結婚式

アラフォー・アラフィフ、アラカン(還暦)で結婚をする人も少しずつ珍しくなくなってきています。

そんな晩婚を目指す人にとって、芸能人の熟年結婚のニュースは気になるかと思います。

多忙な生活を送る芸能人は、30代で結婚する人はもちろん多いですし、40代・50代・60代で結婚する人もいます。

今回は、晩婚した女性芸能人を調べて、晩婚を叶えるための秘訣を探してみようと思います。

晩婚(熟年結婚)した女性芸能人

指輪

実際にアラフォー・アラフィフ・アラカンで結婚した女性芸能人を調べてみました。世代別にまとめています。

アラフォーで結婚した女性芸能人

■優香
生年月日:1980年6月27日
お相手:青木崇高(俳優)

NHKの時代劇で共演したことをきっかけに交際し、1年ほどで結婚しています。

■菅野美穂
生年月日:1977年8月22日
お相手:堺雅人(俳優)

こちらもドラマの共演をきっかけに結婚に至っています。交際3ヶ月というスピード婚らしいです。

■アンミカ
生年月日:1972年3月25日
お相手:セオドール・ミラー(経営者)

番組の打ち上げで知り合い、共通の趣味ゴルフを通じてセレブ婚をするに至りました。

アラフィフで結婚した女性芸能人

■真矢みき
生年月日:1964年1月31日
お相手:西島千博(バレエダンサー)

舞台での共演をきっかけに結婚しています。8歳年下の夫です。

■ジャガー横田
生年月日:1961年7月25日
お相手:木下博勝(大学教授)

43歳で晩婚をしただけでなく、45歳で出産という高齢出産も経験しています。

アラカンで結婚した女性芸能人

■桃井かおり
生年月日:1951年4月8日
お相手:一般人(経営者)

お相手は50年来の幼馴染で、レコード会社の社長。約10年前に再開してから交際を始め、事実婚状態だったところで結婚を決めています。

■夏木マリ
生年月日:1952年5月2日
お相手:斉藤ノヴ(パーカッショニスト)

同じバンドで音楽活動をしていたことをきっかけに交際し、約5年間の同棲を経て結婚。事実婚状態のことを自ら「フランス婚」と言っていたそうです。

晩婚が成功するのは芸能人だから?

ミニチュアハウス

実際に晩婚の芸能人を調べてみると、菅野美穂さんのようなスピード婚から、桃井かおりさんや夏木マリさんなど長く同棲を続けたケースまで、結婚の経緯はいろいろです。

お相手との出会い方も共演が多いようなので、お互いの仕事ぶりに魅力を感じたり、共通の趣味に意気投合したりすることから、交際に発展するのだと思います。

このように見ると「この年齢でもこんなにきれいな芸能人だから、見初めてもらえるのでは?」と思う人もいるかもしれません。

晩婚を実現した芸能人が美しいのはもちろんですが(芸能人は美しさをキープするのも仕事のうちです)、意外と結婚までは恋愛関係のニュースが目立たなかった人も多いです。

つまり、いわゆる「男が途切れない」タイプではない、むしろ恋愛より仕事に打ち込んでいた印象の人もいると感じています。

筆者が考えるには、仕事に真面目に取り組む姿に好印象を抱いた男性が多かったのではないかと思います。

芸能人は仕事を通じて人脈が広がる仕事なので、その仕事ぶりから魅力的な人柄を見てもらう機会が多いと思います。

一方、わたしたち一般人は、人脈が広がる仕事というのは意外と少ないです。特に、社内でのコミュニケーションがメインの事務職や、女性が多い職場だとなかなか男性との縁が広がりづらいです。

熟年婚活は人脈を広げないと始まらない

カフェデートイメージ

アラフォー・アラフィフ・アラカンで結婚を考えてきた人は、仕事にも一生懸命打ち込んできた人が多いです。

人によっては、一度結婚を経験して苦労しながらも、再婚にチャレンジする前向きな人もいるかもしれません。

そんな生き方に魅力を感じてくれる人と出会うには、今より人脈を広げることが大切です。

セミナーやパーティーに参加してみたり、婚活サイト結婚相談所に登録してみたりと、今と違うコミュニティに足を踏み入れてみることがおすすめです。

また、桃井かおりさんのように昔の友人との再会が交際に発展するケースもあるので、同窓会に積極的に参加するのもいいと思います。

今のコミュニティでしばらく結婚相手が現れなくても、別のコミュニティで思わぬ出会いがあるかもしれません。

そして新しい人脈を広げると同時に、自分磨きも行えば、婚活がいい方向に向かうと思います。

大人の魅力を引き出すファッションメイクをしたり、仕事で新しいチャレンジをしたり、趣味習い事に打ち込んでみたり。

容姿だけでなく内面も磨いて1日1日を大切に過ごせば、きっと初デートも楽しいものになり次につながります。