初デートでも大丈夫!男性(女性)との会話が苦手な人でも使える会話術

初デートの会話

婚活中に知り合い、初めてのデートをする時一番不安なことはなんですか?
多くの人が「初デートの会話」について、何を話せばよいのか不安に思っているのではないでしょうか。

今回は、男性・女性ともに初めてのデートで使える会話術をご紹介します。
会話が苦手な方でも大丈夫です。

デートで使える会話術

初めてのデートはどうしても不安になりがちです。
しかし、私が最も大切だと思うのは「笑顔」と「楽しもうとするポジティブな気持ち」だと思います。

気になる相手と二人きりの時間を過ごせるわけですから、「こんなに楽しみなことはない!」という前向きな気持ちでデートすることが大切です。

せっかく会話術を勉強しても、不安で顔が引きつってしまうと台無しですからね。。

興味をもって質問する

会話をする上での基本は「相手に質問をする」ことです。
自分のことを知ってもらいたい気持ちはわかりますが、「俺は~」「私は~」と自分のことばかり話していては、相手は疲れてしまいます。

逆に、質問をすればあなたは何も話す必要がありません。
会話術を身につけなくても相手が勝手に話してくれるので、あなたは何も話す必要がないのです。(ちょっと極端ですが)

質問をする時のポイントは3つです。

  • 相手に興味をもって質問する
  • 一つの質問から会話を広げる
  • 質問攻めにならない

相手に対して興味をもてば、色々と聞きたくなってくるものです。
そしてひとつ質問をしたら、「へぇ、そうなんですね。」で終わらせずに、会話を広げます。

会話を広げることは難しくありません。
その内容に興味をもって、話に乗るだけで自然と会話は広がります。

「今日は何で来られたんですか?」 → 「電車です。」 → 「電車だったんですか!今日は土曜日だから人も混んでいたんじゃないですか?疲れませんでした?」といった感じです。

注意したいのは、決して質問攻めにならないことです。
会話を広げるのと質問攻めは少し違います。
「今日は何で来られたんですか?」 → 「電車です。」 → 「何電車ですか?」 → 「JRです。。」 → 「何分ぐらいですか?」 → 「30分ぐらい。。」このように、会話に途切れ途切れ感が出てしまうと、答える側は尋問でも受けているかのような印象を抱いてしまいます。

質問をして、そこからさらに質問を続けていくのではなく、一つ質問をして、その答えにノッていく(結果的に質問がかさなってもOK)ことが大切です。

会話の基本「てきどにせいりし」

なにを話せばいいかわからない。。。
こう考える人は多いですが、実は日常会話のネタには基本があります。
それが、「てきどにせいりし」です。

  • て:天気(晴れ、雨)
  • き:気候(暑い、寒い)
  • ど:道楽(趣味や好きなこと)
  • に:ニュース(時事問題)
  • せ:セックス(恋愛観)
  • い:田舎(出身、出身校)
  • り:旅行
  • し:仕事

上記を暗記しておくと、日常会話のネタを見つけるときに役立ちます。

会話のネタを用意していこう

「てきどにせいりし」の他にも会話のネタはたくさん見つけられます。
相手の前に行くと緊張してしまうわけですから、事前に話すネタを考えて、メモしておくと良いです。

「最近◯◯の映画流行っているけど見ましたか?」
「◯◯さんって会社や友だち同士ではどんなキャラなんですか?」
「流行りのドラマ」
「最近の失敗談」
「好きな芸能人やタイプの話」
「好きな食べ物の話」
「好きな音楽」
などなど。

考えようと思えばいくらでも思いつきますよね。
慣れないうちは、これらをお守りのようなものだと思って、しっかりとメモしていくことが大切です。

婚活トークは結構おすすめ

私が個人的におすすめしたい盛り上がりトークは「婚活相手と交わす婚活トーク」です。
このネタ、結構盛り上がります。

まず、婚活で知り合った相手を「彼女・彼氏候補」と見ずに、結婚相手を探している者同士の「婚活仲間」であると考えます。

そこで、婚活仲間である異性の相手と、婚活についての情報交換をするわけです。

  • 婚活をしようとしたきっかっけってありますか?
  • どんな婚活サイトを使っていますか?
  • これまで何人ぐらいの方とお会いしました?
  • 最初ってどこで会うことが多いですか?
  • 婚活で知り合った相手で変な人っていました?

もちろん、質問攻めにならないように「まじめに結婚を考えている婚活している者同士」だからこそできる会話を楽しんでください。

この「婚活ネタ」は、意外と盛り上がりますし、異性から聞いた情報によって、あなた自身の今後の婚活にも役立ちます。

沈黙をチャンスに変える

最後にもう一つ。
初デートで会話のネタがなくなっても、決して「沈黙を恐れない」でください。

沈黙になって焦って変なことを話してしまい、失敗するパターンは私自身も何度も経験しましたし、私の友人からもよく聞くので、よくやってしまう失敗の一つだと思います。

沈黙が起こっても、あなたは黙っていればよいです。
相手がそのうち話してくれますので(笑)

もう一つは「沈黙はチャンスに変えられる」ということです。
楽しい会話をしていて、突然黙るとちょっと真剣な雰囲気になりませんか?

沈黙の時こそ、相手の目をしっかり見つめてみてください。

男性なら、「相手を落としてやるよ」という気構えで。
女性なら、「相手に好き好き目配せをする」という感じで。

沈黙の時に「焦り」を見せずに、あえて「相手を見つめる」行動に出ると、そういう雰囲気が出ます。なんとなくお互いに恋愛感情が芽生えやすいムードになるわけですね。

考えて見てください。
デート中に5回、お互いを見つめ合う沈黙状態が続いたとしたらどうでしょう。
雰囲気よくないですか?

実は会話のネタが切れているだけなのですが、そう思わせないことによって「沈黙はチャンスに変わる」のです。

ぜひ試してみてくださいね。