パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、規模こそ大きくありませんが、最近急成長していることで有名な結婚相談所です。
東京圏限定の会員募集からスタートし、その手厚いサービスが口コミで広がり、「大阪」「名古屋」「福岡」にも支店が誕生しました。

結婚相談所としてのサービスやていねいさでは、パートナーエージェントの評判は高く、成婚率も高いと言われています。

また、『パートナーエージェントはアラサー男性にとって非常に有利な結婚相談所』です。その理由は後述します。

パートナーエージェントのデメリットをあげるとすれば、まだ支店数が少ないので、北海道や東北など、地方の会員は募集していない点です。
東京、大阪、名古屋、福岡などの都市部にお住まいの方は、迷わず候補に入れていい結婚相談所だと思います。

主な特徴

料金プランは4つ コンシェルジュコースの人気が高い

パートナーエージェントには4つの料金プランがあります。
中でも最もスタンダードな「コンシェルジュコース」は評判がよく、人気が高いコースです。

パートナーエージェントでは、一番最初に必要な料金が131,250円必要です。
登録料(31,500円) + 初期費用(99,750円) = 131,250円

これに加えて、各コースの月会費が発生します。

さらにパートナーエージェントでは、無事に結婚に至った場合(成婚した場合)にのみ、成婚料52,500円が発生するシステムです。

結婚相談所の料金設定としては普通からやや高めの料金設定ですが、それでも多くの方がパートナーエージェントを支持するのは、やはり専任コンシェルジュのシステムが優れているからでしょう。

■コンシェルジュワイドコース
コンシェルジュコースに加えて、「日本結婚相談所連盟」に登録している会員のデータベースにアクセスできるコースです。
日本結婚相談所連盟では、全国に39,000名の婚活中会員がおり、その中から自分にマッチした人を探し、アプローチできます。
コンシェルジュコースでアドバイスを受けながら、さらに自分からも積極的にお相手を探したい人向けのサービスです。

月会費:19,950円

■コンシェルジュコース
パートナーエージェントのスタンダードコースで、一番人気が高いコースです。
専任のコンシェルジュがあなたを総合的にサポートし、成婚までアドバイスをしてくれます。

口コミなどによると、このコンシェルジュの対応やレベルがパートナーエージェントはとても良いとのこと。

月会費:16,800円

■ダイレクトコース
専任コンシェルジュによるサポートはありますが、一部メニューを省いたサービスです。

月会費:13,650円

■イベントコース
主にイベントやパーティーへの参加を紹介するコースです。
最も安いコースですが、コンシェルジュサポートがつかないので、パートナーエージェント本来の質の高いサービスは受けられません。

登録料:31,500円
月会費:5,250円
※初期費用99,750円・成婚料52,500円は必要ありません

1年以内に成婚する人は60%

入会から成婚までのグラフ

パートナーエージェントは、その高い成婚率が魅力です。
データによると、パートナーエージェントを通じて成婚に至った会員の60%が、入会後1年以内に結婚を手にしているとのことです。

また、1年半(18ヶ月)以内に結婚に至った人は89.2%にものぼります。

アラサーからの支持率No.1

アラサーからの支持率No.1

パートナーエージェントでは、アラサー世代の方や30代の会員がたくさん入会しています。
オリコンランキングの「2011年度結婚情報サービス30代部門」において2年連続でNo.1の支持率を獲得しているとのこと。

で、どんな人が活動してるの?

パートナーエージェント会員属性についてまとめました。

最終学歴は女性は少し高め

会員の最終学歴グラフ

会員の最終学歴を表したグラフです。
男性・女性とも高卒の会員が一定割合いることから、入会資格は比較的ゆるめであるとわかります。

男性の学歴は高くもなく低くもないという印象です。
しかし、女性会員に目を向けてみると、大卒と大学院卒の会員が約60%を占めます。
このことから、パートナーエージェントの女性会員は、一般的な女性よりもやや高めの学歴の人が多く集まっていることがわかります。

年収600万円以上の男性会員が全体の約50%を占める

会員の年収グラフ

会員の年収を表したグラフです。
男性会員の中で最も多いのが年収400万円~600万円の会員です。
これは一般的な比率をそれほど変わらないと思います。

注目したいところは、男性会員の約50%が年収600万円以上だということです。
やはり、結婚相談所はそれなりの活動費用を払っていけるだけの経済力を持ちあわせている人が集まる場所なので、著しく年収が少ない男性会員は少ないです。

年収1000万人を超える男性も8%、女性は2%程度います。
パートナーエージェントの会員数は約5,600名程度なので、男女合わせて560人近い会員の方が年収1000万円以上を稼がれていることがわかります。

年配の男性に人気の結婚相談所だと判明

会員の年齢グラフ

会員の年齢グラフを見てみると、やはりアラサー世代の30歳前後から40歳程度が一番会員数が多いことがわかります。

注目したいのは、46歳以上の男性会員が全体の15%を占めるのに対して、女性会員は1%しかいないということです。
このことから、パートナーエージェントは年配の男性に人気の結婚相談所だということがわかります。

このグラフの利用方法として1つ、おすすめの方法をご紹介します
男性女性ともに、できれば同じ世代の異性と結婚したいと考えている人は多いはずです。

そこで、自分と同じ世代のグラフを見て、男性会員とと女性会員のどちらが多いか?に注目します。

もしあなたが33歳男性の場合、グラフを見ると男性会員21%に対して女性会員が33%です。
ということは、同じ世代の異性と結婚したいなら、女性会員が10%程度多いパートナーエージェントであれば、ライバルが少なく断然有利に婚活ができることになります。

30代前半のアラサー世代は全体的に女性会員の数が上回っています。
このことから、『パートナーエージェントはアラサー男性にとって有利な結婚相談所』だということがわかります。

入会までの流れ

入会までの流れ

ブライダルネット
婚活サイト・結婚相談所の口コミと評判
婚活・恋愛テクニック
運営者情報

パートナーエージェント