30歳は「結婚の意思がない異性」と別れるタイミング

結婚の意思

もうすぐ30歳、あるいはもう過ぎた。。。
アラサーになると本格的に「結婚」を意識する人が増えます。(特に女性)

35歳まで、あるいは40歳までに結婚できればいいですが、世の中には婚期を逃した女性も少なくありません。
婚期を逃してしまった理由として、本人に原因がある場合もありますが、結構多いのが「結婚の意思がない異性と付き合い過ぎた」ということです。

  • 長年お付き合いした彼氏に結婚できる要素がなかった
  • 長年お付き合いした彼氏に結婚する意思がなかった
  • 結婚するする詐欺

恋愛と結婚は違う」とよく言いますが、相手に結婚の意思や要素がなく、そのままズルズルと5年10年と長く付き合ってしまって、いつの間にか婚期を逃して別れてしまった。。。
こういうケースって非常に多いです。

アラサーは相手に見切りをつけるタイミング

もしあなたが絶対に結婚したいと考えているなら、今付き合っている相手がどんなに良い人であったとしても「相手に結婚の意思・要素」がなければ見切りを付けなければなりません。

結婚の意思があるかどうか、その時期を相手に聞いて、結婚する気がなければ別れる、2年・3年付き合って結婚の意思がなければ別れる。

もちろん、結婚せずにその相手と付き合い続ける選択肢もあります。
結婚を取るか、恋愛を取るか」、アラサーはこれを決める時期でもあるのです。

結婚の意思がある人を最優先に考える

アラサーになると、「結婚の意思があるか?」を優先順位の上位にもってこなくてはなりません。

  • ☓ 付き合ってみる → 結婚の意志を確認
  • ◯ 結婚の意思がある人に対象を絞る → 付き合う

例えば、定番の出会いに「合コン」などがあります。
しかし、合コンに参加する相手は「結婚する気があるのか、ないのか」わかりません。
結婚する気がなくても、恋人を探すために軽いノリで合コンに参加する人はかなり多いです。(特に若い男性)

結婚を意識しているアラサーにとっては、合コンで相手を見つけるのは効率が悪いかもしれません。
まず、恋愛の対象として「結婚する意思がある人」が集まる場所に選択肢を絞る必要があります。

そうすると、どうしても婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所、お見合い、などが中心になってくるのです。