自撮り

婚活サイトやマッチングアプリで相手を選ぶ時、やはりプロフィールの顔写真は重要な要素です。

少しでもイケメン、少しでもカワイイ人を選びたいと誰もが思います。

なので、奇跡の一枚を撮るコツは身につけておいて損はありません。

婚活サイトで同じ料金を払うのなら、少しでも異性からのアプローチがもらえた方がコスパが上がります。

自分の顔に自信がないという人も、写真を上手く撮れると婚活に前向きになれると思います。

モテる写真を撮るコツ

今回はネット婚活で使えるモテる写真の撮り方を紹介します。

特に婚活サイトに載せる写真を自撮りする時、押さえておきたいポイントは下記4点です。

■婚活サイト・アプリのプロフ写真の撮影ポイント

  • 撮影場所にこだわる
  • 角度にこだわる
  • 見せるところ、隠すところ
  • 表情にこだわる
  • たくさん撮って厳選する

この4点に気をつけて自撮りすれば、異性からも好印象な写真が撮りやすいです。

撮影場所にこだわる

窓際

まず、撮影する場所は明るいところがおすすめです。

暗い場所で撮影すると、肌荒れやシワが目立って老けて見えてしまいます。

第一印象も暗くなってしまうので、婚活や恋活においてはデメリットばかりです。

一番簡単なのは、晴れの日に屋外で撮影することです。

自然光が柔らかく肌を明るくしてくれて、髪の毛もキレイに見えます。

室内ならスマホに装着できる自撮りライトを使ってもいいですし、窓際で撮影するのもおすすめです。

ナチュラルに見えるモデルの撮影などでも、実際は写真スタジオでたくさん光を当てて撮っています。

角度にこだわる

角度

いろんな角度から自撮りをして、自分が一番きれいに見える角度を見つけることも重要です。

おすすめは、ちょっと斜めから撮ることです。

特に、よく言われる「ナナメ45度」くらいの角度は、写真映りが良くなりやすいです。

輪郭を細く見せたい人は、更に少しだけ上から撮影すると、あごがシャープに見えます。

モデルさんなどの自撮り写真を研究してみるとわかるのですが、真正面から写っている写真は少ないです。

角度のポイントは以下の3点です。

  • スマホを外側へ45度動かす(顔は正面、目線はなるべくカメラ)
  • 水平よりも20度ナナメ上から撮影
  • ヒジを60度傾ける

参照:自分撮りのコツは照明!誰でもかわいい自撮りができる3つの方法

また、人間の顔は左右対称ではないので、右から見た印象、左から見た印象が違います。

両方撮影してみて、自分は右の顔の方がイケてるのか、左側のほうがいいのか、知ることからはじめます。

もっとも写りがいい自分の角度を見つけることが大切です。

自分撮りが上手な人はみんな、「一番キレイに撮れる自分の角度」を知っています。

基本的に自分撮りをする時は、スマートフォンのディスプレイ側のカメラを使います。

自分撮りしている人を見たことがある人はわかると思いますが、撮影する時、腕は伸ばしてできるだけ遠くから撮ることをイメージするのがポイントです。

上記の画像などは、自分撮りの基本姿勢として参考になると思います。

見せるところ、隠すところ

女性

自分のチャームポイントはしっかり見せて、コンプレックスの部分は隠せるのも、自撮りのメリットです。

自分が一番きれいに見えるように、見せるところと隠すところを使い分けるのも自撮りの大事なコツです。

※婚活サイトによっては、顔を隠しすぎた写真はプロフィール画像の審査に通らない場合もあるので注意

一般的に、見せたほうが良いところ、隠すほうがいいところは下記のとおりです。

■見せたほうがいいところ


大きくパッチリした目や、笑顔で目尻が下がった優しい目元は、かわいさをアピールできるポイントです。

口元
にっこり笑った口や、きれいにリップメイクした唇は、男性に女性らしさを感じてもらいやすいです。

■隠したほうがいいところ

あご
撮影する時にあごを引いたり、あごを手などで隠したりして、小顔に見えるように工夫します。

参照:3人に2人が騙されてる!? みんながやってる自撮りのコツ3つ

表情にこだわる

笑顔の女性

基本的には、笑顔の写真がおすすめです。

なぜなら、男性が婚活アプリで女性の写真を見た時に「明るくて優しそう」「一緒にいて楽しそう」という印象を持ってもらいやすいからです。

自分が一番、魅力的に見える笑顔を見つけるために研究してみてください。

ニコッと笑うのが似合う人、アヒル口が可愛らしい人、目を細めて笑うのがキュートな人…その人の個性が伝わると尚良しです。

たくさん撮って厳選する

写真

良い自撮り写真を撮るためには、たくさん撮影することも大切です。

いろんな場所、いろんな角度、いろんな表情…試行錯誤を繰り返して、「奇跡の1枚」を生み出すことです。

プロのモデルとプロのカメラマンが撮影をする時も、何百枚、何千枚もの写真を撮影して、そこから数枚に厳選していきます。

自撮りに関しても、たくさん撮って自分が納得できる写りのものをチョイスすることをおすすめします。

美顔アプリの活用はほどほどに

自撮りをする時に、ビューティープラスやSNOWなど美顔アプリを使う人も増えてきています。

自動で肌をキレイに補正してくれたり、顎のラインをシャープにする編集ができたりと、かわいい自撮りには不可欠な人も多いです。

確かに、スマホの通常のカメラで撮るより段違いに写真写りが良くなります。

人気の高い美顔アプリ
  • Beauty Plus(ビューティープラス)
  • Beauty Cam
  • カメラ360
  • LINE Camera
  • SNOW
  • B612

しかし、美顔アプリはやりすぎ禁物です。

なぜなら男性と実際に会った時に「写真と全然ちがう!」と、がっかりさせてしまうことになるからです。

また、男性によっては「アプリで盛りすぎている女性は引く」とまで感じる人もチラホラ…

会うことを前提にマッチングする婚活アプリでは、盛りすぎるとマイナスポイントになってしまうことは頭に入れておくべきです。

美顔アプリの肌補正のレベルを弱めに設定しておくなど、ナチュラルな仕上がりを目指すことをおすすめします。

ナチュラルな肌レタッチがしやすいと口コミで評判のアプリもまとめておくので、参考にしていただければと思います。

■肌補正がしやすい高評価アプリ

  • Adobe Photoshop Fix
  • AirBrush(エアブラッシュ)
  • TouchRetouch(タッチレタッチ)

結婚相談所ではカメラマン撮影がおすすめ

カメラマン

婚活サイトの写真は自撮りで十分ですが、結婚相談所の利用を考えている人は撮影スタジオで撮ってもらうことをおすすめします。

自撮り写真はカジュアルでかわいい写真を撮るのに向いていますが、結婚相談所はより真剣なお見合いの場です。

プロのカメラマンによる撮影+レタッチ(修正)をしてもらった写真を使っている人が大半の結婚相談所も多いので、写メだと結婚の真剣度が低く見えてしまいます。

また、大手結婚相談所の中には写真撮影もしてくれる所もあります。

たとえば、CMなどで知名度が高い「楽天オーネット」はフォトジェニックサービスという撮影プランが入会費に含まれています。

成婚率の高さで評判の「パートナーエージェント」は、提携のフォトスタジオでヘアメイクから撮影までトータルでお任せできます。

美顔アプリの自撮りとは違い、ナチュラルで清潔感を感じるようなヘアメイク・ポートレート撮影してくれます。