どれが一番人気?サンマリエの料金プランをわかりやすく比較してみた

サンマリエの料金

結婚相談所「サンマリエ」は、スタッフの人数が多く手厚いサービスを展開していることで有名です。

料金プランによってサポートや紹介人数に違いがありますが、「正直言って料金プランが複雑すぎてわかりにくい」デメリットがあります。

そこで、サンマリエの料金プランをわかりやすくまとめてみました。

メインとなる3つの料金プラン

サンマリエには、大きく分けて3つのプランがあります。
料金はいずれも税別となっています。

Up swing(アップスウィング)

Up swing(アップスウィング)

サンマリエの最も一般的な料金プランが「Up swing(アップスウィング)」です。

特徴としては、専門アドバイザー(サンマリエではコンセイラーと呼びます)があなたの婚活をしっかりサポートしてくれる点です。

入会前に専門アドバイザーによるカウンセリングが受けられる他、毎月の紹介やお見合いのセッティング・引き合わせ、そして定期カウンセリングなど、すべてをサポートしてくれます。

気になる相手をどう誘っていいのかわからない方、異性とのお付き合いに慣れていない方や、一人での婚活が心細い方にとって、Up swingは非常にメリットがあるプランです。

料金体系は以下のとおりです。
初期費用として、

  • 入会金:3万円
  • 初期活動費:12万円
  • 合計:15万円

がかかります。
専門アドバイザーがサポートしてくれる分、初期活動費は少し高めです。

また、月々必要な金額として、

  • 月会費:13,500円
  • お引き合わせ費用:1万円(依頼毎)
  • イベント参加費:3,000円~20,000円(参加毎)

が必要です。
お引き合わせのサポートが受けられるのは心強いですが、専門アドバイザーの力を借りることになるため、依頼毎に1万円が必要です。

また、結婚が決まった時には成婚費用として5万円が必要です。
これも決して安い金額ではありませんが、「結婚できればすべてよし」なので、気にする値段ではないでしょう。

入会時の15万円は大きいですが、その後は毎月2~3万円弱の活動費用を見込んでいれば良いと思います。

Imary(イマリー)

Imary(イマリー)

Imary(イマリー)は、婚活をもっと手軽にするために作られた料金プランです。
主な利用対象者は「地方に住んでいる方」となっています。

近くにサンマリエの支店がなくても、スマートフォンやタブレットで相手の紹介を受けることができるのがメリットです。専門アドバイザーによるサポートがないので、基本的に自分の力で活動する人向けです。

初期費用として、

  • 入会金:3万円
  • 初期活動費:9万円
  • 合計:12万円

がかかります。
また、月々必要な金額として、

  • 月会費:14,500円
  • お見合い調整費用:7,000円
  • リレート費用:2,000円
  • イベント参加費:3,000円~20,000円(参加毎)

が必要です。
また、結婚が決まった時には成婚費用として7万円が必要です。

サンマリエは結婚相談所の中では決して会員数が多い方ではありません。
よって、地方の方で婚活をしたい場合は、地方に強いツヴァイなどがおすすめです。

また、お見合い調整などをしてくれる点ではメリットはありますが、基本的には携帯やパソコンを使っての婚活になるので、そう考えると婚活サイトの方が利用しやすいようにも思えます。

個人的な意見となりますが、Imaryのこの料金体系なら、私は他の結婚相談所や婚活サイトを選ぶと思います。

Luxury(ラグジュアリー)

Luxury(ラグジュアリー)

Up swingとImaryの2つのサービスを合わせた最強プランが「Luxury(ラグジュアリー)」です。

専門アドバイザーのサポートが受けられるサンマリエ独自のサービスが提供されるほか、Imaryならではのスマートフォン、パソコンを使ったネット婚活も利用できます。

料金については非公開となっていますが、最も上質で最も高い料金になることは間違いありません。

個人個人の柔軟な料金プラン

ヤングプラン

主な料金プランは上記3つとなりますが、サンマリエでは個人に見合ったプランを個別に設定してくれるので、柔軟性が高いです。

代表的なプランは

  • 20代向けのヤングプラン
  • 再婚を考えている方向け
  • 母子家庭の方向け
  • ご子息・ご令嬢の結婚

などがあります。

例えば、ヤングプランは初期活動費が半額になるといった割引があります。
再婚や母子家庭など、少し特殊な方向けの婚活プランとなるため、料金値引きが期待できるということです。

いずれにしても、まずは資料請求をして、実際にどのようなプランがあるのか見積もりを取ってみることをおすすめします。(資料請求や見積もりは無料です)