服を選ぶ女性

30代からの婚活では、20代の女性にはない大人の女性の魅力をアピールする服装で第一印象を上げる必要があります。

とは言っても、地味過ぎると暗い印象になってしまいますし、大人かわいいファッションを狙ってカジュアルに寄り過ぎるのもマイナス印象になってしまいます。

今回は30代女性のファッションの疑問と、おすすめの服装やアイテムを調べてみました。

疑問:避けた方が良い「カジュアルな服装」って?

服を悩む女性

婚活パーティーの服装について確認すると、「カジュアルな服装でお越しください」という記載を見かけることが多々あります。

どこまでカジュアルな服装ならOKなのかわからず、悩むという女性の声もとても多いです。

カジュアルな服装と言っても、婚活においては不向きな服装やアイテムがあります。

下記は避けるようにしたほうが無難です。

■婚活で避けたいカジュアルアイテム

  • デニム素材(ジーパンなど)
  • レギンス
  • 迷彩柄
  • オーバーサイズな(だぼっとした)服
  • ショートパンツ
  • スニーカー

これらのアイテムは、女性らしさがアピールしづらいという共通点があります。

友だちと遊ぶ上では問題ない服装ですが、婚活では第一印象で結婚対象として見てもらう必要があるので、女性らしさを押し出せる方が望ましいです。

特に30代以降の女性は「大人の女性としての魅力」を最大限アピールする必要があるので、カジュアルな服装は子どもっぽく見えてしまうというデメリットがあります。

デートの服装も、なるべくカジュアルに寄りすぎないようにする方が良いと思います。

疑問:パンツスタイルはNG?

パンツスタイルの女性

婚活ファッションにおいて、ボトムスはワンピースやスカートを推奨するケースが多いです。

そんな中で、パンツスタイルはNGなのかという疑問を持つ女性も少なくありません。

結論から言うと、パンツスタイルでもOKのケースはあります。

たとえば、アクティブな婚活イベント(スポーツイベント、謎解きコンなど)では、動きづらいスカートよりきれいなパンツスタイルの方がTPOに合っています。

もしくは、すらりとした足をアピールしたい場合は、ミニスカートよりタイトなパンツスタイルの方が大人の女性としての魅力が伝わります。

ミニスカートは軽い女性の印象になってしまうので、特にアラサーの婚活では避けるべきです。

婚活として無難なファッションはスカートスタイルですが、スカートよりパンツの方が自分の魅力が出せると思う人は、きれいめパンツスタイルに挑戦してもいいと思います。

女性らしさが残るように、トップスを少し可愛いデザインのものにしてみたり、靴はエレガントなパンプスにしてみたり、他アイテムでバランスを取るのがおすすめです。

おすすめ30代婚活ファッション

30代女性が婚活で着ることで、若々しく魅力的に見えるアイテムをまとめました。

レディースブランドの公式SNSからスナップ写真を紹介し、ブランドの参考にもなるようにしています。

ワンピース

婚活ファッションの王道、ワンピースは30代女性にもおすすめです。

腰の高い位置で切り替えがあるデザインや、スカートがフレア状に広がっているものは着痩せして見えやすいです。

しっかりした生地の良いワンピースを持っていれば、結婚後のフォーマルな場所でも着れて便利です。

フレアスカート

腰から足にかけて裾が広がるフレアスカートは、腰や足が細く見えるエレガントアイテムです。

30代以降のフレアスカートは、膝丈がおすすめです。シンプルなブラウスやカットソーと合わせて、スカートにトップスをインすればシルエットが美しく仕上がります。

また、鮮やかな色味のスカートをメインアイテムに使えば、黒系のトップスを合わせても暗い印象になりづらいです。秋におすすめの着痩せコーディネートです。

タイトスカート・台形スカート

タイトスカートや台形スカートは、膝よりやや高めの丈でも上品に仕上がりやすいです。

膝上の丈のスカートを履く場合は、トップスの露出は控えめにすることで品よくコーディネートができます。Uネックのニットや肌触りの良い生地のシャツなどと合わせると良いと思います。

カーディガン

カーディガンは、ワンピースと合わせた鉄板コーデだけでなく、どんなスカートにも合わせやすい万能アイテムです。

白やページュなどの明るい色のものと、ネイビーや黒などの深みのある色を1着ずつ持っていると、いろいろなトップスに合わせやすいです。

ボタンを閉めて着る、開けて着る、肩に掛けるなど、着こなし方をアレンジして着回すことで複数回目のデートでも「同じ服を着ている」と思われづらく便利です。

ヒールがあるパンプス

パンプスはヒールがあるものを履くと脚を中心にスタイルがよく見えます。

足が綺麗に見えるヒール高は6~7cmと言われていますが、ヒールを履きなれない場合は低めのヒールでも構いません。

また、リボンなどのかわいいモチーフは30代以降の婚活ファッションでは避けた方が無難ですが、パンプスのワンポイントならば何とか使えるかと思います。

繊細なデザインのアクセサリー

30代からのおしゃれには、アクセサリーなどの小物をプラスしてきちんと感を出すのがおすすめです。

華奢なデザインのネックレスなどを身につけて、動くたびに揺れたり輝くことで女性らしさをアピールできます。

迷った時は、ゴールド系やピンクゴールド系のアクセサリーを選ぶと肌なじみが良いので失敗しづらいです。

ブランド物で揃えなくてもOK

赤いバッグ

真剣に婚活をするにあたって、服やアクセサリ-、バッグをブランド物で揃える必要はありません。

むしろ、ブランド物を持っていることはアピールしない方が望ましいです。

ブランドもののアイテムは上質で素敵ですが、ブランドを揃えたおしゃれをしている女性は男性から見ると「結婚してからも浪費しそう」というマイナスイメージに繋がりかねません。

ブランドものを持つとしても、ロゴが目立たないものを選ぶ方が安心です。

ノーブランドのものでも構わないので素材が良いものを身につければ、30代女性の魅力をより引き出せます。

次は、婚活リップの比較記事です。