に結婚を考えた婚活をすれば、たくさんの縁に出会うことができます。

次は、40代に人気の結婚相談所に関する比較記事です。