イケメン

イケメンや美女と話すのは苦手…うまく話せない…そんなふうに思っていませんか?

人は美しいものに魅力を感じます。整った顔を持つイケメンや美女を前にすると、緊張して話すことができない人も多いです。(というかほとんどの人がそう感じています)

しかし、緊張してしまっては相手にあなたの魅力を上手く伝えられません。

もし、イケメンや美女を目の前にしても臆することなく、素のあなたを出すことができれば、イケメン彼氏・美人彼女をゲットできる確率は飛躍的にアップします。

今回は、私の友人であるモテ男のA君に、イケメンや美女の前でも緊張しない方法について聞いてきました。

そもそもなぜ緊張してしまうのか

イケメンが怖い

イケメンや美女を目の前にして緊張してしまう理由を突き詰めていくと、「人は自分が凄いと思う相手に対して緊張する(魅力を感じる)」というところにたどり着きます。

「自分が凄いと思う相手」とはつまり、自分が持っていないものを持っている相手と言い換えることができます。いくつか例をあげると、

  • 自分よりも背が高い
  • 自分よりも目が大きい
  • 自分よりもオシャレ
  • 自分よりも権力がある(目上の先輩や上司など)
  • 自分よりもお金をたくさんもっている
  • 自分よりも顔が整っている
  • 自分よりも頭がいい
  • 自分よりも力がある

などなど。

こういった相手に対して人は「凄い」と感じ、魅力を感じる一方で、話す時に緊張してしまいます。

でも考えてみてください。
イケメンの彼氏や美人な彼女をゲットしている自分の姿を。

毎日イケメンや美女と一緒に生活し、友人たちからも羨ましがられることを考えると、やっぱりイケメンや美女と付き合いたいと思いますよね。

でも、相手を前にして緊張して話せないようでは到底、イケメンをゲットすることなんて不可能です。

同じ人間なのに、イケメンや美女に緊張してしまうのはすごくもったいないです。

モテる男が教える!緊張せずにイケメンや美女と話す方法

モテ男

私の友人であるA君は、いわゆる「モテ男」です。

数多くの出会いを経験し、美女に対しても自然体で会話をすることができます。もちろん、A君は美人な彼女をたくさんゲットしています。

しかし、そんな彼も最初は美人を前にすると緊張してしまい、まともに話せなかったそうです。

では、そんな彼がどうやってそれを克服したのか。

相手のブサイクな所を探す

悩む女性

A君が言うには、美女(女性の場合はイケメン)に出会ったらまず、相手のブサイクな所を探すんだそうです。

美女は言うまでもなく、顔は整っています。
でも、よーく見てみると鼻が低かったり、髪の毛が整っていなかったり、身に着けているもののセンスが微妙だったり。。。

もちろん、外見のパーツだけでなく、声がおかしかったり、言葉遣いや「なまり」があるなど、とにかく相手の弱点を見つけます。

弱点を見つけると、「美人すぎる・・・」「イケメンすぎる・・・」と圧倒されることなく、

  • 顔は可愛いけど鼻はちょっとブサイクだな
  • 顔はカッコイイけどなまりが可愛いな

と思えるので、相手に対して余裕が出てきます。余裕が出てくると、自然体で話すことができるというわけです。

ブサイクな部分を見下す

ブサイク

美女の弱点を見つけたら、次にやることは心の中で相手の弱点を見下すんだそうです。

簡単に言うとこんな感じでしょうか。

顔は可愛いけど鼻はちょっとブサイクだな
→このブサイクが!鼻の形に関しては自分の方がマシだ!

顔はカッコイイけどなまりが可愛いな
→この田舎者が!言葉のイントネーションなら自分の方がマシだ!

「見下す」というと言葉が悪いですが、「自分が相手に勝てる部分」を一つでも見つけなければ、美女やイケメンとは対等に戦えません。

記事の序盤でも話しましたが、人は「自分が凄いと思った相手に対して緊張してしまう」習性があります。

だからこそ、相手の弱点を見つけてその部分を見下し、「その部分に関しては自分のほうが勝っている」と言い聞かせることで、相手のことを凄いと思わないようにします。

相手のことを「すごい」と思いすぎなければ、美人やイケメンが目の前にいても緊張することなく自然体で話せます。

自分を良く見せようとしすぎない

スーツ男子

イケメンや美女と話す際に緊張する理由に、自分を良く見せようとしすぎるという場合もあります。

「相手が上、自分が下」という感覚があるために、そんな心理状態になってしまう人も多いです。

いつも以上の自分を出そうと背伸びすると、「ボロが出ないように」という不安から緊張しやすくなります。

たとえば、女性であれば、慣れないおしゃれをして頑張って女性らしく話そうとしたり…

男性であれば、頼れる感じを出したくて頑張ってリードしようとしたり…です。

しかし、その結果話し方がおかしくなったり、挙動が変になってしまっては相手が違和感を感じてしまいます。

なるべく平常心で話すに越したことはありません。

しかし、自分をよく見せたい=自分に自信がないということなので、根本的に解決するのは時間がかかります。

自分に自信がない場合は

落ち込む女性

自分に自信がないことで、イケメンや美女と話す時に緊張するケースは日本人には特に多いです。

冒頭で紹介したとおり、人は相手を「自分より凄い人だ」と感じた時に緊張します。

よって、自己評価が低いと相対的に「凄い人」と感じる異性も増え、話すと緊張する機会が増えやすくなります。

外見に自信がない人、内面に自信がない人、いろいろなタイプの人がいますが、外見(容姿)に自信がない人の中には、内面にも自信がない人も多いです。

次の記事は、外見と内面に自身が持てない女性のための記事です。