アラサー向けファッション雑誌

アラサー(30代前後)の女性をターゲットにしているファッション雑誌は、50種類以上あります。

これだけ多いと、婚活やデートなどをきっかけに「おしゃれをしよう!」と思い立っても、どこから勉強すれば良いかわからない人もいるかもしれません。

そこで今回は、アラサー向けファッション雑誌の中でも人気の高い雑誌を、テイスト別にまとめてみました。

婚活などで良い結果を得るために、自分磨きをする参考にしていただければと思います。

※タレントの服装をまとめたコラム「28歳の男性・女性のファッションをタレントの服装でチェックしてみる」も公開しています。

シンプル・スタイリッシュ系のファッション誌

Oggi(オッジ)

Oggi(オッジ)

■ターゲット
アラサーの働く女性

■起用モデル例
矢野未希子、水沢エレナ

Oggi(オッジ)は、20代後半~30歳前後の働く女性をターゲットにしたファッション誌です。

カジュアル系ファッションが中心のAneCanと同じ、小学館が出版しています(AneCanは現在、休刊しています)。

AneCanと比べると、Oggiはシンプルなファッションコンサバ系を中心に取り上げています。

トレンドを追いかけるのではなく、着る人が素敵に見える心地いいスタイルをコンセプトにしています。

CLASSY(クラッシィ)

CLASSY(クラッシィ)

■ターゲット
アラサーの働く女性

■起用モデル例
オードリー亜谷香、道端ジェシカ

CLASSY(クラッシィ)は、オッジと共にOL誌と呼ばれているファッション雑誌です。

20代後半をターゲットにしており、購読者は24歳~30歳のOLがほとんどでです。

JJの姉妹誌で、女子大生向けのJJに対してCLASSYは大人っぽいコンサバ系ファッションがメインです。

OL向けに方向転換するまでは所得の高いお嬢様向け雑誌だったという背景もあり(「classy」とは、「高級な」という意味)、欧米の有名ブランドの商品をピックアップすることも多いです。

ガーリー系のファッション誌

Sweet(スウィート)

Sweet(スウィート)

■ターゲット
20代後半の女性

■起用モデル例
吉川ひなの、紗栄子、ローラ

Sweet(スウィート)は、20代後半の女性をターゲットにした、大人可愛い系~大人ギャル系のファッション雑誌です。

コンセプトは「大人可愛いスウィートワールド」、キャッチフレーズは「28歳、一生”女の子”宣言!」と、ターゲットをかなり明確にしていると言えます。

ガーリー系ファッションが好きな30歳前半の女性にも人気が高いので、アラサーのファン層が多いです。

また、付録も人気が高いです。ジルスチュアートのポーチなど、ブランドとコラボした豪華な付録がついていることが多いのも特徴です。

InRed(インレッド)

InRed(インレッド)

■ターゲット
30代の女性

■起用モデル例
田中美保、石原さとみ、高橋愛

InRed(インレッド)は、30代女性をターゲットにした、30代中心の大人カジュアルな特集が多い雑誌です。

「いくつになっても永遠に可愛い大人の女。」というコンセプトで、大人カジュアルなSweetより少し大人っぽいモード寄りのテイストです。

可愛いカジュアルファッションが好きだけど、大人っぽさも取り入れたい人におすすめです。

読者層も20代後半~30代の女性と幅広く、有名人モデルも多く起用しています。

キレイ目カジュアル系のファッション誌

with(ウィズ)

with(ウィズ)

■ターゲット
20代後半~30代の女性

■起用モデル例
佐々木希、鈴木ちなみ

with(ウィズ)は、講談社が発行している20代後半~30代の女性がターゲットのファッション誌です。

「楽しく働くオシゴト女子向け」をコンセプトにしており、ややフェミニン~綺麗めカジュアルなファッションが多いです。

OLの通勤服からデートに使えるファッションまで、幅広く特集しています。

また、インターネットポータルサイト大手のexciteが公式サイトを運営しているので、ウェブサイトのコンテンツも豊富です。

MORE(モア)

MORE(モア)

■ターゲット
20代後半~30代の女性

■起用モデル例
内田理央、岸本セシル

MORE(モア)は、集英社が発行している20代~30代のOLをターゲットにしたファッション雑誌です。

前述のwithとファッションの系統は似ていますが、withよりややカジュアル寄りです。

non-noなどを好む女性が、アラサーになってMOREに切り替えるケースも多いようです。

おしゃれで大人カジュアルなファッションを目指したい人におすすめです。

豆知識:アラサーという言葉はファッション誌から生まれた

GISELe (ジゼル)

ちなみに、アラサーという言葉は、ファッション雑誌GISELe(ジゼル)というファッション雑誌が最初に発信したキーワードだと言われています。

当初アラサーという言葉は、大人向けファッションをターゲットにする年齢を、明確に●歳と言わずに表現するために生まれました。

そしてアラサーという言葉が一般的に広まり、結婚世代働く女性を表現するために使用するケースが増えていきました。

さらにアラサーという言葉が派生して、アラフォー・アラフィフという新しい言葉も一般的になってきています(→アラサーは本当に結婚適齢期なのか?)。

自分に合うファッションがわからない時は

メイクする女性

今までファッションについてあまり興味を持てなかったという人の中には、「自分がどんなファッションが好きか」が漠然としていて、わからないという人も多いです。

そんな場合は、街ですれ違う女性のファッションを見たり、ファッション雑誌にいろいろ目を通すところから始めるのがおすすめです。

そしていろんなジャンルのファッションを見てみて、下記のような感覚になったファッションを真似してみます。

  • なんとなく心が踊る、ときめく
  • 自分と似た雰囲気の人のファッションが、素敵だと感じる
  • 「こうなりたい」と憧れる

おしゃれは、試行錯誤です。

大変だと感じかもしれませんが、自分が目指したいファッションのイメージを持てるようになると、それは楽しい自分磨きになります。

まずは上記の人気雑誌から見始めて、自分が好きなファッションを探してみるのも良いと思います。

芸能人のスナップ写真も参考にしてみたい人は、下記記事もご参考までに。