携帯で電話する男性

束縛が強く、愛が重い男。

知り合った時は真面目で素敵に見えても、いざ付き合い始めると女性にとってストレスになることも多い男性です。

女性のことを愛している、思いやっているように見えて自分勝手な部分が多いので、束縛されるのが苦手な女性にとっては非常に厄介です。

今回は、恋愛や結婚において重い男を見極める診断ポイントと、時間をかけて依存する性格を直す方法をまとめました。

↓「重い女」についての記事はこちら↓

重い男チェック 10つの診断ポイント

チェックボックス

重い男かどうかは、交際が始まるまでは判断が難しいです。

しかし、重い男の傾向や特徴はあります。

付き合う前からわかる重い男の傾向、付き合ってから出てくる傾向も含めて、10つの診断ポイントをまとめました。

■重い男 10つのチェックポイント

  • 几帳面、潔癖症
  • 自己肯定感が低い
  • 心配性
  • 気を遣いすぎる
  • 連絡の頻度が高い
  • 頻繁に会いたがる
  • 女性の予定を知りたがる
  • よく浮気を疑う
  • オーバーな愛情表現
  • 高価なプレゼントをする、もしくは頻繁にプレゼントをする

付き合う前からわかる傾向としては、几帳面・自分に自信がない・心配性という性格であることです。

重い男は、自分に自信がないので愛されているのか不安になり、愛されたいから自分からたくさん愛情表現に行う傾向があります。

その結果、心配性で必要以上に気を遣うようになるケースが多いです。

たとえばご飯を食べに行って「何頼む?君の好きなものを頼んでいいよ」「おいしい?おいしくないなら違うものを頼もう」など、過度に顔色を伺ってくる場合は、付き合ってからも重くなる可能性が高いです。

重い男は付き合うと、束縛が強く、女性のことを全て知りたがる人が多いです。

「今何してるの?」「どこにいるの?」という連絡が増え、ずっと相手の女性と一緒にいようとするので、そのような付き合い方がつらい女性は疲弊してしまいます。

浮気を疑う男性は浮気をする可能性がある

セレブ婚

浮気を疑う心理は、過去に浮気をされたことがある、自分の自信の無さからくることがあります。

一方、男性自身が浮気をしたことがある、浮気願望があるために浮気を疑うケースもあります。

男性自身が浮気をしたことがあるので、自分と似た言動や雰囲気が女性あると「これは浮気をしているサインだ」と感じてしまうのです。

自分が異性からアプローチされると浮気をしてしまうかもしれない…という考えが奥底にある男性も、女性も同じように浮気をしてしまうのでは、と疑ってしまいます。

浮気願望がなく自己肯定感の強い男性は、女性の浮気を疑いませんし、必要以上に束縛をしようとしません。

また、浮気を疑いやすい自己肯定感の低い男性は、悪い意味でのマザコンの可能性もあります。

マザコン男の見極め方については、下記記事にまとめています。

重い男の依存を直す方法・別れる方法

重い男は直すことができる、もしくは負担が少ない程度まで軽減できる人もいます。

しかし、どうしても改善しない場合は別れることも考えるほうが良いかもしれません。

ステップ1:自分から先回りしてみる

カップル

男性から予定を聞かれる前に「今日は○○に行くから」と伝えたり、会いたいと言われる前に「会いたい」と伝えてみるなど、先回りしてみるのも手です。

女性からの愛情表現に満たされると、重い言動が減る男性もいます。

もしくは、束縛される体験をすることで重い男自身が「女性からのアクションが重い…」と感じ、重い言動が収まるケースもあります。

自分から押すばかりだった男性が、いざ押される立場になると、少し引きたくなるものです。

ただし、やりすぎると本当に別れにつながってしまうので、やりすぎは禁物です。

ステップ2:つらいこと、信頼していることを伝える

話し合う夫婦

重い男の多くは、自分の言動が重い、女性の心理的な負担になっているという自覚がありません。

本当に直してほしいのであれば、正直につらいと伝えて、愛情表現の仕方が負担になっていることを教える必要があります。

その際、重さを指摘するだけでなく「あなたを信頼している」ということも伝えると聞いてもらいやすくなります。

重い男は、幼い頃に親からの愛情を十分に受けることができなかった人が多いです。

愛情がほしいという不安から、相手を束縛してまで愛情を求めてしまうのです。

そんな不安を和らげるために、女性からも愛情表現をしたり、信頼していることを伝えたりすると、重い言動が和らぎやすくなります。

すぐには受け入れてくれないかもしれませんが、根本に女性への愛情があるのであれば、粘り強く伝えることで直そうとしてくれるかもしれません。

ステップ3:距離を置く

スマートフォンを操作する女性

自分の気持ちを正直に伝えても男性側の改善が見えない時は、距離を置きます。

いつも即レスしていたLINEやメールの返信を1日に1回に減らしたり、デートの回数を少しずつ減らしたり、接触の機会を徐々に減らすのが望ましいです。

いきなり連絡が途絶えたり、全く会わないようになると、重い男はその急な変化に拒否反応を起こす可能性があります。

重い男はあまりにもショックや心理的な負担を受けると、ストーカーなどになってしまう可能性もあるので、徐々に距離を置くのが安全です。

ステップ4:それでも変わらなければ別れる

割れたハート

自分の思いを伝え、距離を置いても相手の思い言動が収まらない場合は、別れを考えるべきかもしれません。

別れを告げると、相手は謝ったり「直すから」と言ってくる可能性が高いです。

しかし、それまでに粘り強く「つらい」「信頼しているから直してほしい」と伝えているのであれば、直る見込みは低いです。

本当に愛している相手であれば一度は思いとどまっても良いかもしれませんが、それが最後のチャンスと思っても良いかもしれません。

何年も培った性格や考え方は、すぐには直りません。

女性を苦しめる人と無理に一緒にいる必要はありません。別れて次の相手を探すのも一つの方法です。

重い男は一途でもある

抱きしめ合うカップル

重い男は、女性を疲れさせる反面、基本的には誠実で真面目、実直というメリットもあります。

女性が苦しいと感じる重い言動が和らぎ、バランスの取れた愛情表現を身につけることができれば、良い付き合いができるようになります。

もし素敵だと感じた人が重い男かも…と感じても、少しずつ「こういうことはしてほしくない」「心配しなくても、私はあなたが大好き」と伝えることから始めてみると良いと思います。

次は、付き合う前のデートの男性心理に関する記事です。