母と息子

多くの女性が結婚したくないと思う、マザコン男。

良いマザコン=親孝行な男性は、結婚後も妻を大切にします。一方、悪いマザコン男と結婚すると苦労するという声も多いのが現実です。

良いマザコンと悪いマザコンの大きな違いは、自立性にあります。

今回はマザコン男の特徴と原因、直し方について調べました。

母に依存するマザコン男チェック

チェックボックス

親孝行な男性と、マザコン男とは精神的な自立性に大きな違いがあります。

主にマザコン男を見極めるポイントが6つあります。

■マザコンの可能性が高い男性 チェックリスト

  • 母親のことを「ママ」と呼ぶ
  • 母親の話題が多い
  • 自分の意見を言うのが苦手、優柔不断
  • 何事も母親にホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)する
  • 大人になっても母親に買ってもらったものを使う
  • 自立した生活ができない

大人になっても母親のことをママと呼んだり、「この前ママがね…」「この服、ママが買ってくれたんだ…」と何かと会話に母親が登場する場合は、マザコンの可能性が高いです。

長く母親に依存しており、母親が息子の決断を行ってきた場合は優柔不断になる傾向も高いです。

食事のメニューがなかなか決められない、デート先が決められないなど、ちょっとしたことでも決断できない人が多いです。

事あるごとに母親に報告をしたり、困ったらすぐに母親に相談をしてしまうので、自分で決断ができない大人になってしまっているのです。

また、精神的に自立できていないので、私生活も自立していないケースが多いです。経済的に依存していたり、家事が何もできなかったり、という現れ方をします。

婚活においても、母親が息子の代理婚活をするなど、母親が過干渉して婚期を遅らせてしまう事例が増えています。

親孝行の息子は、母に「してあげる」側に回る

親子

マザコン男は、母親に決断を「してもらう」、世話を「してもらう」のに対し、親孝行の男性は母親に「してあげる」側に回ることが多いことが特徴です。

母親に旅行やプレゼントなどの贈り物をしたり、家事を手伝ったりと、自分で考えて母親に親孝行できる自立性があります。

日常生活でも自分のことは自分で決められたり、家事が一通りできたりと、母親に依存せずにしっかりと生活できる点が、マザコン男との大きな違いです。

「お母さんははどんな人?」と聞いて、母親にしてもらった話より、「こんな人」という客観的な話や、何かをしてあげた話が多い場合は、バランスの取れた親孝行息子の可能性が高いです。

多くのマザコン男は、母親との共依存

親子

マザコン男は、母親に依存していることは言うまでもありません。しかし、母親も息子に依存している共依存のケースが多いです。

母親も息子に何かをしてあげることに依存しており、結果的に息子の自立を遅らせてしまっています。

共依存は、母子ともに自覚がないケースもあり、それが最も厄介です。お互い依存している状態が居心地がよく、直すきっかけがなかなか無いからです。

このような男性と結婚した場合、夫婦間の問題に母親が過剰に干渉してきて、夫も母親の決定に従ってしまうことが多くなるので、妻にとってはストレスになるかもしれません。

また、母親を盲目的に慕っているタイプのマザコン男の場合は、妻のことを母親と比較して見ることも多いのも要注意です。

依存は「愛情」ではない

悩む男性

マザコン男と言うと母親に愛されて育ったようなイメージがありますが、実際は愛情が足りなかった息子だと考えることができます。

母親が息子のことを先回りして何でもしてしまったり、息子のことを全て決定したりするのは、愛情ではなくただの過保護です。

息子のことをちゃんと愛している母親は、愛する息子の決断を信じて見守ります。

そして「母親から愛されている、信頼されている」という実感をしっかり持った男性は、母親が味方でいてくれるという安心感を持ってさまざまなチャレンジをし、自立していくのです。

親孝行な男性が精神的に自立しているのは、母親からの愛情や信頼を受けて育って自己肯定感が強いからとも言えます。

マザコン男が甘えん坊だったり、母親にべったりなのは、母親からの愛情を求めている表れとも言えます。

マザコンは直せるか?

カップル

マザコンは何年もかけて形成した性格なので、すぐに直すのは難しいです。

個人的には、あまりにも目に余る場合は他の男性を探してもいいと思いますが、それでもマザコンを直したい場合は、物理的に母親との距離を取り精神的に自立するようにサポートするのが重要です。

ひとつは、男性の意思で決定させる癖をつけることです。

デート先などの軽い決断から始めて、家具や旅行先など少し大きめな買い物なども決断を委ねてみるように、少しずつ慣らすのが良いと思います。

その際、投げやりに判断を委ねるのではなく、「あなたを信頼している」ということをしっかり伝えるのを忘れてはいけません。

前述の通り、特に母親にも依存されてきた男性は、愛情や信頼を十分に受けてこなかった人が多いです。

そのため自己肯定感が弱いまま育ち、自分に自信ががないので決断=責任ある行動が苦手になっています。

なので、自己肯定感を少しずつ高めるためにも「あなたのことを信頼しているから、あなたの意見・決断を尊重したい」という意思を粘り強く伝えることが大切です。

次は、キャリア女性の婚活に関する記事です。