女性

女性があなたと付き合うかどうか、どの部分を重視して判断しているか気になりませんか?

もし告白した相手にフラレてしまったとして、なぜ自分はフラレてしまったのか?

なぜ自分は選ばれなかったのか、気になる男性の方も多いと思います。

しかし、フラレたからといってその理由を女性に聞いてしまうのはマナー違反です。

あなたが振られてしまったのには理由があるはずですが、その原因は自分自身で見つけなければなりません。

アラサー婚活Webでは20代・30代の女性500人にアンケートを実施し、男性と付き合うかどうかを決める女性心理について調べてみました。

もっとも重視されるのは性格と価値観

価値観の合うカップル

付き合う相手を選ぶ時、性格と価値観が重要だと考えている女性が多かったです。

「価値観の違いで別れた」という話はよく聞くのは、本当のようです。

■女性が重視する価値観

家族になれるか。その場合性格や収入面で最低限自分が合わせられるかどうか。(36歳 東京)

性格金銭感覚が合うかどうか(26歳 宮城)

・ずっと一緒に暮らしていけるかなど、性格の相性。(30歳 茨木)

・私は3高は全く重視しません。優しさが感じられるか、価値観が合うかの方が重要。(28歳 大阪)

・自分とは意見や価値観が違う人のことも認める柔軟性があるか。(29歳 愛知)

一言に「価値観」と言っても、女性によって重視するポイントには違いがありました。

の価値観を重視する人もいれば、金銭感覚趣味が合うかどうかを重要視する人もいました。

その中でも特に多かったのは、一緒にいて楽しいかという回答です。

具体的には、フィーリングや話が合うかどうかということです。

無理に相手の趣味に合わせなくていい

デートするカップル

余談ですが、一緒にいて楽しいと思って欲しいからと言って、相手の趣味に合わせる必要はないと、私は考えています。

優しい男性は特に、相手の女性に楽しんでもらいたいと思って、相手の趣味にマッチするデートを企画することが多いです。

例えば、気になる女性がスポーツ観戦が好きだから、あなた自身はスポーツに全く興味がないのにスポーツ観戦デートに誘う、などです。

実はこれは逆効果です。

「いつもは楽しいスポーツ観戦なのに盛り上がれなかった…」と思ってしまうことが多く、「この人といても楽しくない」と思われてしまうリスクがあります。

無理に相手の趣味に合わせる必要はありません。

たとえば、あなたが美術館が好きなら、相手の女性が美術館に行ったことがなくても「美術館デート」に誘ってみて良いと思っています。

女性はあなたに好意があれば、初めて行くデートスポットでもまずは来てくれると思います。

そして、非日常の体験を通して「この人は私の知らない世界を知っている」とポジティブに感じてもらいやすく、良い雰囲気でデートができる可能性が高いです(→おすすめのデートスポットについて)。

価値観を無理に変える必要もない

ベランダに居るカップル

性格も価値観も相性の問題なので、あなたにも女性にも否がない場合もあるのが難しいところです。

価値観とは、何年もかけて形成される自分自身の考え方の軸です。

自分磨きなどをして考え方が変わることはありますが、根本的な価値観も変えるのはとても時間がかかりますし、価値観を無理に変える必要もないと思います。

どちらかと言うと、異なる価値観を認めることができる器を持つことが大切です。

特に、彼女と結婚を考える際は、男女の結婚感の違いをすり合わせていく必要があります。

価値観は相性が大事ですが、全く同じ価値観の女性は存在しません。

お互いが歩み寄って、認めあっていくことが大事です。

金銭感覚はとても大事

金銭感覚

相手を選ぶ時のポイントとして、金銭感覚が合うか?を重要だと考える人も多かったです。

■女性が重視する金銭感覚

食事金銭感覚などの価値観が一致するか(25歳 千葉)

・お金の使い方や借金がないかどうか(30歳 京都)

・お金の使い方やちゃんと仕事をしているか(22歳 東京)

借金はもってのほかですが、ちゃんと働いていて、さらに浪費家ではないかというのは、会話の中で見極めています。

倹約家=お金が管理できる、コントロールできるということになるので、結婚後も堅実に暮らせるというプラスイメージになります。

また、金銭感覚が最もよくわかるのは、食事を奢るかどうかです。

結論からいうと、奢ろうとして損はならないです。

確かに、「奢って欲しいと考える女性」と「割り勘が良い女性」はどちらもいます。

最初から奢ろうとすれば、割り勘派の女性は「割り勘にしましょう」と言ってくれますし、奢ってほしい女性は「ありがとう」と素直に奢られてくれます。

最初から割り勘にすると、後者の女性から「ケチ」「器が小さい」と思われて、マイナスイメージになってしまう危険があります。

女性にとって、倹約家とケチは別物です。

そして奢るという行為には、「楽しい時間を過ごさせてくれてありがとう」「忙しい中、僕に付き合ってくれてありがとう」という誠意を示す意味もあります。

誠意を感じる奢り方をすれば、しっかりした女性はちゃんと返してくれます(→誠意がある男性とは)。

自立した男性かどうかも無意識に見ている

カップル

価値観や金銭感覚といった主なポイント以外にも、さまざまな意見がありました。

■その他、女性が重視するポイント

ストレス耐性が非常に強くタフかどうか。(29歳 北海道)

・話をよく聞いて、誠実に反応してくれるか(31歳 静岡)

将来のことを具体的に考えているか(27歳 京都)

食事のマナー。音を立てて食べたり、米粒を残すのはナシ(38歳 東京)

優しさ。家族や友達、他人に対して気遣いをしたり優しさを持って接することができるか(32歳 千葉)

全体的な印象としては、自立した大人であることを求めていると感じます。

「今さえ良ければいい」という考えではなく将来のことも考えてる、ストレスに強く向上心があるなど、ずっと一緒にいる上で信頼できるかどうかを見ています。

たとえば、女性に不評なマザコン男の何が不人気かというと、自立していない、受け身な姿勢です。

女性は男性より結婚を意識するのが早いので、結婚した後に苦労しそうだと本能的に感じた男性は、対象外にしやすいです。

特にアラサー以上の女性の多くは、新たに男性と付き合うとなると結婚を意識します。

大事なのは、人間力と相手を思いやる気持ち

背中合わせのカップル

お目当ての女性と付き合う際は、自分ではどうしようもない相性という要素はもちろんあります。

あまりにも相性が合わない場合は、次の恋愛に進んだ方が良いシーンも確かにあります。

しかし冒頭で説明したとおり、価値観は直すものではなく歩み寄るものです。

そういう意味では、女性と付き合うために大事なのは、自分と違うものも受け入れられる人間力と、相手の気持ちを尊重する思いやりとも言えます。

似てない者同士のカップルは、まさにこの2つの力が長けていると言えます。

そして、自分が持っていないものを持っている相手を尊敬し、2人でお互いが足りないものを自然と補い合うという、素敵な付き合い方をしているのだと思います。

本当に好きな相手を思いやり、価値観を理解しようとする力があるかどうか、女性はあなたのさまざまな言動から判断しているのです。

これさえ直せば付き合うことができる」というものがないのは難しいところですが…

上記で紹介した、女性が男性と付き合うか判断するポイントの中で「足りていないかも」と感じた点は、少しずつ改善していくと良いと思います。

次は、女性に告白するタイミングについてのコラムです。