東大卒の年収はどれくらい?驚くほど簡単に高年収男性と出会う方法

パソコンを使う男性

ちょっとしたテクニックさえ知っていれば、東大卒と出会うのは簡単。

「恋愛と結婚は別」という意見が多い中、年収の高い男性と出会うために多くの女性が日々、婚活パーティーや合コンに参加しています。

しかし、そんなことをしていても高年収の男性と出会うことはできません。なぜかというと、出会いの効率が悪いからです。

他の女性と同じことをしていても、プレミアム価値のついたエリートと出会うことなど、できるわけがないのです。

でも安心してください。

上手な出会いの方法さえ知っていれば、驚くほど簡単にエリート男性との出会いを独占できます。

東大卒の平均年収は600万円を大きく超える

比較グラフ

高年収が期待できる大学といえばやはり「東京大学(通称:東大)」です。

もしあなたが将来の安定と、VERY妻のようなプチリッチな結婚生活を望んでいるのなら、最低でも年収1,000万円以上の男性と出会う必要がありそうですよね。

しかし現実は甘くありません。

日本最高学歴と言われる東大出身者の平均年収は600万円~730万円程度です。年収1,000万円の男性と出会うのはそれより難しいということです。

エグゼクティブ向け雑誌のプレシデントが調査した「学歴別」平均年収ランキングによると、東大出身者の平均年収は631.5万円で全国1位です。

また、転職サイト運営のDODA(デューダ)の調査でも同じく、東大出身者の平均年収が729万円で全国1位となっています。

東大卒の人が全国で最も高年収が期待できるというのは間違いないようですが、それでも年収1,000万円には遠くおよびません。

東大卒は300人に1人しかいない

大学生

高年収な東大出身者は本当に激レアな存在で簡単には出会えません。

なぜかというと、東京大学に入学する人は300人に1人と言われているからです。

毎年、東大に入学できる定員が3,000人、そして全国で大学入試を受ける学生が100万人。つまり、東大に入学するのは毎年300人に1人。

同じ学校の同学年で1人いるかいないかという激レア男性を、多くの女性が狙っているという現実があります。

しかし、ちょっとしたことを知っているだけで、いとも簡単にエリートと出会える方法があります。

東大出身者が集まる出会いの場所とは

婚活パーティー

「フェリーチェ」をご存知でしょうか?

東大出身者をはじめ、エリートが集う出会いの場所が、結婚相談所のフェリーチェです。

なぜ、フェリーチェに多くのエリート男性が集まるのかというと、フェリーチェは大学卒以上の医師・歯科医師の男性のみが入会できる特別な結婚相談所だからです。

ちなみに、女性の入会資格も「20歳以上37歳までの短大卒以上の真面目に結婚をお考えの方」と、他の結婚相談所よりもハードルが高くなっています。

一般的な結婚相談所とは違い、フェリーチェに登録している男性は全員が医者や歯科医師です。もちろんすべての男性が大学を卒業していますし、ある程度の高学歴でなければ医者という職業に就くことは難しいでしょう。

厚生労働省が発表したデータによると勤務医の平均年収は1,479万円となっています。開業医になると年収2,000万円は余裕で超えてくることもわかっています。

医者の年収

やはり、医者の年収は桁違いに高いですね。

しかし、ここでとても大切なことを一つお教えします。

医者はとても忙しい仕事で、プライベートで出会いを見つける時間がほとんどないと聞きます。だからこそ、フェリーチェのように効率的に結婚相手を探せる出会いの場所に、多くの医者が登録しているのです。

医療系の人材会社と提携しているフェリーチェ

勤務医

フェリーチェに入会できる男性は「25歳以上50歳までの大学卒以上の医師・歯科医師の方」という厳格な条件を満たしている人だけです。

なぜこのような厳しい入会資格がありながら多くの医師を集められるのか。

その理由は、フェリーチェが提携している人材会社にあります。

フェリーチェは医療関係者に特化した複数の人材会社と特別に提携し、そこから未婚の医師を集めています。だからこそ、他の結婚相談所ではなかなか見つけられない医師や歯科医ばかりがフェリーチェに会員登録しているのです。

また、入会時には厳格な審査を行い「卒業証明書」、「独身証明書」、「勤務先を証明する書類」、「収入証明書」の提出が必須となっています。

婚活パーティーやネット婚活は嘘のプロフィールで参加・登録している人が少なくありません。

しかし、会員を徹底的に厳選しているフェリーチェに集まる男性は、全員が正真正銘のエグゼクティブ層です。

男性会員の7割以上が年収1,000万円超え

下記は、フェリーチェの会員データです。(2015年時点)

驚くべきなのは、年収1,000万円以上の男性が全体の70%以上であるということです。やはり医師の年収は桁違いですね。
会員の年収

それもそのはず、平均年収2,000万円以上とも言われる開業医の割合が2割を超えています。
開業医の割合

また、歯科医よりも一般の医師の方が圧倒的に多いです。
医師と歯科医の割合

15年以上の運営で毎月1,400組のお見合いを実現

医者に特化した結婚相談所「フェリーチェ」を運営しているプライムマリッジ株式会社は、15年以上の運営実績を誇る老舗です。

会員数は2015年時点で5,000名以上となっており、毎月1,400件以上のお見合いをセッティングしています。

15年以上の信頼できる実績があるからこそ、ここまで質の高い男性会員を集めることができているのです。

入会前に無料相談ができます

相談

フェリーチェは医者・歯科医だけが入会できる結婚相談所ですが、入会資格が高いのは男性のみです。

前述しましたが、女性の入会資格は「20歳以上37歳までの短大卒以上の真面目に結婚をお考えの方」となっています。

ただし、フェリーチェには一つだけ大きなネックがあります

それは、ラウンジが関西と関東にしかないことです。

関東は「銀座・横浜」の2箇所、関西は「芦屋・梅田」の2箇所、合計4箇所にフェリーチェのラウンジがあります。

もちろん全国どこにお住まいの方でも入会できますが、主に関西圏・関東圏で婚活できる方が中心となります。

また、もう一つ気にかけたいポイントとして、活動費用の高さがあります。

女性会員がフェリーチェでの婚活に必要な費用は、

  • 入会費:30,000円+税
  • 活動費:24,750円+税 / 月
  • お見合い料:10,000円~20,000円+税 / 1回あたり

となっており、年間で最低でも30万円以上は必要です。

フェリーチェでの婚活に必要な費用は高いのですが、入会前に無料の資料請求・無料相談ができるので安心です。

入会前に資料を取寄せたり、少し話を聞いてみるだけなら一切お金がかかる心配はありません。

決して安い費用ではないので、話を聞いてみて、本当に30万円の価値があるかどうか判断してから入会を考えることをおすすめします。

しかし、活動費用が高いということは良い面もあります

多くの女性が、「費用が高かすぎる」という理由で入会を諦めるからこそ、フェリーチェへの入会を決断した、ごく一部の限られた女性に、医師との出会いのチャンスが生まれます。

これだけの活動費用を払える女性は限られるので、必然的に女性会員の質も高まってくるのです。

よく、似た者同士がカップルになると言われますが、結局のところ、婚活にお金が出せない女性は婚活にお金が出せない男性と出会います。

逆に、フェリーチェのように少し費用が高くても質の高さを求める女性は、質の高いエリート男性と厳選された出会いを得ることができるのです。

期間限定のキャンペーンがあります

最後に、今回の話をまとめます。

東大卒の平均年収は700万円ですが、その数は毎年300人に1人という狭き門で、出会いを見つけるのは難しいです。

一方で、厚生労働省のデータによると勤務医の平均年収は1,479万円(開業医に至っては年収2,000万円超え)となっており、東大卒の年収を大きく上回ります

また、医師との出会いはフェリーチェのような医師・歯科医の会員だけに限定した結婚相談所があるので見つけやすいです。

無料の資料請求や相談会に参加すると、どのような男性会員が登録しているか教えてもらえます。

しかし、フェリーチェのデメリットとして「関東・関西」にしかラウンジがないことや、年間30万円以上の活動費用がかかる問題があります。

ただし、この活動費用が大きくお得になる期間限定のキャンペーンが定期的に行われています。もしキャンペーン中に申し込めば、他の人よりも安くフェリーチェに入会できます。

キャンペーンが開催されているかどうかはこちらで確認できます。