クレーム電話をする女性

結婚を真剣に考え始め、結婚相談所への入会を検討する人にとっては「本当にちゃんと結婚できるのか?」という不安がつきものです。

確かに結婚相談所は、婚活サイトなどと違い高い費用が必要になります。結果が出るのかは非常に気になると思います。

もちろん、結婚相談所に入会しただけで結婚できるというわけではありません。

結婚アドバイザーと一緒に努力をしていく必要がありますが、トラブルが起きて婚活に影響が出てしまうケースもあります。

今回は結婚相談所で多いトラブルを調べ、対処方法や回避方法をまとめました。

よくある結婚相談所のトラブル

まずは実際に結婚相談所で起こったトラブルを国民生活センターやネット上の口コミで調べてみました。

条件相手や人数に不満

悩む女性

結婚相談所では年齢などの希望条件にあった相手を、定期的に紹介してもらうことができます。毎月2名以上など、一定以上の人数を紹介してもらえるのが一般的です。

その中でも、希望条件に合わない人を紹介されたり、紹介人数が少ないという苦情があるようです。

■紹介内容に不満があったトラブル例

「希望年齢を30代前半までとしていたのに、アラフォー以上の人を紹介してくる」

「入会前はたくさん紹介できると言っていたのに、月に2人くらいしか紹介してくれない」

これは希望条件が厳しいなどの理由で、マッチングが難しい場合に起きます。

毎月の最低紹介人数が決まっている結婚相談所の場合は、条件が全て合わない人も「年齢は希望より高めですが、趣味やお人柄も合いそうなので会ってみませんか」と紹介するようなイメージです。

あまりにも悪質な結婚相談所を除いても、これはどこの結婚相談所でも起こりうる事象です。

特に、アラフォー以上の女性会員、年収が低い男性会員などはマッチングしづらいので、あまりにも高い希望条件を掲げていると条件をゆるめる必要が出てきます。

相手のプロフィールに虚偽があった

悩む女性

大手の結婚相談所に入会するには身分証明書や独身証明書、男性であれば収入証明書などの提出が必要です。

このような安心できる結婚相談所では、基本的にはプロフィールを偽ることはできません。しかし、自己申告のプロフィールについては嘘をつくことができてしまいます。

たとえば、喫煙の有無などです。

■プロフィール虚偽のトラブル例

「プロフィールでは煙草を吸わないと書いていたのに、お見合いを重ねて喫煙者だとわかった」

喫煙しているとイメージが悪くなると考え、プロフィール作成時に「タバコは吸わない」と申請していた会員の例です。

証明書などで確認できないプロフィールについては結婚アドバイザーが悪いとは限りませんが、アドバイザー経由で注意・対応をしてもらうと良いと思います。

また、地元の小さい結婚相談所では入会書類が少ない場合があるようです。

特に独身証明書の提出が不要だと既婚者が入会できてしまい、収入証明書が不要だと年収詐称ができてしまうので、注意が必要です。

追加費用が必要になる

電卓とカレンダー

退会する際に途中退会料成婚料がかかる結婚相談所があります。

これらの事前説明が不十分だったり、不当だと感じたことによってトラブルに発展するケースがあります。

■追加費用のトラブル例

「交際後に破局したことを報告せずにいたら成婚料を請求された。納得いかない。」

「なかなか成婚に至らなかったところ、高いコースへのプラン変更を勧めらました。」

「結婚アドバイザーのサポートが少なかったので退会しようとしたら、途中退会の費用がかかると言われました。聞いていませんでした…」

このようなトラブルが目立つ結婚相談所は、説明会でやや強引に入会を勧められたというケースが多い印象を受けました。

追加費用についての説明書きは、パンフレットや資料に小さく書いてあることも多いです。説明を受けた直後に申し込むとなると、費用面の確認が不十分になってしまうことが多いようです。

その場で入会を決めたい際は、冷静に費用面について質問をして、納得した上で決めることが望ましいです。

また、詳しくは後述しますが、結婚相談所はクーリングオフを適用することができます。

退会を先延ばしにされるようでしたら、書面でのクーリングオフ通知をするのがおすすめです。

成婚料の考え方

結婚相談所には、成婚料がかかる場合とかからない場合があります。

成婚料は一般的に5~20万円ほどかかることが多く、月会費の次にボリュームを占める費用です。

成婚料がかかる結婚相談所では成婚するまでは成婚費用はいただきませんという姿勢を、成婚料がかからない結婚相談所では成婚料0円をメリットとしてアピールしています。

どちらが良いかは好みにもよりますが、「成婚料がある結婚相談所の方が、結果を出すために頑張ってくれる」という口コミもあります。

成婚退会をすることで売上に繋がり、結婚アドバイザーの実績としてもプラスになるので、早期の成婚退会を目指すような仕組みと言えます。

成婚料がかかる代表的な結婚相談所は、国内最大手のIBJメンバーズや、1年以内の成婚を掲げるパートナーエージェントなどがあります。

結婚アドバイザーの対応・サポートに不満

カウンターの女性

担当してもらった結婚アドバイザーの対応やサポート体制が不十分、満足できないというところからトラブルに発展することもあります。

■結婚アドバイザーの不満例

「担当の結婚アドバイザーが頻繁に変わって不安」

「入会までは丁寧に対応してもらったが、入会後のスタッフからはサポートがほとんどない。放置されているような気分」

「『マッチングしないのはあなたのせい』だと言われた」

「こうしなさい、ああしなさいと一方的に言うけど、こちらの言い分は聞いてくれないスタッフに当たってしまった」

現在の担当アドバイザーに不満がある場合は、支店に直接連絡して担当変更を申し出るのがおすすめです。

世話焼きなアドバイザーが合う人もいれば、ゆるやかな関係性の方が合う人もいます。

アドバイザーからある程度婚活のやり方のレールを引いてほしい人もいれば(恋愛経験が少ない人など)、どちらかというと話を聞いてほしいと考える人もいます。

実際に、担当アドバイザーを変更したらとても信頼できる人に当たって、成婚退会できたという口コミも多々あります。

アドバイザーの手厚さと結婚相談所のスタイル

結婚相談所には、データマッチング型仲介型という2つのタイプがあります。

データマッチング型は、データ上で希望条件が双方マッチングする相手を自動で見つけ出し、Web上で紹介してくれるタイプです。婚活サイトの高性能・手厚いバージョンと思うとイメージが湧きやすいかもしれません。

仲介型は、結婚アドバイザーが手動でマッチングをした上で初回してくれるタイプです。昔からあるタイプなので、結婚相談所といえばこちらをイメージする人も多いです。

データマッチング型は常に結婚アドバイザーとやりとりをする必要がないので、常にアドバイザーと二人三脚で婚活をしていくイメージで入会すると「放置されている」ように感じてしまうかもしれません。

その代わり、店舗に行かなくてもスマホやPCで婚活ができるメリットがあるので、多忙な人や費用を抑えたい人が入会するケースが多いです。

結婚アドバイザーとしっかり相談しながら婚活をしたい場合は、仲介型を選ぶと良いと思います。

結婚相談所トラブルで困らないために

安心する女性

結婚相談所でトラブルに遭うことなく、婚活を成功させるためのポイントを3点まとめました。

事前に避けることができるトラブルはしっかり回避し、何かあった時はしかるべき対処をすることが重要です。

契約内容を事前に確認する

「良いかも!」と思っても、即決せずにしっかりとプラン内容や契約内容を確認することをおすすめします。

特に、下記内容が公式サイトやパンフレットに載っていない場合は、しっかり確認することをおすすめします。

■結婚相談所の入会前チェックリスト

  1. 成婚退会時に「成婚料」は必要か
  2. 途中退会は可能か、その際は「退会料」が必要か
  3. 結婚アドバイザーの面談はあるか、頻度はどの程度か
  4. 月の最低紹介人数
  5. 自分の条件ならどれくらいの紹介を見込めるか(厳しいかどうか)
  6. 入会時に必要な提出書類
  7. コースが複数ある場合は、それぞれの違い

クーリングオフを利用する

結婚相談所は特定商取引法の対象で、クーリングオフなどの途中解約ができるサービスに定められています。

この対象になって以来、国民生活センターに集まった結婚相手紹介サービスの相談件数は、減少しています。

2012年には2,667件の相談が寄せられていましたが、2016年には1,983件と、25%ほど減少しています。

クーリングオフのやり方は簡単で、契約から8日以内に、ハガキや手紙で契約解除の旨を書いて事務所へ送るだけです。その際、必ずコピーを控えておきます。

■クーリングオフ書面テンプレート

契約の解除通知

契約日 ●●年●月●日
商品名 △△コース(プラン名)
契約金額 ■■■■円
販売会社 ○○○○株式会社 ○○支店
担当者 ●●様

上記契約を解除しますので通知いたします。すみやかに返金手続きをお願い申し上げます。

平成○年○月○日
住所
氏名

結婚相談所からクーリングオフを拒否したり、8日以上経つように先延ばしたりという行為があった場合は、特定商取引法(第44条 禁止行為)に反します。

そのような妨害行為が合った際の証拠として、郵送した書面は必ず控えておくことをおすすめします。

国民生活センターに相談する

結婚相談所の対応に不満があったり、理不尽な思いをした際は、外部組織に相談してみるのも有効です。

主な相談先は、国民生活センターや、188ダイヤルで相談できる消費者ホットライン(消費者庁)などです。

特に、国民生活センターの公式サイトは今までの相談事例や関連情報も掲載しているので、参考になるかと思います。

心配な場合は大手結婚相談所を選ぶ

結婚式

トラブルが起きにくい、安定した結婚相談所を選ぶのも一つの方法です。

たとえば、楽天オーネットとツヴァイは地方にも拠点が多いので地元結婚相談所との比較をしやすいです。

パートナーエージェントとIBJメンバーズは都市部中心ですが、結婚アドバイザーとの二人三脚の婚活に定評がある仲介型です。

費用面も、実は地域密着と全国型の結婚相談所の間に大きな差はないことが多いです。

今から結婚相談所を検討するという人は、主要な結婚相談所から資料請求をしていっても良いかもしれません。

次は、パートナーエージェントの口コミ記事です。