a’ccu(アクー)

アクー

20代に強い、東京だけで年間1,000回以上のパーティーを開催。

婚活パーティー主催のa’ccu(アクー)は、20代に限定して、婚活・恋活イベントを開催している業者です。

10年以上の歴史があり、年間1,000回以上のパーティーを開催していることで評判です。同世代と出会いたい、年上の人と付き合いたいなど、各パーティごとにコンセプトを設定しているため、あなたの条件に見合った相手と出会いやすいのがアクーのメリットです。

アクーが評判の理由

パーティー

婚活パーティーのアクーは、東京に絞ってイベントを開催しているのが特徴でず。また、20代を中心としたパーティーを開いていることが多く、20代に強い婚活パーティーとして評判です。

ただ、イベント内容を見ていると、決して20代限定というわけではなく、イベントによっては30代の方が参加できるものもあります。

飲食付きの婚活パーティー

アクーの特徴として、すべての婚活パーティーに簡単な飲食サービスが付くという点があげられます。

例えば、

  • アクーポッキーの日(毎月11日)
  • サーティーワンアイスクリームの日(31日)

などなど。
また、お茶やジュースも用意されており、イベントによってはアルコール類が用意される婚活パーティーもあります。

飲食付きの婚活パーティーは結構めずらしいです。お酒を飲まないと緊張して異性と話せない、、という方にとっては、非常にメリットが大きいと思います。

飲食があると、「これ美味しいですね」「このお菓子もおすすめですよ」といった具合に、会話が弾みやすいです。

同じ人と出会わないノーバッティング

アクーは、婚活パーティーでは珍しい「ノーバッティングシステム」を導入しています。このシステムは、当日参加予定のパーティーに「あなたが会いたくない人、会うと気まずい人」がいるかどうかを確かめるシステムです。

女性の方は無料で利用可能です。一方で、男性の方はパーティー参加時に500円が手数料として加算されます。

使い方としては、「会いたくない異性の名前を最大2名まで入力する」というものです。

例えば、女性の方が以前パーティーで知り合って付き合ったけど、その後破局してしまい、再びその人と会うんじゃないかと不安な場合、、、

「◯◯君」が参加していないか、ノーバッティングシステムでチェック。

参加予定のパーティーに「◯◯君」の参加申込みがあった場合は、事前にアクーから電話によるお知らせが届き、当日参加をキャンセルできます。

話せなかった人にセカンドアプローチ

いわゆる、アフターフォローサービスも展開しています。アクーでは「セカンドアプローチ」と呼ぶサービスです。

このサービスは、当日パーティーで気になったけど、うまく会話をするチャンスがなかったり、カップルになれない人に、後日アプローチできるしくみです。

3,000円の手数料がかかりますが、あなたのメッセージを、後日アクーが気になる人に届けてくれます。返事が来るかどうかは相手次第ですが、一期一会のチャンスを無駄にしたくない時におすすめです。

婚活パーティーのアフターフォローサービスを使って、その後お付き合いに発展した話もよく聞きます。利用に手数料がかかるのはデメリットですが、相手の方に特別なメッセージを伝えられるので、返事が来る可能性は高いと思います。

アクーは4種類のパーティーを開催

a’ccu(アクー)では、大きく分けて4種類のパーティーを開催しています。

  • 着席型
  • 立食型
  • 個室型
  • Walk&Run

「着席型」は、婚活パーティーで最も一般的なスタイルです。大きな部屋に参加者が集まり、それぞれが1対1で話せるように、席に着席をしてトークします。

婚活パーティーの雰囲気を味わいたい方、一度のパーティーで多くの人に出会いたい方は、「着席型」がおすすめです。

「立食型」は、座席を設けずに一つの部屋に参加者が集まり、自由に動きながら気になる人と話すスタイルです。ビッフェ形式で飲食が振る舞われます。

着席型よりも多くの人に出会うことができますが、自分から積極的に話しかけに行ける人向きだと思います。女性の方はボーッと待っていれば、男性が話しかけてくれるので安心です。

また、「立食型」は参加者が最も多い婚活パーティーなので、後から誰が誰だったかわからなくなることも少なくありません。。。

「個室型」は、半個室の部屋で相手と1対1の会話がじっくり楽しめる、少人数制の婚活パーティーです。周りの人に会話を聞かれたくない、静かな空間でじっくり話したい人におすすめです。

参加者が少人数のため、出会える人の数は少ないですが、その分一人の相手と長く話せるメリットがあります。また、一人参加の方も多いので、初めて婚活パーティーに参加するか方は「個室型」から攻めてみるのはありだと思います。

デメリットとしては、「個室型」は他のパーティーと比較して、参加費が少し高めであることが多いです。

「Walk&Run」はやや特殊な形式のパーティーです。ランニングのイベントを通じて、自然な出会いができる、アクーの企画ものイベントとなっています。

パーティーの流れ

アクーパーティーの着席型の流れについてまとめます。

1.会場で受付
開始時刻の15分前に受付をし、入室します。アクーでは本人確認を徹底しているため、身分証明書(免許証など)は必須です。

2.プロフィールカードの記入
自分の座席を確認し、まず最初にプロフィールカードに記入します。プロフィールカードはあなたの「武器」となるため、できる限り空白の項目を作らず、しっかりと書くことをおすすめします。

初めてパーティーに参加する場合、プロフカードの記入に時間がかかると思うので、少し早めに受付を済ませておくのが良いです。

3.全員と3分~5分程度お話し
婚活パーティーがスタートしたら、1対1で相手と話します。一人の相手と話せる時間は3分~5分程度の短い時間なので、第一印象でほぼ決まってしまいます。

「プロフィールカード」を最初に交換するので、プロフカードに書かれている項目を、お互いの話すネタとして活用するのが良いと思います。

「秋葉原にお住いなんですね(私もです)」
「映画を見るのがお好きなんですね(私もです)」

と言った具合に、共通点を見つけて話題にすると、話が盛り上がり、お互いの印象に残りやすいです。

4.印象カードに記入
一通り全員と話し終えたら、あなたが気になった人を5人選んで、その人の番号を印象カードに記入します。

最終投票は最後に行うので、ここではあくまでも、印象に残った人の番号を気軽に書く感じでOKです。

5.フリートーク(前半・後半)
今度は、あなたが気になった人ともう一度、より長くお話をする「フリートーク」を行います。ただし、フリートークではどうしても人気がある異性に、他の人が殺到してしまうので、わかりやすく言うと「取り合い」になります。。。

気になる人との席が離れていると、どうしてもその人のところに行く前にほかの人に取られてしまうので、「席が近く気になる人」と話すのがコツです。

フリータイムは前半・後半に分かれており、前半の後に「解析シート」が配られます。解析シートには、あなたが印象カードで記入した異性とカップルになる確率や、その人のライバル数などが書かれています。

解析シートを参考ししつつ、フリータイムの後半戦で最終的にカップルになりたい人を決定します。

6.最終カードに記入
最終的に、あなたがカップルになりたいと思った方を3名選び、その異性の番号を書いてパーティーは終了です。

アクーでは「カップル発表」は行われず、全員に封筒が渡され、その封筒であなたが誰とカップルになったかが、本人だけに通知されるシステムです。

a’ccu(アクー)の口コミ・評判

a’ccu(アクー)に参加した方から、口コミを得ることができました。公式サイトではわからない、本当の評判がわかります。

パーティー終了後に印象を分析できる

東京都 30代男性
会社員@IT関係の開発(年収700万円~1,000万円)

私は30代後半の独身の会社員です。この年齢になると、合コン等では出会いも少なく、業者が開催する各種お見合いパーティに参加することが多くなりました。

場所は、新宿でしたが、参加してみると、ホームページで紹介されているパーティ感溢れる楽しい印象とは裏腹に、古めかしい雑居ビルの狭い居室で男女10名ほどが集まっています。いわゆる「パーティ」を期待していくと肩透かしを食らいます。

それでも、ここは男女の年齢差がある企画が多く、年下好きの男性、年上好きの女性には良いです。1対1会話があり、最終カップリングと一般的なパーティとほぼ同じです。

帰り際に、封筒が渡され、連絡先カードやカップリングの結果が分かる仕組みになっています。また、ここは、パーティ後、ネットで他の方がどのような評価だったのか、人気倍率はどうだったのか等の自分の統計データを見る仕組みがあり面白いです。そこが他のパーティとの差別化になっていると思います。

管理人コメント:
婚活パーティーの終了後に、参加者が他の人からどのような印象を得ていたのかがわかります。これは、アクーならではのメリットで、次回の婚活パーティー参加時のための分析にも役立ちます。

一方で、アクーは知名度があまり高くないことから、婚活パーティーの開催場所と参加者数はあまり多くありません。この辺りは、デメリットと言えます。

ネットからの申込みで1,000円OFF

アクーの婚活パーティーは、原則として事前予約制です。
ネットからの事前申し込みをすると、参加費が1,000円安くなります。

予約なしでも参加できますが、参加費が1,000円高くなってしまうので、事前にネットから予約を入れておくことをおすすめします。