乾杯

恋人がいない人の中では、出会いを求めて合コン街コンに足を運ぶ人も多いです。

しかし、合コンや街コンでカップルになる成功率結婚率を調べてみると予想以上に低く、真面目な出会いを探す場としてはコスパが悪いことがわかりました。

私もこれまで何度も合コン・街コンに参加しましたが、知人も含めてコンパで知り合った人と付き合う、もしくは結婚に至る人はとても少ないです。

「友達は増えるけどそこから付き合えない」とこぼす友人もちらほら…

実際に合コン・街コンで付き合える確率を調べてみました。

えっ、合コン・街コンの結婚率、低すぎ?

驚く男性

調べてみた結果、やはり、合コンや街コンで付き合い、結婚した確率は低かったです。

合コン・街コンからの結婚率は、下記のとおりでした。

■合コン・街コンの結婚率

  • 合コン:約4%
  • 街コン:約3%

合コン・街コンに100人参加して、3~4人しか結婚できないという現実です。

運良くコンパで知り合ってカップルになれたとしても、そこから結婚に至る確率はここまで低いです。

そして、この結婚率の低さの他にもコンパにはデメリットがあることもわかりました。

トータルで考えても、合コンや街コンは真剣な出会いを見つけるにはおすすめできない方法だと言えます。

合コン・街コンのデメリットはコスパの悪さ

バツ印を作る女性

結婚率の低さ以外にも、街コンや合コンにはデメリットがあります。

それは、お金がかかる割には、出会った相手が婚活をしているかわからないことというコスパの悪さです。

つまり、掛けたお金に対して大きな成果は望めない、ということです。

試しに、冒頭で説明した結婚率3~4%という数値から、結婚までに必要な街コン・合コンの費用を算出してみました。

その結果、街コン・合コンともに、結婚までに少なくとも10万円以上必要という計算になりました。

結婚までに必要なコンパ費は10万円以上

財布を持つ男性

まずは、街コンの費用を見てみます。

街コンの参加費の平均相場は、男性:5,500円、女性:3,500円くらいです。

これに街コンの成婚率と言われている3%を掛けると、結婚するまでに必要な街コン費用は下記の通り試算できます。

■街コンで結婚相手を見つけるまで必要な金額(推計)

  • 男性:181,500円
  • 女性:115,500円

※あくまでも推計です。

これだけのお金をかけて街コンに参加し続けるのは、厳しいと感じる人もいるかと思います(私もそう思いました)。

ここまで街コンの成功率が低い原因のひとつは、男性同士、女性同士で話して終わることがあるからだと思います。

私自身も街コンで、男性同士や女性同士で友達になっているグループを結構見かけます。

街コンは1回の飲み会代で多くの人と仲良くなれるのが大きなメリットですが、日によっては友達を作るだけで終わりがちです。

「今日会った人とは付き合えない感じだから、同性の人と喋っとこう」と、早い段階で見切りをつけてしまいやすいのが、街コンのデメリットです。

次に、合コンで出会い結婚までに必要な費用も試算してみました。

合コンの参加費を男女ともに4,000円と仮定し、カップル成立率の4%を掛けると、合コンでの結婚率は下記の通りになります。

■合コンで結婚相手を見つけるまで必要な金額(推計)

  • 男女共通:100,000円

※あくまでも推計です。

※合コンは二次会に行くケースも多いので、平均予算はもう少し高くなる可能性があります。

合コンは街コンより少人数で行うので、時間を掛けて相手と仲良くなれるのがメリットです。

しかし、出会って間もないうちに「今日はないな…」と感じると、途端に成果を得られない時間になってしまいます。

女性であれば、「今日は医者と合コン→ワクワク→イケメンが一人もいない…」のような状況です。

婚活という観点から見ると、意中の異性がいないコンパの時間はもったいないです。

相手が婚活しているとは限らない

パーティーに参加する女性

合コンや街コンのもう一つのデメリットは、相手が婚活しているとは限らないことです。

もしあなたが恋人を見つけるための恋活目的なら、合コンや街コンもアリだと思います。

しかし、合コンや街コンには、結婚以外の目的で来る人も少なくありません。

■合コンに参加する目的例(婚活以外)

  • おいしいご飯やお酒をを楽しむため
  • 友達と遊ぶため
  • エッチをするため
  • なんとなく時間が空いたから

人によっては、友達同士で美味しいご飯を食べに来ているという感覚の参加者も、意外といます。

また、「合コンで知り合って付き合ったけど、実は相手に結婚願望がなかった」「実はフリーターだった」という話もチラホラ聞きます。

合コン・街コンはどんな人でも参加できるので、結婚願望のない人フリーターの人が参加する可能性ももちろんあります。

このように、参加できる人が幅広すぎるという点からも、「婚活」としての合コン・街コンは非効率と言えます。

もし真剣に婚活をしたいのであれば、合コンや街コンではなく、結婚を真剣に考えている人たちが集まる場所へ足を運ぶことをおすすめします。

結婚を真剣に考える人が集まる場所とは

結婚式を迎えるカップル

婚活中の人との出会いを広げる代表的な場所は、婚活サイトと結婚相談所です。

なるべくコストを抑えたいなら婚活サイト、より真剣に結婚を目指したいなら結婚相談所がおすすめです。

特に、大手婚活サイトや結婚相談所には、まじめに結婚を考えている人だけが集まり、みんな真剣に婚活をしています。

冷やかしや遊びの人は、お金を払ってまで婚活サービスを利用しません。

結婚を前提としたお付き合いをしたいと真剣に考える人と出会えるという点も、合コンや街コンよりコスパが良いと言えます。

手軽に始められるのは婚活サイト

スマホを持つ女性

婚活サイトはいつでもスマホで婚活ができ、自分の希望条件に合う人を探すことができる婚活サービスです。

隙間時間でも婚活ができるので、仕事で忙しい人も無理なく出会いを広げることができます。

特に結婚率(婚活業界では「成婚率」と呼びます)が高いことで評判なのは、東証一部上場企業が運営しているブライダルネットです。

ブライダルネットは、口コミで下記3点のメリットが評判です。

■ブライダルネットの強み

  • マッチング率の高さ(毎月15,000人以上のカップルが誕生)
  • 真剣に結婚を考えている会員が多い
  • 定額制で安心

ブライダルネットでは毎月15,000人以上のカップルが誕生しており、そのマッチング率や結婚に至る確率が高いと評判です。

成婚率を裏付ける理由の一つは、無料ではなく、有料婚活サービスという点です。

メッセージのやりとりは有料会員しかできないので、冷やかしの無料会員とは出会わないようになっています。

お金をかけて婚活をしている=真面目に結婚を考えている利用者とだけ、厳選して出会うことができます(プロフィール登録や会員検索は無料会員でも可能です)。

料金は月額3,000円の定額制です。

月々の定額なので、何人メッセージのやりとりをしても、実際に何人とデートをしても料金は一律です。

毎月飲み代1回分のお金で、全国のまじめに結婚を考える人達とやりとりできるという点は、合コンや街コンにはないメリットです。

→ブライダルネットについてもっと詳しくみる

早く結婚したいなら結婚相談所

パートナーエージェント

結婚相談所は婚活サイトに比べて利用料金が高い分、質の高いサービスを受けることができることがメリットです。

結婚相談所ならではのメリットは、主に下記2点です。

■結婚相談所ならではのメリット

  1. 本気で結婚したいと考えている人だけが在籍
  2. プロの結婚アドバイザーが担当してくれる

結婚相談所に入会するには、本人確認書類や独身証明書などの提出書類による審査があります。

入会金だけでなく提出書類も多いので、結婚願望をしっかり持っている人だけが入会できる仕組みです。

さらに、入会後はプロの結婚アドバイザーが希望にマッチした相手を紹介してくれたり、相談に乗ったりしてもらえます。

恋愛経験が浅い人や奥手な人も、しっかりと成婚に導くためのサポートがあります。

特に業界でも成婚率が高いと評判なのは、パートナーエージェントです。

パートナーエージェントの成婚率は約30%。これは業界屈指の高さです。

そのうち入会後1年以内に成婚に至る会員は、その中の65%以上を占めるので、少しでも早く結婚したいという人にもおすすめです。

冒頭で紹介した合コン・街コンの成婚率3~4%と比べると、効率の良さがわかりやすいと思います。

婚活サイトか結婚相談所、どちらが良いか悩むという人は、次の記事をご参照ください。