ハートを持つ女性

好きな男性ができたら、女性から告白したいと思うこともあるかと思います。

素敵な男性だとなおさら、他の人に取られたくないという気持ちもあり、自分からの告白を考えてしまいます。

女性から告白されることに対する男性の感じ方はいろいろですが、一般的な男性心理を分析することはできます。

今回は、女性からの告白の成功率を上げるため、場所タイミングなど気をつけるべきポイントを3点まとめました。

女性からの告白がありかは賛否両論

笑顔の男性

女性からの告白について、男性の意見は実は賛否両論だったりします。

素直に「嬉しい」と言う人もいれば、「男からするべきだと思うから待ってほしい」という人もいます。

ただし、前者の「嬉しい」という感情は、「自分に自信がつく」という意味の嬉しさの場合もあります。

その場合は、嬉しさがあなたに向いていないので、告白をOKするかどうかは別問題になります。

実際、女性からの告白をOKするかどうかについては、「好きじゃなかったら付き合わない」と思う男性もいます。

豆知識:狩猟本能がある男性心理

走る男性

男性には、獲物を捉えたいという狩猟本能が根底にあります。

恋愛においてもそうで、好きな女性を手に入れたい手が届かないものを追いかけたいという心理があります。

どんなに奥手で草食系な男性でも、大昔に男性が狩りをして女性を守っていた時からのDNAが残っており、控えめながらも頑張ってアプローチをする人が多いです。

そういう意味では、もし気になっていた女性から告白されると、獲物が簡単に手に入った状態になってしまいます。

すると、あなたという女性の価値を低く感じてしまう可能性が出てきます。

なので、もし女性から告白してOKしてもらっても「こんな私と付き合ってくれた」という自分を下げる考え方をするのは禁物です。

男性は余計に「釣った魚に餌をやらない」状態になってしまいます。

女性からの告白の成功率を上げる3つのコツ

このような男性心理を踏まえると、当たって砕けるつもりで告白すると、本当に玉砕してしまう可能性が大きそうです。

よって、なるべく成功率を上げるために下記3点を押さえることをおすすめします。

■女性からの告白の成功率を上げるポイント

  1. 前もって脈ありだと感じさせる
  2. 電話やラインではなく、会って告白する
  3. 二人きりで雰囲気の良い場所で伝える

告白する前から「あなたのことが好き」オーラを出して、ちゃんと場所やタイミングを見て告白すると、成功率は上がります。

前もって脈ありだと感じさせる

笑顔の女性

まず、いきなりサプライズのように告白するのではなく、前もって好意を持たれていることを自覚してもらう方が良いです。

そういう意味では、告白する前にデートを2~3回は重ねておくと良いです。

1回目のデートで男性も楽しかったと感じてくれていれば、2回目のデートもできると思います。

そこで1回目のデートより少し距離が縮まれば、男性は「もしかして、俺のことが好きなのかな?」と、脈を感じ始めます。

たとえば、1回目のデートが男性から誘ってもらったなら、2回目は女性から誘ってみても良いと思います(→女性からデートに誘う方法)。

ニコニコと笑顔で話したり、「そういうところ、素敵」と褒めたりと、好きの気持ちが届くようなデートを心がけます。

電話やラインではなく、会って告白する

向き合う男女

告白は、電話やライン、メールなどではなく、面と向かって言うのが一番です。

会って目を見て告白すれば真剣度も伝わりますし、緊張しても頑張って告白しているという熱も伝わります。

女性は恋をしていると瞳孔が開き、目がうるんで見えるのでいつもより可愛く見えます。

脈ありかも…?と思っていた女性から目の前で告白されると、その女性がさらに可愛く見えてドキドキします。

電話やラインだと、その姿が見えないだけでなく、真剣さも伝わりにくいので、断りやすくなります。

二人きりで雰囲気の良い場所で伝える

海辺デート

女性から告白する時も、男性から告白するときと同じく、二人きりになれる場所が望ましいです。

電車の中など、他の人にも聞こえる場所で告白したら周りの目が気になりますし、空気が読めない女だと思われてしまうかもしれません。

また、告白をするために雰囲気の良い場所に行くと、男性も「こんな良いムードの所に来るってことは、やっぱり脈ありだよな…?」と期待します。

その通り、期待を持ってもらえるのが望ましいです。

告白を断られたら

泣く女性

もし残念ながら告白して断られた時、それまでどのような関係だったかによって取るべき対応は変わってきます。

大きく分けると、友達関係が長かった男性だった場合と、知り合って間もない男性の場合です。

友達関係が長かった男性

たとえば、友達として仲良かった男性だった場合は、友達に戻りたいと考える女性も多いと思います。

その場合は、告白を聞いてくれたお礼と、今まで通り接してほしいということを素直に言うことをおすすめします。

■友達に戻りたい時の返事(一例)

忙しい中、時間を取ってくれてありがとう。私は今までの友達の関係に戻りたいと思っているから、明日からいつも通り接してくれたら嬉しい

というように、悲しい気持ちを押さえて誠意のある言葉を伝えると、しっかりした女性だと思ってもらえます。

もし、友達と割り切るのが苦手な場合は「しばらくは私の気持ちに整理がつかないかもしれないけど、またいつも通りお話したい」と、断っておいても良いです。

告白は、断られた方が傷つくのはもちろんですが、断る方も心を痛めるものです。

それでも「聞いてくれてありがとう」「これからもよろしく」と言ってもらえると、断った男性も救われる思いになります。

知り合って間もない男性の場合

ペアーズなどの婚活サイトで知り合った男性や、知人の紹介で知り合った男性は、告白を断られると会わなくなるケースも多いです。

その場合も、誠意ある対応をしたいところです。

ここでも忘れたくないのは、告白を聞いてくれたことに対するお礼です。

■告白を聞いてくれたお礼(一例)

忙しい中、時間を取ってくれてありがとうございます。ご縁がなくて残念ですが、親切にして頂けて嬉しかったです。

○○さんに合う方と幸せになられることを陰ながら願っています。」

特に、アラサー以上の女性の場合は、大人の女性らしく凛として別れるのが良いと思います。

冒頭で説明したとおり、男性は手が届かないものを追いたくなる心理があります。

「悪い人じゃなかったし、断った時も大人だったな…」と後ろ髪が引かれる思いをすると、可能性が低いとしてもまたデートに誘ってもらえるかもしれません。

「少し待って」と返事を保留されたら?

謝る男性

告白をすると、まれに「返事を待ってほしい」と言われることがあります。

この場合、待っても良いのですがいつまでに返事をくれるかを確認することをおすすめします。

いつでも良いから」というと、男性の都合優先になり、あなたの価値が下がってしまいます。

男性が「いつになるかわからない」と濁したとしても「1週間で返事がもらえなかったら諦めます」と、こちらから期限を切ってしまいます。

告白の返事というのは、長引いても良いことはありません。

それに、女性側からいつまでに返事がなければ諦めるという潔い姿勢を見せると、「ここでOKしないと逃げられてしまう」という狩猟本能をくすぐります。

男性が五分五分で迷っていた場合、そこであなたを追いかけてくれる可能性がわずかでも上がります。

次は、誠意ある男性の見分け方に関する記事です。