パートナーエージェントと楽天オーネットの違い 比較して分かった強みとは?

パートナーエージェント 楽天オーネット 比較

成婚率に定評があるパートナーエージェントと楽天グループの楽天オーネットは、結婚相談所への入会を検討している人の多くが検討する大手結婚相談所です。

この2つの結婚相談所を比較すると、会員層はやや似ているものの、相手探しの仕方や強いエリアは若干異なることがわかりました。

特に、相手の探し方は異なります。

パートナーエージェントはコンシェルジュ(結婚アドバイザー)に一人ひとり紹介してもらう仲介型ですが、楽天オーネットはシステム上で希望条件をマッチングするデータマッチング型という手法で紹介を受けます。

パートナーエージェントと楽天オーネットの違いと、どんな人におすすめかを比較してみました。

パートナーエージェントは「仲介型」、楽天オーネットは「データマッチング型」

比較する女性

パートナーエージェントと楽天オーネットはどちらも結婚相談所ですが、その紹介のスタイルが異なります。

パートナーエージェントは婚活コンシェルジュ自身が一人ひとりを紹介して縁をつなげる仲介型、楽天オーネットはシステム上で会員同士のマッチングを行うデータマッチング型です。

仲介型とは

会員一人につき結婚アドバイザーが1人以上つき、希望条件だけでなく人柄なども見た上でマッチングしそうな相手を紹介してくれるタイプです。

■仲介型のメリット
○内面なども重視した婚活ができる
○結婚アドバイザーがアドバイスなどのサポートをしてくれる

■仲介型のデメリット
△定期的に店舗へ行く必要がある
△条件外の人をおすすめされることもある

データマッチング型とは

結婚相談所に在籍している会員のデータベースから、自分の希望条件に合う人を自動で探すタイプです。データマッチング型に特化した結婚相談所は、結婚情報サービスとも呼びます。

自分から会ってみたい会員を探したり、システム上でマッチングした会員の紹介を自動的に受けたりすることで、出会いを増やします。

■データマッチング型のメリット
○条件にこだわりって相手を探せる
○店舗に行かなくても婚活ができる

■データマッチング型のデメリット
△条件が厳しいとなかなか出会えない
△アドバイザーとの相談の頻度は少ない

仲介型のパートナーエージェントは「1年以内の成婚退会」を目標に掲げており、200時間以上の研修を受けたコンシェルジュ(結婚アドバイザー)が二人三脚で婚活をしてくれます。

婚活のことから交際のことまで、コンシェルジュに相談をしながら婚活を進めたい人におすすめです。

→パートナーエージェントへの資料請求も無料でできます。

楽天オーネットはデータマッチした会員の紹介書が毎月届くのに加えて、自分からマイページで会員を検索してお見合いを申し込むことも可能です。もちろん、相手からアプローチを受ける可能性もあります。

自分でも相手を探したい人、店舗に通う時間が取れない多忙な人におすすめです。

→同じく資料請求は無料でできます。

会員数比較-人数は楽天オーネット、成婚率はパートナーエージェント

グラフとルーペ

会員総数を比較すると、パートナーエージェントが約1万2,000人、楽天オーネットが約5万人と、約4倍の差をつけて楽天オーネットに軍配が上がります。

しかし、2016年度の成婚数はパートナーエージェントが3,476人、楽天オーネットが5,524人と、1.6倍しか差がありませんでした。

つまり、成婚退会する会員の割合はパートナーエージェントの方が高いです。

ここはきめ細やかなケアが評判の、パートナーエージェントならではの実績だと思います。

コラム:希望条件を広げるきっかけ

婚活をしていると、相手に求める希望条件を考える機会があるかと思います。

地域・年齢・年収といったスペックから、趣味・価値観・子どもの希望などの思考性に関する条件まで、結婚相談所ではいろいろな希望条件でマッチングをしてもらえます。

しかし、特にアラフォーくらいになると、希望条件が多かったり厳しかったりする人はマッチングする人が減ってきます。

女性は男性に求める年収(例:年収800万円以上)、男性は女性に求める年齢(例:35歳未満)がネックの条件になることも多いです。

希望条件を広げなければいけないかもしれない…と思うきっかけがあった時、仲介型の結婚相談所では条件の広げ方もアドバイスしてくれることが大きなメリットになると筆者は考えます。

希望条件=価値観を広げるということは、1人ではなかなかできないもの。実際に成婚退会した会員を多く見てきたアドバイザーの人の意見は貴重です。

もちろん、多くのデータマッチング型の結婚相談所でもスタッフへの相談は可能です。

しかし、仲介型と比べるとコミュニケーションを取る頻度が少ないので、「自分自身を理解してくれている」度合いが高い仲介型の方が、より一人ひとりにあった助言をくれる可能性は高いと思います。

自分自身で希望条件を柔軟に広げられるのが理想ではありますが、そこに不安がある人は仲介型が合うかもしれません。

なるべく早く成婚退会したい人や、今まで婚活をしてきたけど結果が出なかった人は、仲介型のパートナーエージェントが良いかもしれません。

初めて婚活を始める人や、じっくりと相手を探したい人は、会員が多い楽天オーネットもおすすめです。

会員層比較-年齢・年収はよく似ている

円グラフ

パートナーエージェントと楽天オーネットに在籍する会員の年齢や年収などのデータを比較してみると、大きな差はありませんでした。

どちらも30~40代の会員が多く、平均年収は男性が500万前後、女性が400万前後と平均的です。

身近にいるような普通の人と出会える結婚相談所と言えます。

セレブ婚などに憧れる人にとっては物足りないかと思いますが、価値観が似ている人や普通の人と出会いたいという人には安心感があると思います。

年齢層を比較-楽天オーネットの方がやや高いが、ほぼ同じ

年齢層バランスに大きな違いはありませんが、楽天オーネットの方がやや高めです。

男性会員の年齢を比較

■パートナーエージェント

  • 20代 7.3%
  • 30代 45.8%
  • 40代~ 46.9%

■楽天オーネット

  • 20代 10%
  • 30代 40%
  • 40代 37%
  • 50代 12%

男性会員の年齢バランスはほぼ同じです。

女性会員の年齢を比較(2017年公開情報)

■パートナーエージェント

  • 20代 18.6%
  • 30代 61.1%
  • 40代~ 20.3%

■楽天オーネット

  • 20代 18%
  • 30代 52%
  • 40代 23%
  • 50代 7%

女性会員は楽天オーネットの方が年齢層が少しだけ高いです。40代以上の比率を比較すると、パートナーエージェントが20.3%、楽天オーネットが30%です。

女性にとっては、女性の割合が少ない方がライバルも少ないので有利にはなりますが、気にするほどの差ではないかと思います。

年収比較-どちらも年収800万円以上の会員が1割以上いる

スーツを来た男性

男性の年収に大きな差はありませんでしたが、女性の年収はパートナーエージェントの方がやや高めです。

男性会員はどちらも年収600万円前後が最も多く、パートナーエージェントも楽天オーネットも年収800万円以上の会員が10%以上在籍しています。

男性会員の年収比較

■パートナーエージェント

  • 200万未満 0.3%
  • ~400万 20.4%
  • ~600万 42.8%
  • ~800万 23.7%
  • ~1,000万 8.1%
  • 1,000万~ 4.7%

■楽天オーネット

  • ~300万 15%
  • 300~500万 24%
  • 500~700万 38%
  • 700~800万 9%
  • 800~900万 5%
  • 900~1,000万 3%
  • 1,000万~ 6%

年収800万円以上の男性は、パートナーエージェントが12.8%、楽天オーネットが14%と楽天オーネットの方が少し多いです。

ただ、パートナーエージェントで年収200万以下の男性は0.3%だったのに対し、楽天オーネットで年収300万以下の男性が15%を占める点にも目が行きます。

統計の区切り方が異なるので比較しづらい部分もありますが、楽天オーネットの男性会員は年収差の開きがある印象を持ちました。

女性会員の年収比較

■パートナーエージェント

  • 200万未満 15.9%
  • ~400万 43.7%
  • ~600万 28.8%
  • ~800万 8.2%
  • ~1,000万 2.5%
  • 1,000万~ 0.9%

■楽天オーネット

  • ~300万 30%
  • 300~500万 51%
  • 500~700万 15%
  • 700~800万 2%
  • 800~900万 1.5%
  • 900~1,000万 0.2%
  • 1,000万~ 0.3%

パートナーエージェントの方が女性の年収は高いです。年収1,000万円超えの女性が約1割在籍していることが特に目立ちます。

仕事に打ち込んできた女性が多く登録しているイメージが湧きます。

店舗数比較-オーネットは地方・パートナーエージェントは東京に強い

日本地図

店舗数は楽天オーネットの方が多いです。

パートナーエージェントは主要都市メインに29店舗、楽天オーネットは全国に40店舗展開しています。

この店舗数の差は地方展開の差が大きく、実は、関西・関東などの主要エリアの店舗数は大差ありません。

楽天オーネットは地方にサテライトを多く設置することで拠点数が多くなっていますが、実は東京の店舗数に関しては、パートナーエージェントの方が多いです。

特に、パートナーエージェントで婚活をする場合は店舗に立ち寄りやすい方が良いので、通いやすい支店があるか確認しておくことをおすすめします。

プラン・料金比較-活動費が安いのは楽天オーネット

電卓とカレンダー

料金で比較すると、楽天オーネットの方が安めです。

初回登録料と月会費がパートナーエージェントより若干安いのに加えて、成婚料が掛からないことで料金に差がついています。

費用(税抜) 楽天オーネット パートナーエージェント
初回登録料 106,000円 125,000円
月会費 13,900円 16,000円
成婚料 0円 50,000円

しかし、費用が安い楽天オーネットに入会しても婚活が長期化した場合は、パートナーエージェントより高くつくことになるので注意が必要です。

パートナーエージェントは1年以内の成婚を目指してコンシェルジュと伴走するように活動するので、短期間で成婚退会するケースが多いです。

出会いから成婚退会に至るまでの平均期間を比較すると、楽天オーネットは平均8.5ヶ月なのに対し、パートナーエージェントは5ヶ月と、3ヶ月以上早いです。

楽天オーネットでは、紹介を受けるだけでなく自分からもお見合いを申し込めるので、主体的に活動して短期間で活動を終えるとお得になります。

40代以上なら、中高年向けプランがお得

パートナーエージェントと楽天オーネットには、40代以上限定の中高年・シニア向けプランがあり、通常プランより安くサービスが受けられます。

楽天オーネットの楽天オーネットスーペリア、パートナーエージェントのPAX MEMBERS(パックスメンバーズ)というプランです。

楽天オーネットスーペリアのプラン内容

■対象年齢

  • 男性 50歳~
  • 女性 45歳~

■サービス内容

  • データマッチングした相手を毎月2名まで紹介
  • イベント・パーティー開催(1回3,000円~)
  • 引き合わせ(1回5,000円~)
  • 紹介所の写真撮影(1回10,000円~)

■料金(税別)

  • 入会金 30,000円
  • 月会費 10,000円
  • オプションサービス(イベント参加など) 1回3,000円~

→楽天オーネットスーペリアの資料請求はこちら(無料)

パックスメンバーズのプラン内容

■対象年齢

関東エリア

  • 男性 55~64歳
  • 女性 45~54歳

東海エリア

  • 男性 50~64歳
  • 女性 40~49歳

関西エリア

  • 男性 55~59歳
  • 女性 41~49歳

■サービス内容

  • 婚活計画のプランニング
  • 条件にあった会員を毎月2名以上紹介
  • 成婚退会後12ヶ月のサポート

■料金(税別)

  • 初期費用 125,000円
  • 月会費 14,000円
  • 成婚料 50,000円

→パートナーエージェントへの資料請求はこちら(無料)

パートナーエージェント・楽天オーネットが向いている人は

以上の比較から、パートナーエージェントと楽天オーネットがそれぞれ向いている人は下記のような人です。

■パートナーエージェントがおすすめの人

  • プロのコンシェルジュに相談しながら婚活をしたい
  • なるべく早く結婚したい
  • 都市圏の店舗に足を運びやすい

→パートナーエージェントへの資料請求はこちら(無料)

■楽天オーネットがおすすめの人

  • 忙しい中でも効率的に婚活をしたい
  • 自分からも希望の相手にお見合いを申し込みたい
  • なるべく多くの異性とマッチングするチャンスが欲しい

→楽天オーネットへの資料請求はこちら(無料)