カップル

今ではほとんどのカップルが、LINE(ライン)でやりとりをしていると言っても過言ではありません。

メールに比べて短文スタンプだけの返信がしやすいので、気軽に会話ができて便利です。

そこで今回は20代・30代の女性500人を対象に、彼氏と1日に何回LINEをしているのかをアンケートで聞いてみました。

その結果、一番多いのは1日5往復以上やりとりをするという回答でした。

彼氏との1日のLINEは5往復以上が多い

調査結果

調査の結果、彼氏とのLINEのやり取りは5~10往復が突出して多かったです。

■付き合っている男性との1日のLINEのやりとりは?

  • 1往復 25人(5.0%)
  • 2~3往復 181人(36.2%)
  • 5~10往復 207人(41.4%
  • 10往復以上 87人(17.4%)

2番目に多かったのは、1日に2~3往復。3~4人に1人は、ラインを1日2~3往復していました。

「1日1往復しかやり取りをしない」と回答したのは全体の5%と少数派で、むしろ10往復以上する方が断然多かったです。

長く付き合ううちに、1日5~10往復に落ち着く説

不安そうな女性

一般的には、女性の方がラインでのコミュニケーションを好み、男性の方はおっくうに感じるパターンが多いです。

最初からお互いのラインのペースが同じというのは少なく、だんだんお互いの理想のペースの中間くらいになっていくようです。

つまり、付き合ってからLINEの回数が増えるカップルと減るカップルがいるものの、最終的に5~10往復に落ち着くカップルが多いのだと思います。

二人にとってちょうど良いペースを見つけてキープしていくと、交際もラインコミュニケーションも長く続きます。

たとえば、返信をしていない間にラインメッセージを連投(「返事ないけど、忙しいのかな?」「今何してる?」など)すると、重く感じて相手への不満が積み重なってしまいます(→重い男の特徴について)。

ラインの短文・長文派のギャップを埋める

吹き出し

ラインの文章の長さによっても、1日の往復回数は異なります。

短文派はラインの往復回数が多い長文派はラインの往復回数が少ない人が多いと思います。

軽い文章をこまめに交換するのが楽だと感じる人は、サクサク返信できるので必然的にやりとりの回数が増えます。

逆に、長文でしっかりとした内容を送ってくる人は、1日の往復回数は減ります。その代わり、メッセージの内容をしっかり考えて送るので、1回1回のメッセージの内容は濃いです。

相手の返信ペースに合わせるだけでなく、文章の長さも歩み寄っていくとお互いの負担が少なくなります。

たとえば、相手が短文で返信が早いタイプなら、こちらも短い文章で返信してもネガティブな印象にはなりづらいです。むしろ、短文で送った文章に対して、毎回長文で返信されると重く感じてしまいます。

逆に、相手が長めの文章で返信するタイプなら、自分も少し多めに話題を盛り込めば返信が遅くなっても気になりません。短文の返信しかしないと「そっけない」「つまらなさそう」と受け取ってしまうかもしれません。

よくある「返信が早い彼女・遅い彼氏パターン」

考えるカップル

もちろん人それぞれですが、女性は返信が早く、男性は遅い人が多いようです。

前述の通り、男性の方がメッセージコミュニケーションが苦手・面倒に感じる人が多いので、返信をすぐに返す女性とは返信イメージのギャップが生まれるケースも少なくありません。

もちろん脈なしで返信が遅い男性もいますが、悪気がない人も多いので難しいところです(→男性のライン返信が遅い理由とは)。

彼女の返信が早いと感じたら、「筆不精なんだ」「仕事が立て込むとすぐに返信できない」とちゃんと伝えて、意識のすれ違いを防ぐ必要がありそうです。

彼氏に「早く返信してほしい」とお願いする彼女は、「ずっとラインで連絡を取り合っていないと不安」という心理状態になっている場合が多いので、不安を取り除いてあげると返信を急かさなくなる場合もあります。

しかし、返信を急かす女性は恋愛への依存傾向も強いパターンも多いので、その場合はすぐに解決しないこともあります。

あまりにも彼女の返信プレッシャーが負担になっている場合は、真面目に相談するのが良いと思います(→重い女の特徴、直し方)。

しかし、最近はフルタイムで働く女性が増えてきた影響から、返信を急がない女性も少しずつ増えています。

彼女のLINE返信が遅いのは仕事のせいかも

携帯を持つ女性

正社員でキャリアを積む女性などの中には、スマホを触らない時間が長い人もいます。

仕事をしている時や資格勉強の時、誰かと対面で話している時などにはスマホを見ないようにしている女性も多いです。大人のマナーとも言えます。

そういう意味では、最近は片時もスマホを手放さない女性と、スマホを触らない時間も持っている女性が二分化していきているのかもしれません。

もし彼女の返信が遅い時があっても、仕事などで忙しい場合があるので、「女の人って返信早いものじゃないの?」と決めつけないように気をつけましょう。

管理人(30代男性)の意見

スマホを持つ男性

■相手を思いやって、返信ペースに合わせるよう心がける

管理人(30代男性)は、相手に合わせてラインの回数を調整するようにしています。

相手が4時間に1回ペースで返してきたらこちらも同じ程度のペースで返すよう心がけますし、1日1往復の返信だったらこちらもそのペースで…という感じです。

ラインが好きな人もいれば苦手な人もいるので、前述の通りお互いの丁度いいペースを見つけることが大切だと思います。

ちなみに私自身は、1日1~3往復ぐらいが心地良いと感じます。

今回の調査結果を見て、「みんなたくさんLINEしているんだな」と驚きました。

ライター(20代女性・フルタイム勤務)の意見

スマートフォンを操作する女性

■お互いに無理のない返信ペースで、長く楽しみたい

私(20代女性ライター)は、1日2~3往復になることが多いです。

日中の仕事中はラインの返信をしないので、平日は朝の出勤中夕方の帰り道寝る前という3往復が、ちょうどいいと感じるペースです。

仕事の合間にラインチェックをしやすい職種の女性や、帰宅後にもスマホを頻繁に触る女性は、5往復以上のやりとりもできると思います。

個人的には、アンケートで最も多かった「1日5~10往復のラインやりとり」は、とても多く感じます。

だって、1日24時間の中で、睡眠や入浴などスマホを触れない時間が9時間あると考えても、約90分に一往復のラインが飛び交っている計算になるわけですから…

メッセージでのコミュニケーションが好きな女性、スマホでたくさんおしゃべりしたい女性が多いんだなと少しびっくりしました。

次は、ラインで弾む話題と避けた方が良い話題(婚活女性向け)に関するコラムです。