貯金箱にお金を入れる夫婦

婚活中の女性の多くは、男性の年収を見てしまいます。

できれば年収が多い男性と結婚して、少しでも豊かな生活をしたいという思いは、誰しも持っているかと思います。

しかし、実際に収入が低い男性と結婚するイメージをつかめていないだけで、なんとなく収入が良い男性ばかり選びがちな女性も実は多いです。

今は収入が低くても将来的に出世(昇給)する人も多くいます。

今回は、収入が低い男性との結婚について分析し、将来も低収入のままの男性の特徴をまとめました。

「年収が低い」の定義

グラフとルーペ

そもそも「年収が低い」とはどれくらいの収入を指すのか、明確な定義はありません。

一般的には、年収が400万円を切ると低収入、と感じる人が多いようです。

一方、専業主婦になりたい女性は年収600万円でも少ないと感じるかもしれません。

しかし、国税庁が2015年に調査した民間給与実態統計調査(PDF)によると、日本男性の約半分は年収300~600万円。

うち、30代前半の男性の平均年収を見ると、451万円です。

これはあくまで平均値、という点がポイントです。

つまり、30代前半という若さで外資系企業技術職などでもっと高い収入を得ている人もいれば、30代になっても年収200~300万の人もいるということです。

ちなみに、誰しもが高収入だと思う年収1,000万円以上の男性は、約7%ほどしかいません。

セレブ婚がいかに難しいものかがよくわかります(→セレブ婚について)。

高収入男性は、キャリア女性を好む傾向

スーツの男性

「高収入男性と結婚したい」と考える女性の中には、専業主婦思考の人も多いです。

自分が働かなくても十分な生活水準を保ちたいと考えれば、もっともな選択だとも思います。

しかし残念なことに、高収入な男性には、自分と同じように仕事に打ち込むキャリア女性と結婚したい人も多いという現実があります。

なぜなら、同じレベルで仕事の話ができて、安心感を持つからです。

さらに言うと、高収入男性の中にも、女性が専業主婦になりがたるのを反対するケースも少なくありません→専業主婦に対する男女の意見)。

もちろん恋愛結婚などで、高収入男性と家事手伝いの女性が結婚するケースなどもあります。

しかし、希望条件をすり合わせるという要素が大きい婚活においては、美人・愛嬌がある・家事が一通りできる、といった強みだけではハイスペック男性との結婚は難しいです。

相当強いアピールポイントがないと、セレブ婚は成功しません。

低収入な人と結婚した女性の声

雑談する女性

次に、実際に収入が少ない(と、主観で感じていらっしゃる)男性と結婚した女性の声をリサーチしてみました。

普通に暮らせているという声もあれば、厳しいという声もあります。

まず、幸せに暮らしているという女性の口コミを見てみます。

■男性の年収が低くてもOKだった女性

○私は、自分の好きな人じゃないと、無理です。

○私は年収370万、夫は330万くらいでした。主人は介護職で、今後の年収はわかりません。けど、実際なんとかなってます。車も1台所有、中型バイクも400cc所有、賃貸家賃6万円。これでも、年間150万は貯金もできています。

子供三人産んで、まあ、普通に暮らしてます。別に不満は無いです。必要なお金は二人で稼ぎ、贅沢しなければ大丈夫です。子供たちにも贅沢も貧乏もさせてないと思います。

○30年前、結婚当時夫は20代後半でしたので年収360万円ぐらいだったと思います。生活費が学生時代の仕送りよりも少なくて驚きました。でも「やりくり」が楽しかったです。

○年収高くて、まともで、見た目普通以上でって、やっぱり競争率高いですよ。

夫の年収が400万円を切っている家庭でも、共働きであれば問題なく暮らせているようです。

子どもも複数人いるけど、贅沢しなければ普通に暮らせるという声が思った以上に多かったです。

収入面を妥協したという意見は少なく、好きな人と結婚することや、性格・価値観が合うことの方が大事だという声も目立ちました(→婚活の「妥協」について)。

一方で、低収入な男性と結婚して苦労したという女性や、やはり収入面を見ずに結婚はできないという女性もいました。

■男性の年収が低く後悔した女性

△愛情でなんとかなるのも最初の一年ぐらいでしょうか…共働きしながら節約するのは大変ですよ実際。 やっぱりお金があれば子供の可能性を最大限に引き出すことができますしね。

△とにかく貧乏って最悪です。心も汚れますし。全てに余裕が無いと悲惨な毎日ですよ~。今は離婚して解放されたので幸せに暮らしてますが。この先結婚するとしたら年収300万は無理です。どんなに好きでもありえません。

△私は自分が働かなくても生活できるだけの年収は欲しいと思うので、年収300万で昇給の見込みがない人とは結婚はできません。

△状況的に働けない(子供が病弱とか親の介護が必要とか)ことになったときに不安で、低収入の方とは結婚はできません。

実際に低収入男性と結婚した女性の声としては、子どもの養育費にお金をかけられないことを後悔している女性が多い印象でした。

また、婚活中の女性では、子どもが病弱だったら親の介護のために共働きができなくなったら、という現実的なことを考えている女性もいました。

確かに、それはもっともな意見だと思います。

誰しも可能であれば、今は収入が低くても、仕事を頑張って昇給していく人と結婚したいと思います。

将来、高収入になるかもしれない人もいる

階段を登る男性

前述のとおり、婚活を通して高年収の男性と結婚するのはとても難しいです。

しかし、今は低収入だけど、将来的には高収入になる見込みのある男性であれば、婚活時点での競争率は低いです。

将来の経営者との実話エピソード

これは実話なのですが、筆者が婚活アプリwith(ウィズ)で知り合った男性の話です。

年齢は30代前半、プロフィールの収入欄には年収100万円と記入してありました。

少し気にはなったものの、メッセージのやりとりも好印象、見た目も清潔感がありそうだったので一度食事に行くことになりました。

実際に会って話を聞いてみると、その男性は現在、サラリーマンを辞めて伝統工芸品作りの修行中の身でした。

そして、将来的には父の家業を継ぎ、工房や店舗を引き継ぐことになるのだと…つまり、将来の社長です。

プロフィールやメッセージではそのようなことは一切書いていなかったので、とても驚きました。

今思うと、お金目当ての女性が来ないように、あえてそうしていたのかもしれません。

他にも、大手企業で働いていることを隠して、婚活サイトに登録している男性とも出会ったことがあります。

ハイスペック男性は、その条件をプロフィールでひけらかさない傾向があるようです。

しかし、筆者が感じた共通点としては、メッセージの内容がしっかりしていて、コミュニケーションを取るのが上手だったということです。

人との会話でもバランスが取れるので、仕事の能力も高かったのかと思います。

しかしこのような人たちを探そうにも、婚活サイトなどでプロフィールを見た段階ではわかりません。

気が合いそうな男性と積極的に会ってみて、将来のビジョンを見極めることが大事です。

出世が見込めない低収入な男性の特徴

夫婦

そこで、今もこれからも低収入で将来がない男性を、簡単に見分けることができる特徴をまとめてみました。

一言で言うと、仕事を頑張れない、だらしない人です。

■将来、出世しない男性の3大特徴

  • 身だしなみに清潔感がない
  • 時間を守らない
  • 仕事の愚痴が多い

仕事は、パフォーマンスや結果にくわえて人脈で広がっていくものです。

よって、まずは身だしなみを整えることがビジネスパーソンの基本中の基本です。

しかし、仕事ができない人はシャツやスラックスがよれていたり、髪の毛が変に伸びていたり、清潔感のない身だしなみをしています。

そして、服装がだらしない人は、生活態度もだらしないケースがほとんどです。

たとえば、遅刻が多いなど、時間が守れないという人が非常に多いです。

当たり前のことを当たり前にできない人が、仕事ができるわけがありません。

しかし、仕事ができないことが自分に責任があると思わず、他人や環境のせいにするという心の弱さがあると、愚痴が増えます。

よって、仕事の愚痴が多い人も、要注意です。

このような特徴がある男性は、キャリアを積んで将来こんな仕事をしたい、というビジョンや誠実さがないので、出世=昇給は見込めないかと思います(→誠実な男性とは?)。

こうして見ると、ずっと給料が上がらない男性は人柄にもやや問題あり、です。

そして感性が鋭い女性は、一度このような人とお見合いをすれば、意外と簡単に見分けられるのではないかと思います。

婚活中はいろんな収入の人と会ってみる

結婚式

婚活を通して、若くから高収入の男性と結婚するのは、とても難しいです。

しかし前述の通り、実直に仕事に取り組む人は将来的に昇給する可能性も大いにあります。

晩年ずっと低収入の男性を見分けることは実は簡単なので、婚活中はいろいろな収入の人に会ってみるのが良いと思います。

そして収入にくわえて、価値観や人柄、一緒にいて落ち着けるかどうかなど、さまざまな要素を総合的に見ることをおすすめします。

いろいろな職業、立場、考え方の男性と出会い、話すことで女が磨かれ、その価値を認めてくれる男性に出会えるはずです。

次は、仕事と婚活の両立についての記事です。