エキサイト婚活とブライダルネットを比較

IT大手のエキサイトが運営している婚活サイト「エキサイト婚活」と、上場企業IBJが運営している「ブライダルネット」について比較してみました。

どちらも人気の高い優良婚活サイトで、アラサー以上のアラフォー・アラフィフ世代の婚活にも使えると定評があります。

そこで、この2つの婚活サイトのを価格やサービスなどで比較し、それぞれどんな人におすすめかを検証してみました。

会員数は同じくらい

実績データ

会員数で比較すると、ブライダルネットの方がやや多めです。

エキサイト婚活の累計会員数も239,223人(2016年6月時点)と非常に多いですが、ブライダルネットのアクティブ会員数は26万人以上とさらに上回っています。

とは言え、どちらも20万人以上の会員を誇る大手ですので、会員数の差で出会いに差がつくことはほとんどなさそうです。

よって、エキサイト婚活とブライダルネットのどちらにするかは、会員数以外の条件で比較して決めて良いと思います。

マッチング率はブライダルネットが高い

カップル

ちなみに、エキサイト婚活とブライダルネットは毎月のマッチング数もデータを取っています。

この出会いの数で比較すると、ブライダルネットの圧勝です。

たとえば2018年の実績で比べると、エキサイト婚活の出会い成立数が1,295組なのに対し、ブライダルネットは16,282組と10倍以上でした。

会員数は同じくらいでも、ブライダルネットはエキサイト婚活の10倍以上のカップルが成立していると考えると、ブライダルネットはマッチング率の高い婚活サイトと言えます。

ブライダルネットは、男女ともに会員の7割近くが「3ヶ月以内に結婚相手を見つけたい」と考えているというアンケート結果があるので、特に結婚意欲が強い会員が多いことも、高いマッチング率の理由です。

料金はエキサイト婚活の方が少し安い

電卓を持つ花嫁

料金で比較するとエキサイト婚活の方が安いですが、大きな費用差はありません。

月200~400円ほどの差しかないので、料金以外で比較しても良いと思います。

■エキサイト婚活とブライダルネット 料金プラン比較

期間 エキサイト婚活 ブライダルネット
1ヶ月 3,500円 3,980円
3ヶ月 2,833円 3,160円
6ヶ月 2,083円 2,475円
12ヶ月 1,750円 1,950円

どちらも、婚活サイトの相場と同じくらいの価格です。

いずれにしても、飲み会1回分くらいの料金で婚活サイトのすべてのサービスが使えるようになります。

ただ、注意が必要なのは支払い方法の違いです。

エキサイト婚活は、クレジットカードやコンビニ払い、電子マネー(例:LINE Pay、iD)など、利用できる支払い方法が非常に多いです。

一方、ブライダルネットはクレジットカード決済のみなので、クレカを持っていないと有料会員になれません。

支払い方法が少ないのはデメリットですが、その反面「クレジットカードを持っている=ブラックリスト入りしていない」と考えられるので、信用情報に傷がついた会員はいないというメリットでもあります。

クレジットカードは、長期の支払い滞納(スマホ料金やローンなど)があったり自己破産をしたりすると、新規発行はもちろん、既に持っているカードも使えなくなります。

そういう意味では、自分に合った支払い方法が選べるエキサイト婚活も、クレジットカードを持っていて安心できる人と出会えるブライダルネットも、メリット・デメリットがあると言えます。

サービス内容、使い勝手の違い

不安そうな女性

エキサイト婚活もブライダルネットも、自分のプロフィールを登録して希望条件に合った異性を探す…という、基本の使い方は同じです。

しかし、ブライダルネットは特にSNS機能に力を入れており、ブライダルネット上のSNSで日記を書いたり相手の日記にコメントすることができます。

SNSを通して人柄が見えやすくなり、自然な形で出会えるように設計されているのが特徴です。

また、ブライダルネットは写真掲載率70%以上というメリットもあるので、写真の第一印象やプロフィール文章だけではわからない人柄も重視したい人におすすめです。

エキサイト婚活は、良くも悪くも写真掲載率はあまり高くありません。

相手と仲良くなってから写真を公開したり、実際に会うまで写真を共有しなかかったりすることも多いいので、エキサイト婚活はプロフィール写真を全体公開したくない人向けです。

写真軽鎖率が高いブライダルネットでは写真掲載率が高いので、プロフィール写真を掲載しないと興味を持ってもらいづらいです。

そのかわり、エキサイト婚活は検索項目が80以上あり、年収や趣味、職業なども含めてかなり絞り込めるので、外見以外の条件でしっかり見極めることができます。

会員属性は年齢層に差があり

円グラフ

次に、エキサイト婚活・ブライダルネットの会員データを元に、年齢や学歴などの会員属性を比較してみました。

その結果、エキサイト婚活は40代前後が多く、ブライダルネットはどの年代も幅広く登録していることがわかりました。

■エキサイト婚活の会員属性

  • 40代以上の会員が多い
  • 女性の年収が少し高め

■ブライダルネットの会員属性

  • 20代~40代がまんべんなくいる
  • 男性の8割以上は平均年収超え

エキサイト婚活は、男女ともに40代会員の比率が最も高く、会員の半数近くを占めています。

よって、エキサイト婚活はアラフォー会員が同年代でマッチングしやすい婚活サイトと言えます。

一方、ブライダルネットは20代・30代・40代の会員がいずれも同じくらいの割合で活動しています。

さらに、男性の年収は平均年収を超えている人が8割を占めているので、女性にとっては安定収入のパートナーが見つかる確率が高いのが嬉しいです。

エキサイト婚活・ブライダルネットがおすすめの人

携帯を持つ女性

以上、エキサイト婚活とブライダルネットのメリット・デメリット見た上で、それぞれどんな人におすすめのサイトかををまとめます。

■エキサイト婚活がおすすめの人

  • アラフォーの人
  • ネットに写真を掲載するのが不安な人
  • 支払い方法が選べると助かる

→エキサイト婚活の公式サイトはこちら

ブライダルネットはこんな人におすすめ!

  • アラサー~アラフォーの人
  • プロフィール写真の第一印象や人柄を重視したい人
  • 収入が安定した男性と結婚したい人

→ブライダルネットの公式サイトはこちら

私自身(独身、アラサーの女)も両方の婚活サイトを使ってみましたが、会員の印象やサイトイメージは上記の通りだったように思います。

個人的にはブライダルネットの方が、顔写真を載せている人が多くてどんな人かイメージしやすくて好きでした。

エキサイト婚活はアラフォーの年上男性からのメッセージが多く、その分しっかりした文章を送ってくれる方が多かったです。

ブライダルネットはマッチングする年代は本当にいろいろでしたが、同年代のアラサー男性も活動しているようでした。

私がマッチングした人は、誠実そうな人ばかりだったので「結婚意欲が高い人が多い」「収入が安定している会員が多い」という情報も納得でした。

また、クレジットカード所有者しか登録していない、というのも、個人的には安心感があります。

ブライダルネットの会員登録はこちら(無料)