スマホを持って悩む男性

ネット婚活で異性と出会うために一番大切なのは、プロフィールです。

婚活サイトやマッチングアプリのプロフィールは第一印象を大きく左右し、対面で会う時の「顔・外見」と同じ役割になるからです。

どれだけ内面が素晴らしくても、外見が不潔な人は敬遠したくなるのと同じで、プロフィールの書き方がいまいちだと興味を持ってもらえません。

プロフィールの時点で良い印象を持ってもらわないとマッチングすらできないので、しっかりアピールできる書き方をする必要があります。

しかし、婚活サイトには数万人という会員が登録しているので、ただプロフィールを書いただけでは埋もれてしまいます。

だからこそ、勝てるプロフィールを作る必要があります。

最強のプロフィールを作るには

婚活サイトを攻略する上で、プロフィールは何よりも大事です。

今回は、選ばれるプロフィールを書く上で押さえておきたい5つのポイントを紹介します。

※悪用厳禁です

項目は必ず全部埋める

アンケート用紙

まず、記入項目はなるべくすべて埋めるようにします。

最近の婚活サイトやマッチングアプリには入力項目が多い場合もありますが、しっかり記入していくだけでも全然違います。

プロフィールの項目は、ほぼ全てが検索で絞り込むことができる条件でもあるので、プロフィールを埋めるほど検索にヒットする確率が上がります。

プロフィールを埋めるほど異性との接点が増えることになるので、空欄が多い人はまず全て記入してみることをおすすめします。

そうすれば、面倒くさがってプロフィールが空欄だらけになっている人と差が付くことにもなります。

プロフィールが穴だらけの人は「とりあえず登録しただけかな?じゃあ返信も来ないかも」「やる気なさそう」と思われるので、マッチングしづらくなります(よっぽどルックスが良いなら別ですが)。

基本的に婚活サイトでは、しっかりとプロフィール項目を埋めている人が好印象です。

しっかりとしたプロフがあれば相手も安心してメッセージを送れますし、「まじめに婚活している人なんだな」という印象を与えられます。

「こんなのどうでもいいことだろう。」と思えるような項目や、回答するのに困るものもあるかもしれませんが、全て埋めるのを目標にまずは作ってみることをおすすめします。

オリジナリティのある文章を書く

スマホを持つ女性

婚活アプリのプロフィールは、選択式の項目だけでなく、自由に自己紹介文を書ける欄もあります。

フリー記入のプロフィール欄も、ある程度の文量を書くのがベターです。多少長くなってもOKです。

個人的には、プロフィール作成の中で一番時間をかけるべきポイントだと思います。

自分を自由にアピールできるスペースを1行、2行で終わらせてしまうのはもったいないです。

さらに、ありきたりなことを書くのではなく、自分らしさやオリジナリティが盛り込めればより印象に残りやすくなります。

自由に自己紹介文を書くのは大変ですが、良い内容のプロフが仕上がったらそれを何万人もの異性に見てもらえます。

それが多くの異性に良いと思ってもらえるものだったら、そこから出会いも増えていくので、頑張りどころだと思います。

1通1通、100人に対してメッセージを書くより、良いプロフィールを書いて100人に見てもらえる方が効果的です。

もし、自己紹介文を変えてもマッチング率が上がらなければ、こまめに見直して何度でも修正すると良いと思います。

少しずつ良いプロフィールにしていけば、結果につながっていきます。

誘い文句を1つ入れておく

笑顔の女性

次に、フリー記述のプロフィール文章を作るポイントを解説します。

プロフィールの自由文には、1つか2つの誘い文句を入れておくのがおすすめです。

代表的なパターンは、下記2つです。

  • 質問形式の文章(一緒に~しませんか?)
  • お誘いの文章(一緒に~しましょう)

たとえば、このような書き方ができます。

もしかしたら、異性のプロフィールで似たような文言を見たことがある人もいるかもしれません。

■質問形式
読書が好きで、お気に入りはハリーポッターシリーズです。

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のハリーポッターのアトラクションがずっと気になっていますが、まだ行けていません。

ハリーポッターや遊園地が好きな方、一緒にUSJに行きませんか?

■お誘いの文章
趣味はカフェ巡りです。最近は休日になると、コーヒーがおいしいと評判のお店をいろいろ回っています。

おすすめのお店があれば、是非メッセージで教えてください。お店の情報交換もしたいです。

仲良くなったら、一緒にカフェ巡りもしましょう!

これだけで、相手がメッセージを送りやすくなります。

たとえば、後者の「お誘いの文章」例なら、「私もカフェ巡りが好きで、おすすめのお店についてお話したいなと思っていいねしました」など、最初の話題に入りやすくなります。

「この人に興味があるけど、はじめてのメッセージで何から話せば良いかわからない」と悩んでしまうことは、誰しもあります。

そんな時に上記のような話題のとっかかりがあると、とても話しやすくなります。

良い人そうだなと思われていても、メッセージ内容が思いつきづらいプロフィールだと結局スルーしてしまうので、そのような事態を防げます。

言い換えると、これは相手に配慮したプロフィールを作るコツとも言えます。

「嫌い」など否定的な言葉を避ける

手をクロスする男性

フリー記入のプロフィールを作る注意点としては、「嫌い」などのネガティブな言葉はあまり使わない方が望ましいです。

嫌いなことをつらつらとプロフィールに書くよりも、好きなことや楽しいと感じることを書いた方が、断然印象が良くなります。

一緒にいて楽しく過ごせそう、楽しい交際ができそう、良い結婚生活が送れそうだと感じてもらうことは、婚活サイトでは非常に大切です。

ポジティブな言葉が多いプロフィールは、異性に「優しそうな人」「前向きそう」という好印象を自然と与えるので、マッチング率を上げたいならポジティブワード中心にプロフ文章を作るのがおすすめです。

プロフィールに否定的な言葉が多いと、「ネガティブなことばかり話す人なのかな」と思われてマイナス印象を与えてしまいます。

日常生活での会話でも、愚痴や嫌いなことばかり話す人とは、一緒にいて楽しくないと思います。

もし、どうしてもいやなことをプロフィールに書いておきたいなら、「苦手です」「相性が悪いようです」など、ソフトな表現にしておくのが無難です。

絶対NGな情報を載せない

手をクロスする男性

男性も女性も、ほとんどの人が嫌うプロフィール項目があります。

それは、

  • たばこ
  • ギャンブル

この2つです。

最近の婚活アプリは喫煙やギャンブルの項目でも検索できるので、「たばこ:吸わない」「ギャンブル:しない」という条件で会員検索をする人も多いです。

その結果、検索の時点で自分のプロフィールがはじかれてしまうので、異性からのメッセージも来づらくなります。

とは言え、実際には「絶対にNG」というわけではなく「できればたばこは吸っていない人がいい」くらいの、できれば~くらいで考えている人もいます。

よって、婚活サイトのプロフィール上では「タバコ吸いません、ギャンブルやりません」で通した方が、圧倒的にメールがもらえる確率は上がります。

初デートをした時に喫煙について聞かれたら、「最近、禁煙を始めた」くらいで話しておくと良いかもしれません。

もちろん、「自分も喫煙者だから、たばこを吸っている人の方が良い」など、あえてタバコを吸っている人を探すようなケースもあるにはあります。

ただし、ある程度いろいろな人とマッチングしていきたいネット婚活においては、なるべく多くの人に良い印象を持ってもらえるプロフィールの方がおすすめです。

勝てるプロフは見てもらえる

カップル

これらのポイントをおさえたプロフィールを作れば、しっかり読んでもらえる上に自分の魅力が伝わるようになります。

勝てるプロフィールに変わるので、マッチング率が上がりやすくなります。

  • 項目は必ず全部埋める
  • オリジナリティある文章をしっかり書く
  • メッセージを出しやすいように誘い文句を入れる
  • 否定的な言葉は使わない
  • たばことギャンブルややらない(ことにしておく)

また、顔写真もプロフィールの中では重要です。

ポイントを押さえながらプロフィールを書き直してもなかなかマッチングしない場合は、プロフィール写真も見直してみると良いかもしれません。

特に、男性はプロフィール写真で損をしているケースがかなりあります。

女性は自分が魅力的に見える写真の撮り方を研究している人も多いですが、男性の中には無愛想そうに見える写真を載せてしまっている人もしばしば見かけます。

次の記事では、好印象を与えるプロフィール写真を撮るコツを解説します。