パートナーエージェントの噂!サクラの話は本当か?

パートナーエージェントにサクラはいる?

ネットの噂などを見て、「パートナーエージェントにはサクラがいるのでは?」と思った方もいると思います。
しかし、結論から言うとパートナーエージェントにサクラはいません

これは少し考えると「なるほど。」と理解できると思います。
なぜ、パートナーエージェントにサクラがいないと言い切れるのか、解説します。

結婚相談所と出会い系サイトは違う

まず最初に、同じ出会いを提供するビジネスでも、結婚相談所と出会い系サイトは全く違います。
出会い系サイトはネットですべてが完結するので、悪質な業者や小さな会社が運営しているケースも多く、その実態は謎に包まれています。

もちろん、そのようなサイトにサクラがいるかどうかは知ることができませんし、もしサクラがいることがバレたとしてもすぐに会社を潰して逃げてしまいます。

では、パートナーエージェントのような結婚相談所はどうでしょうか?
結婚相談所は会費が高いデメリットがありますが、マリッジコンサルタントを始め、多くのスタッフがおり、その人達と実際に顔を合わせて良い出会いを探します。

特にパートナーエージェントのような大手の結婚相談所になると、大きなお金をかけ、多くのスタッフを雇い、一つのビジネスを動かすことになるので、そう簡単に会社を潰して逃げることはできません。

信用問題の方がダメージが大きい

パートナーエージェントのような大きな会社にとって、サクラを雇うことは命取りになります。なぜなら、もしバレた時に致命的なダメージを負ってしまうからです。

つまり、サクラを雇うことで会社の利益を上げるよりも、サクラを雇っていることがバレて、顧客の信用を失ってしまうことのほうが大きな損失なのです。

また、スタッフをたくさん雇えば中には正義感の強い「内部告発をする人」も出てくるでしょう。
大きな会社は、「失ってはいけない信用」と「大人数のスタッフ」によって、ルール違反できないように監視されている面もあるのです。

ここが、出会い系や小さな結婚相談所と、パートナーエージェントのような大手との違いです。

また、大きな結婚相談所だけに噂が絶えないのは仕方ありません。
それだけ多くの人が利用している証とも言えるでしょう。

私個人の意見を言うなれば、ネット上に噂も情報も出回らない、名前も聞いたことがない結婚相談所を選ぶよりも、ネット上で噂の立っている情報量の多いパートナーエージェントを選ぶほうがよほど堅実で、安心できると思います。

パートナーエージェントがサクラを雇って謝罪した。というような話があれば別ですが、そのような問題はこれまでに発生していませんから、結局サクラがいるかも?という話は噂でしかありません。そもそも、パートナーエージェントにとってサクラを雇うのは逆効果なのですから。

会員数が少ない

ネットなどでパートナーエージェントで婚活をしている会員の話を聞くと、楽天オーネットツヴァイのような業界トップの結婚相談所と比較すると、やはり会員数は少ないとの声が多いです。

会員数の少なさは、パートナーエージェントを選ぶ上でのデメリットと言えます。

しかし、この点も「サクラを雇っていないことの証明」になります。
パートナーエージェントが抱えている「会員数が少ない」という問題を解消する手っ取り早い方法は、サクラを集めて会員数を水増しすることです。

パートナーエージェントの会員数が少ないと言われていることは、会員の水増し行為は行われていない、つまりサクラを雇っていないことになります。

もしあなたが社長ならどうしますか?

これらを踏まえた上で、パートナーエージェントにサクラがいるかどうかを判断できる、とても簡単な1つの方法があります。

それは、あなた自身がもし「パートナーエージェントの社長だったらどうするか?」を考えてみることです。

もし私が社長だったら、会社を立ち上げる時に「人を幸せにしたい」と思って起業するでしょう。
そのような気持ちで会社を立ち上げているのに、サクラを雇うような気持ちになるわけがありませんし、逆にネット上でそのような噂が出回ると、とても残念な気持ちになると思います。

また、会社の社長として、信頼第一の結婚相談所の社長として利益を上げるためには、サクラを雇って短期的な利益を考えるよりも、サクラを雇っている事がバレて、信頼を壊してしまうことの方が恐ろしいと思います。

このように考えれば考えるほど、パートナーエージェントにサクラがいるという話は、噂でしかないんだなと思うのです。