バーでデートするカップル

気になる人に飲みデートに誘われたけど、お酒が弱いから不安‥‥という女性の悩みを多く聞きます。

最近はお酒なしのデートを提案する男性も増えてきていますが、それでも「飲みに行こう」というお誘いは定番です。

バーに行く時など、ノンアルコールドリンクをなんとなく頼みにくい雰囲気の時もあると思います。

そこで今回は、デートの時に酔いつぶれないようにするために、アルコール度数の低いお酒の特徴について徹底調査しました。

逆に、飲みやすいけど実は度数が高い「危険なお酒」の種類もまとめたので、参考にしていただければと思います。

また、記事の最後にはお酒に酔いにくくするテクニックも解説しています。

アルコール度数が低いお酒

バーでデートする女性

基本的には、下記いずれかの条件を満たすお酒が、アルコール度数が弱めでおすすめです。

■アルコール度数が低いお酒

  1. リキュールをノンアルコールドリンクで割っているカクテル
  2. ビール系カクテル

「リキュール」とは、フルーツなどに砂糖やシロップを加えて作ったお酒で、カシスやピーチなどのカクテルに使われるお酒です。

リキュール系カクテルは、◯◯オレンジ、◯◯ソーダ、◯◯ウーロンなど、後ろにジュースやお茶の名前が書いてあることが多く、味の想像もしやすいです。

例:カシスオレンジ→カシスキュールのオレンジジュース割り

また、リキュールで作るカクテルはジュースで3倍ほどに薄めるので、ビールより少し弱めのお酒になります。

生ビールを飲むとすぐ酔ってしまうような人は、カクテルの方が無難です。

ちなみに、ビールのアルコール度数は4~5%くらいで、市販の缶チューハイより少し高めくらいです。

よって、ビールをさらにジュースで割るお酒は、アルコール度数をさらに抑えられます。

今回は、アルコール度数5度以下を目安に、弱めのお酒をピックアップしました。

カシスオレンジ

アルコール度数:5度

女性が頼むカクテルの王道、カシスオレンジはアルコール度数も低めで飲みやすいです。

甘いカクテルが好きな人は、迷ったらカシスオレンジを飲むと良いと思います。

たとえば、カシスリキュールで定番の「ルジェ クレームド カシス(サントリー)」はアルコール度数20度ですが、オレンジジュースを約4倍入れるので5度くらいのカクテルになります。

また、オレンジジュースにはビタミンが含まれている点もおすすめです。

お酒を飲むと体内でアルコールを分解するためにビタミンB1などを消費するので、ビタミン不足になるからです。

特に、ビタミンB1が不足するとむくみやすくなり、深刻なビタミンB1不足になると脚気(足のしびれなどが起きる病気)になるリスクもあります。

オレンジジュースで少しでもビタミンを摂っておくことで、飲酒によるビタミン不足を補うことができます。

ファジーネーブル

アルコール度数:3~5度

ファジーネーブルとは、ピーチのリキュールをオレンジジュースで割ったカクテルです。「ピーチオレンジ」と書いてあるお店もまれにあります。

桃の優しい甘さとが飲みやすく、女性に人気です。

ピーチ系カクテルは種類が多く、ピーチソーダやピーチウーロンなどもありますが、カシスオレンジと同じくビタミンを補えるオレンジジュース割りがおすすめです。

ちなみに、ピーチリキュールの中でも定番の「ルジェ クレーム ド ピーチ(サントリー)」は、同じシリーズの「ルジェカシス」より度数が低めです。

ルジェカシスは20度、ルジェピーチは15度なので、より酔いが回りにくいです。

シャンディガフ

アルコール度数:3度

お酒の中でもアルコール度数が低めのビールを、ジンジャーエールで割ったカクテルです。

だいたいビール:シャンディガフ=1:1くらいで割るので、アルコール度数が3度以下になるものもあります。

3度のお酒と言えば、市販の缶チューハイなどと同じくらいなので、お酒の中ではかなり弱めです。

オレンジやピーチなどの甘いカクテルが苦手な人にもおすすめです。

また、カシスオレンジなどのカクテルを「ジュースみたい」と言うタイプの人も、シャンディガフは「お酒」っぽいと思っていることが多いです。

シャンディガフを頼むと「飲んでるね~」と思ってもらいやすいので、お酒を飲んでいる感を出したいシーンでも便利です。

私も「飲んでる?せっかくだし飲もうよ!」と言われた時は、シャンディガフでやり過ごしています。

レッドアイ

アルコール度数:3度

ビールとトマトジュースをおそよ1:1で割ったカクテルで、アルコール度数も低めです。

トマトジュースが苦手な人は飲みづらいかもしれませんが、ビールカクテルの中でも定番です。

また、カゴメとアサヒの共同研究では、お酒と一緒にトマトを食べると、血中アルコール濃度が低下することもわかっています。

酔うスピードがゆっくりになったり、二日酔いしにくかったりというメリットがあるので、お酒に弱い人ほどおすすめのカクテルでもあります。

アサヒグループホールディングス株式会社(社長 泉谷直木、以下アサヒグループ)とカゴメ株式会社(社長 西秀訓、以下カゴメ)は、お酒を飲むときにトマトを一緒に食べることで、血中のアルコール濃度が低下することをヒトによる試験での評価により明らかにしました。

-カゴメ株式会社公式サイトより抜粋(詳しい研究結果はこちら

実はアルコール度数が高いお酒

バーにいる女性

また、中には女性に人気があるお酒でも、アルコール度数が以外と高いものもあるので要注意です。

お酒が弱い女性が、基本的に避けた方がいいお酒は下記の通りです。

■アルコール度数が高いお酒の見分け方

  1. ラム・ジン・ウォッカ・ウイスキーのカクテル
  2. ワインや日本酒など割らずに飲むお酒

カクテルの中には「ラムオレンジ」「ジンバック」など、度数の高いお酒で作るカクテルもあります。

ラムやジン、ウォッカ、ウィスキーなどはアルコール度数50度前後のお酒なので、ジュースで割ったとしてもかなり酔いやすいです。

また、中にはお酒とお酒を混ぜて作るカクテルもあるので、要注意です。

例:マティーニ…ジンとベルモット(白ワイン)を組み合わせるカクテル。アルコール度数30~40度。

また、ワインや日本酒など、割らずに飲むお酒も度数は高めです。

焼酎や梅酒も割って飲むことはできるものの、カクテルに比べると度数は高いです。

■参考:お酒の度数 相場を比較

お酒の種類 度数
缶チューハイ 3度
ビール系カクテル 3~4度
リキュール系カクテル 4~5度
ビール 4~5度
日本酒 14~16度
ワイン 6~20度
焼酎 25度
梅酒 8~15度

基本的には、上記の中でもアルコール度数の高いお酒を避けておくと無難です。

しかし、度数が高くても女性に人気のお酒も多いので、知らずに飲んだら「き、きつい!」と驚くケースもあります。

そんな失敗をしないためにも、女性ファンが多く、度数が高いお酒をまとめてみました。

モヒート

アルコール度数:20~30度

モヒートとは、ラム酒をソーダで割ってミントを多めに入れた、さわやかなカクテルです。

甘いお酒が苦手な人も飲みやすいカクテルではありますが、ラムの度数が50度前後と高めなので、モヒートもアルコール度数が20~30度と高めです。

焼酎のロックと同じくらいの度数なので、飲みやすいからといって飲みすぎないように注意です。

梅酒ソーダ

アルコール度数:10~15度

梅酒ソーダも飲みやすいお酒のひとつですが、一般的なカクテルより度数は高めです。

ビールだけで酔いが回る人は飲まないようにするか、ゆっくり飲むことをおすすめします。

梅酒のアルコール度数自体は10~20度くらいでカシスリキュールなどと同じくらいですが、梅酒ソーダは1:1で割ることが多いので、結果的にやや強めのお酒になります。

ちなみに、梅酒の水割りやお湯割りだと、梅酒:水=6:4と、ソーダ割りより梅酒の割合が多くなるのでさらに度数は高くなります。

梅酒を頼むならロックや水割りより、ソーダ割りの方がおすすめです。

ただし、炭酸には胃の吸収をよくする効果があるので、どちらかというと良いやすくなるジュースです。なるべくゆっくりのが望ましいです。

また、お店によっては梅酒にブランデーを加えているケースもあるので、その場合はさらにアルコール度数が高くなります。

梅酒は種類が多く、ものによって度数がかなり違ってくるので、お店の人に確認するか念のため飲まないようにする方が安心です。

シャンパン

アルコール度数:12度

シャンパンは、雰囲気の良いお店でのデートや結婚式の披露宴など、華やかな場面でウェルカムドリンクとして出されることも多いです。

しかし、アルコール度数は12度前後ある上に、酔いが回りやすい炭酸が入っているので要注意です。

味わいがフルーティーで飲みやすいものも多いので、おいしいからと言ってスイスイ飲まないよう気をつけたいお酒のひとつです。

一杯目にシャンパンが出た時は、乾杯以降ゆっくり飲むことをおすすめします。

カルーアミルク

アルコール度数:7~8度

コーヒーリキュール「カルーア」を牛乳で割るカクテルで、優しい甘さで飲みやすいため女性に人気です。

しかし、カルーアはアルコール度数が20~30度あり、ミルクとの割合もカルーア:ミルク=1:2くらいと、カシオレなどに比べるとややお酒の割合が多めです。

結果的にアルコール度数はビールより高くなるので、カクテルの中でもやや酔いやすいお酒です。

甘くて飲みやすくもあるので、頼んだ際はついゴクゴク飲んでしまわないよう注意です。

このような特徴から、カルーアミルクは男性の中で「女の子に飲ませて酔わせるカクテル」という口コミもあるお酒です。

ちなみに、男性にカルーアミルクをすすめられて断りたい時は「ダイエット中だから」と言うのがおすすめです。

カルーアミルクはカロリーも高めのお酒で、1杯150~200kcalくらいするので、茶碗1杯分のご飯くらいのカロリーがあります。

お酒に酔いにくくする4つの方法

悩む女性

お酒に酔いにくくするために一番大事なのは、アルコール度数の低いお酒を飲むことです。

しかしそれ以外にも、酔いにくくするためのテクニックがあります。

下記をなるべく実践しておくことをおすすめします。

お酒に酔いにくくする方法
あらかじめ何か食べておく
空腹の状態でお酒を飲むと、アルコール吸収が早くなり酔いやすくなります。おすすめは、吸収に時間がかかる脂肪分です。
例:チーズ、ナッツ、バター、オリーブオイル
栄養ドリンクを飲んでおく
アルコールの分解を促進するタウリンや、血糖値の低下を抑える糖質が入っているエナジードリンクがおすすめです。
例:リポビタンD、チオビタドリンク、レッドブル(いずれもシュガーレスではないもの)
食事しながら飲む
アルコールの吸収を緩やかにするタンパク質や、お酒を飲むと不足し勝ちになるビタミンB1を摂るのがおすすめです。
例:肉(豚肉には日がミンB1が豊富)、魚、枝豆、揚げ物、チーズ
水やお茶を飲む
お酒を連続して飲まず、水やお茶などノンアルコールの飲み物を挟むと、酔いが緩やかになります。

特に、飲みデートの前になにか食べておくというのは非常に重要です。

アルコールの吸収をゆるやかにすることで酔いづらくなるのはもちろん、頭痛になったり気分が悪くなったりするのを抑えられるからです。

お酒によって頭痛や吐き気がするのは「アルコール性低血糖」の可能性が高く、アルコールを急速に摂取することで起こります。

空腹状態でお酒を飲むと、肝臓がアルコール分解に専念することになり、その他の働きが抑えられてしまいます。

その結果、普段は肝臓で作っている糖質が作れなくなり血糖値が下がっていき、低血糖症の症状である頭痛や吐き気、だるさなどの症状が出ます。

最悪の場合、意識がなくなってしまうこともあるので、飲みデート前はあらかじめ軽く食べておいて、飲んでいる最中も食事をすることがおすすめです。

もし食事をする時間がなければ、栄養ドリンクを1本飲んでおくだけでも全然違います。

バーではバーテンダーを味方につけろ

バーテンダーの男性

もしバーに誘われた場合は、素直にバーテンダーの人に「お酒はあまり強くないんですが」と伝えることをおすすめします。

相談すれば、アルコール少なめのカクテルを作ってくれるので安心です。

たとえば「度数弱めで、甘いカクテルって作ってもらえますか」と、度数弱めで好みの味のお酒をお任せで作ってもらうこともできます。

バーによっては、メニューにおしゃれな名前のお酒が並んでいるけどどんなものかわからない…ということもあるので、素直に聞くか、上記のようなおまかせ注文がおすすめです。

私自身も、メニューのお酒がよくわからない時は「すみません、あまり詳しくなくて…甘くて飲みやすいカクテルはどれですか?」と聞いたりします。

また、バーテンダーを味方につけると、男性が女性を酔わせるために強いお酒を飲ませようとしてきた時などに守ってくれるケースもあります。

男性がお手洗いなどで席を立った隙に「私のお酒、全部アルコール弱めかノンアルコールカクテルにしてもらえないですか」と言ってみるのも良いと思います。

お酒をよく飲む男性はお手洗いに行く頻度も高いので、バーテンダーに相談するタイミングも見つけやすいです。