サイフ

30代になると身に付けるものにもこだわりたくなってきますよね。

「男性は30代が一番モテる」とよく言われますが、その理由は大人の風格が出てくる年齢だからだと思います。

普段から身につけたり持ち歩くアイテムの一つとして財布がありますが、お会計時・デートの時、通勤途中など財布は何かと相手の目に触れるものです。

例えばデートの支払いをする時に、かっこいいブランドの革財布がスーツのポケットから出てくると、特に若い女性に「大人っぽくてかっこいい」と感じてもらえると思います。

一方で、会計の時に安っぽい財布が出てくると、楽しい食事の雰囲気を忘れて、相手は一気に冷めてしまうかもしれません。

では、30代になったら男性はどのブランドの財布を持てば良いのか。20代・30代の女性500人に「30代男性に持って欲しい財布のブランド」について聞いてきました。

30代男性が持つべき女性受けするブランド財布ランキング

女性に30代男性に持って欲しい財布のブランドを聞いた結果、人気のブランドは以下のようになりました。

1位:GUCCI(グッチ) 57票

グッチの財布

女性の支持が最も大きかったブランドはGUCCI(グッチ)でした。全体の10%以上の女性が、30代の男性にGUCCIの財布を持って欲しいと回答しています。

グッチはイタリアの革ブランドで、バッグを中心に様々な製品を手がけています。現在はフランスの大手「ケリンググループ」の傘下となっており、3位にランクインしているボッテガ・ヴェネタも同じグループのブランドです。

グッチの財布は8万円前後で購入できます。

2位:LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 52票

ヴィトンの財布

同じく10%以上の女性が支持したのがLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)。知名度の高さでは圧倒的No.1のフランス最強ラグジュアリーブランドです。

ルイ・ヴィトンは支持している女性が多い一方で、「ヴィトンは嫌、モノグラムは嫌」という意見もかなりありました。良い意味でも悪い意味でも、知名度が高く大衆化しているということでしょうか。

メンズ用の財布には、シンプルが革財布もあるので、選ぶのであればそういったものの方が女性には好まれると思います。

ルイ・ヴィトンの財布は9万円前後で購入できます。

3位:BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ) 44票

ボッテガ・ヴェネタの財布

グッチやルイ・ヴィトンには劣りますが、根強い支持を獲得したのが、イタリアのBOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)です。

独特の編みこみの入った革財布が特徴的で、ブランドロゴなどが入っておらず、「シンプルだけどオシャレ」というのが女性に選ばれるポイントなのかもしれません。

ボッテガ・ヴェネタの財布は10万円前後で販売されており、少し高めの価格設定です。

4位:Paul Smith(ポール・スミス) 43票

ポール・スミスの財布

遊び心のあるデザインが印象的なPaul Smith(ポール・スミス)の財布も人気です。

ポール・スミスはラグジュアリーブランドというよりは、オシャレ度の高いイギリスのブランドという印象で、製品もユニセックスよりは男性向けのものが多いと思います。そういった意味では、男性が持つにふさわしいブランドと言えそうです。

ポール・スミスの財布は2万円前後で買うことができ、ZOZO TOWNのような通販サイトでも取扱があるので、入手しやすいと思います。

5位:BVLGARI(ブルガリ) 13票

ブルガリの財布

1位~4位と比べると得票数がガクッと落ちますが、イタリアのブランドBVLGARI(ブルガリ)の財布を持って欲しいという女性も多かったです。

ブルガリはLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループの傘下となっています。

元々が革製品のブランドではなく高級宝飾品のブランドとして発祥しているため、財布やバッグというよりは時計や香水の印象が強いかもしれません。その辺りが票数に現れたのでしょうか。

ブルガリの財布は6万円前後で買うことができます。

同列5位:PRADA(プラダ) 13票

プラダの財布

PRADA(プラダ)はイタリアのアパレル・革製品ブランドで、どのグループにも属していない独立系のブランドです。

傘下にmiu miu(ミュウミュウ)などのブランドがあることからも、主に女性によく知られているブランドといった印象です。

財布の販売価格は8万円前後、やはりそれなりのお値段になりますね。

女性からは「長財布」が評判

長財布

財布を選ぶ時にまず最初に考えたいのが「二つ折り」か「長財布」のどちらにするかということですよね。

私自身、二つ折り財布が好きなので、いつも二つ折りを探すのですがお店の店員さんに聞くと「長財布を選ぶ人が9割」というぐらい、二つ折り財布は人気がないです。。。

女性の意見を聞いてみても、「長財布を持って欲しい」という方が多いです。

■長財布が良いという女性の意見

・長財布であればどのブランドでも良い。

・スマートなデザインの長財布を持っていると格好いい。

もし、普段かばんなどを持ち歩く習慣があるのであれば、長財布を選ぶのが良いと思います。

ブランドによっては二つ折りをほとんど作っていないところもあり、探すのも中々苦労します(ちなみに私はかばんを持ち歩く習慣がないので、二つ折りにこだわりたい派です…)。

買ってはいけない、女性ウケの悪いNG財布

女性支持率が低い

ブランドにはこだわらないという意見もたくさんありましたが、逆に「こういう財布の男性は嫌」という口コミもたくさんいただきました。

あくまでも一人の女性の意見となりますが、買ってはいけないNG財布としてまとめます。

■女性から不評な財布に関する声

ボロボロのは嫌です(32歳 鹿児島)

・ブランドと一目でわかるものは、成金のようで好きではありません。(37歳 福岡)

・落ち着いた革の財布がいい。布は嫌だ(33歳 愛知)

・ブランドじゃなくても良いが、マジックテープは論外(29歳 北海道)

・マジックテープのものはちょっとビックリします。(33歳 千葉)

・マジックテープは嫌です。(34歳 北海道)

・こだわらないけど、ナイロンは嫌(36歳 青森)

・ポーターなどシンプルでちゃちくないもの。ブランドモノグラムは嫌(30歳 大阪)

ブランド財布の代表的なモデル「モノグラム」は嫌だという意見がいくつかありました。

しかし調査結果を見ていると、おそらくモノグラムという柄そのものではなく、ブランドロゴが全面に押し出されたデザインがNGなのだと考えられます。

また、女性受けが決定的に悪いのがマジックテープナイロン製の財布です。

「マジックテープ+ナイロン」と言えば、代表的なのはポーターの財布です。

子供っぽい印象になり、大人の男性としてふさわしくない印象を与えてしまいます。

女性ウケの良い素材はなので、30代になったら革の財布を1つは持っておきたいところです。

高いブランド財布が買えなくても、シンプルな革財布をきれいに使えば、最低限ネガティブな印象を与えることは避けられます。

シンプルなノーブランド財布でもOKという声も

デート中の女性

アンケートに協力してくれた女性の中には、「ブランドにはこだわらない」という意見もありました。

ただし、財布はなんでも良いというわけではなく、大人の男性にふさわしい、ちゃんとした財布を持っていてほしい、という女性の思いがあるようです。

前述のNG財布の条件を避けて、革のシンプルな長財布を持っていれば、ひとまずネガティブな印象は与えずに済みそうです。

■男性の財布のブランドにはこだわらないという女性の意見

・ブランドにはこだわらないけど革財布を持って欲しい

・どこでもいいけど上質なブランドがいい

・シンプルでひと目見てブランドとわからないものがいい

ブランドだけどあまり目立たないデザインのものがいい

・ブランドよりも財布を綺麗に使っているかどうかが気になる。

中には、一目でブランド物だとわかる財布に対して、少し苦手意識がある女性もいました。

実際に複数の女性に話を聞いてみると、派手なブランド財布を持つ男性には「浪費家かもと疑ってしまう」「自己顕示欲が強そう」という、ネガティブイメージを持つとのことでした。

男性がブランドロゴが目立つバッグを持った女性に対して感じる印象と同じだと考えると、イメージが湧きやすいと思います。

また、ブランドだけでなく財布を綺麗に使うことも重要です。

ボロボロのブランド財布を使うぐらいなら、ノーブランドの財布をキレイに手入れして使っている方が好印象を与えます。

汚い財布を使っていると、どんなに服装がしっかりしていてもだらしない男性だというマイナス評価になってしまいます。

大人の男性にふさわしい財布を持つ

スーツの男性

これらの女性の口コミから、30代男性が持つべき財布のポイントをまとめると、下記のようになります。

■30代男性が財布を選ぶポイント

  • 素材は革
  • ブランドが一目で分かる派手なデザインは避ける
  • 上質な物を持つ
  • 清潔に使う

上記に気をつけていれば、ブランドは特にこだわらないという意見も多かったです。

あえて女性支持率が高いブランドを選ぶとするならば、得票数1位だったグッチをおすすめします。

ただし、グッチの財布にも様々なデザインがあるので、比較的シンプルなものを選ぶようにすれば安心です。

ブランドロゴが主張しているものは避けておくほうが無難でしょう。

財布以外にも、女性受けの良い腕時計を選ぶ際の基準も似ています。

女性の目につきやすい腕時計も、大人の男性にふさわしいものを身につけることが大事です。