パートナーエージェント

パートナーエージェントは、結婚相談所を運営する上場企業です。

東京圏限定の会員募集からスタートし、現在は全国規模の結婚相談所へと拡大しました。

パートナーエージェント最大のメリットは、「コンシェルジュ」というアドバイザーの手厚いサポートと、成婚率の高さです。

定期面談を行うなど、常に寄り添いながら成婚まで導いてくれます。コンシェルジュは200時間以上の研修を受けていて、サポート力の高さも評判です。

会員をひとりにしない仕組みがあるので、業界トップクラスの成婚率が実現できているといえます。

6割以上の会員は1年以内に成婚し、効率的に婚活を進めています。たとえば、入会してから交際までの期間は平均2.3ヶ月と、交際スピードも早めです。

会員層は、30代会員が多いアラサー・アラフォー中心です。一般的に結婚適齢期といわれる、世代同士が結婚しやすい結婚相談所です。

▼資料請求はこちら(無料)▼

料金プランとサポート内容

コンシェルジュ

パートナーエージェントの基本の料金プランは、2種類あります。

専任の担当コンシェルジュがつく「コンシェルジュコース」と、担当コンシェルジュはつかず自分でお見合い申し込みをする「コンシェルジュライトコース」です。

ほとんどの会員は「コンシェルジュコース」を選んでいます。3ヶ月に1度の定期面談が可能で、毎月6通の紹介書を受け取れます。

※料金表記はすべて税別です。

■コンシェルジュコース

専任コンシェルジュのサポートを受けながら活動できるスタンダートなプランです。

  • 初期費用:125,000円
  • 月会費:13,000~16,000円
  • 成婚料:50,000円

■コンシェルジュライトコース

アドバイザーとの面談や紹介書はなく、自分で会員にアプローチするサービスのみ利用するプランです。

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:11,000~13,000円
  • 成婚料:50,000円

※東京・名古屋・大阪エリア限定のコースです。

月会費はエリアによって若干違いがあります。地方で入会した人は、料金が安めに設定してあります。

例:コンシェルジュコースの月会費…新宿店は月16,000円、水戸店は月13,000円

入会者が最も多いコンシェルジュコースでは、パートナーエージェントの強み「コンシェルジュのサポート力」を実感できます。

まず入会すると、2時間に渡るコーチングインタビューやEQテストを受けます。その結果に基づいて、一人ひとりを手作業でマッチングし、毎週マイページに紹介書を送ります。

パートナーエージェントのマッチングは、機械的なマッチングだけでなく、コンシェルジュの手も加わるのが特徴です。

EQ診断や、成婚実績に基づくAI分析にくわえて、コンシェルジュ同士でマッチングの相談をする場合もあります。

コンシェルジュ同士が「この2人は合う」と判断した異性も紹介してもらえるので、出会いの幅が広がります。

相手とのお見合いや交際の間も、相手に聞きにくいことをコンシェルジュ経由で確認してもらえ、常に寄り添ってサポートしてもらえます。

コンシェルジュコース活動中は、3ヶ月に一度の定期面談で活動フィードバックを受け、改善ポイントも確認できます。

費用が最も安いのは「コンシェルジュライトコース」は、専任担当のコンシェルジュがつかず、定期面談もありません。

パートナーエージェントを中心に展開する結婚相談所ネットワーク「コネクトシップ」の会員に、自分からお見合いを申し込むプランです。

身元がわかっている異性に自分からアプローチするかわりに、費用を抑えたいという人向けです。

メールと電話で随時相談はできますが、連絡先は本部のカスタマーセンターです。相談のたびに違う人に相談するので、担当コンシェルジュに比べると長期的な相談がしづらいです。

また、紹介書も受け取れません。パートナーエージェントの紹介書は、担当コンシェルジュが1通ずつ選定して送るためです。

→公式サイトで詳しい料金を確認する

高収入者限定プラン

スーツの男性

スタンダードなコンシェルジュコース以外にも、パートナーエージェントはさまざまな限定コースを用意しています。

最も新しいのは、プレミアムプランという年収1,000万円以上の人のみ入会できるプランです。

年収1,000万円以上限定のエグゼクティブコース、年収3,000万円以上限定のアルティメットコースから選べます。

■プレミアムプラン

年収1,000万円以上の人のみ入会できる、最上位プランです。

  • 初期費用:310,000円~
  • 月会費:30,000円~
  • 成婚料:50,000円

※東京・横浜・千葉・埼玉・愛知・岐阜・大阪・京都・兵庫・奈良限定のコースです。

プレミアムプランは、月の新規登録人数が限られています。入会を検討する際は事前に電話連絡するのがおすすめです。

20代割引プラン

カップル

コンシェルジュコースとコンシェルジュライトコースには、29歳以下向けの割引もあります。

24歳以下の人は「U24バリュー」、29歳以下の人は「U29バリュー」というコースで、初期費用・月費用ともに安めの料金で活動できます。

初期費用は5万円+税まで抑え、月会費も1万円前後になります。

■U29バリュー コンシェルジュコース

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:11,000~14,000円
  • 成婚料:50,000円

■U29バリュー コンシェルジュライトコース

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:8,000~11,000円
  • 成婚料:50,000円

■U24バリュー コンシェルジュコース

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:11,000~12,000円
  • 成婚料:50,000円

■U24バリュー コンシェルジュライトコース

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:8,000~9,000円
  • 成婚料:50,000円

※全て税別です

定番のコンシェルジュコースの料金も、費用が安いと評判の楽天オーネットやツヴァイと同じ価格帯で利用できます。

24歳以下の人は、楽天オーネット・ツヴァイより安い料金での活動も可能です。

シングルマザー向けプラン

ワーキングマザー

シングルマザーも、29歳以下の人と同じ割引料金で、パートナーエージェントに入会できます。

20~44歳の子持ち女性で、20歳未満の子供と同居している人のみ利用できます。

■シングルマザー向け コンシェルジュコース

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:11,000~14,000円
  • 成婚料:50,000円

■シングルマザーむk コンシェルジュライトコース

  • 初期費用:50,000円
  • 月会費:8,000~11,000円
  • 成婚料:50,000円

コンシェルジュが成婚への道筋を示してくれるパートナーエージェントは、忙しい人ほど向いています。婚活にあまり時間を割けないシンママには、パートナーエージェントがおすすめです。

特に子供が20歳未満の家庭では、育児費や教育費などでお金が必要です。そんな立場のシンママが、パートナーエージェント最低水準の費用で入会できるのは大きなメリットです。

40代以上のミドル・シニア向けプラン

パックスメンバーズ

若い世代やシンママだけでなく、パートナーエージェントではミドル・シニア層限定プランも用意しています。

「PAX MEMBERS(パックスメンバーズ)」という専用コースで、コンシェルジュコースと同等のサービスを受けられます。

未婚のままミドル世代になった人、離婚後の子育てが落ち着いてパートナーがほしいと考えた人など、さまざまな立場の人が利用しています。

40代以上のみが入会でき、対象年齢は地域によって異なります。

パックスメンバーズの年齢条件
北海道・東海・中国・九州地方
男性…50歳以上59歳以下、女性…40歳以上49歳以下
関西地方
男性…55歳以上59歳以下、女性…41歳以上49歳以下
関東地方
男性…55歳以上64歳以下、女性…45歳以上54歳以下

パックスメンバーズは、通常のコンシェルジュコースから月会費が割引となります。

コンシェルジュコースならではのカウンセリングや、ていねいな紹介サービスを受けられます。

■パックスメンバーズ

  • 初期費用:125,000円
  • 月会費:9,000~12,000円
  • 成婚料:50,000円

会員の質を高く保つ入会条件

仕事をする女性

パートナーエージェントの入会資格には、学歴などのスペック条件がありません。しかし、「結婚適合性」が低い人や、収入が不安定な男性会員は、入会を断るケースもあります。

■パートナーエージェントの入会条件

  • 男性は22~64歳以下、女性は20~54歳以下の独身者
  • 男性は一定の安定収入がある

上記の入会条件にくわえて、EQ理論に基づいた行動価値観やコミュニケーションスタイルなどで「結婚適合性」を判断

パートナーエージェントは、入会時にEQ(エモーショナル・インテリジェンス・クオシェントの略)という「心の知能指数」をチェックします。

EQとは、自分の感情をコントロールして行動できる力のことを指します。「人間力」と言い換えるとわかりやすいかもしれません。

相手を思いやることができたり、前向きに行動できたりする人は、EQが高い傾向にあります。

パートナーエージェントは、学歴に関係なく「人間力がある人」と出会える可能性が高いといえます。

また、男性に限り「一定の安定収入」も入会条件としています。収入が不安定で極端に低収入だと、入会しても女性とマッチングできないからです。

収入面に不安がある男性は、入会前カウンセリング時に「現時点の収入条件を希望する女性」の人数を調べ、0人だった場合は入会を断るケースもあります。

確かな実績

パートナーエージェントは、交際や成婚などの実績データをオープンに公開しています。

それだけ実績に自信を持ちながら運営しているといえます。

1年以内に成婚する人は60%以上

パートナーエージェントの成婚率データ

パートナーエージェントは、成婚率が高いと評判です。

さまざまな会員が在籍していることや、研修でトレーニングを積んだコンシェルジュのサポートが受けられることが主な理由です。

たとえば、コンシェルジュと定期面談を行うプランでは、定期的に婚活の振り返りをして明日からの活動プランを見直してくれます。

数字データによると、パートナーエージェントで活動をスタートしてから1年以内に成婚に至った会員は60%を超えます。

また、交際やお見合いに至るまでの期間も早いです。

パートナーエージェントに入会してから交際にいたるまでの平均活動期間は、2.3ヶ月です。

ここからも、パートナーエージェントはスピード婚に強い結婚相談所と言えます。

アラサーからの支持率No.1

アラサーからの支持率No.1

パートナーエージェントには、アラサー世代の方や30代の会員がたくさん入会しています。

オリコンランキングの「2011年度結婚情報サービス30代部門」において2年連続でNo.1の支持率を獲得しています。

口コミで会員が増えていき、多くの人に支持されながら全国に店舗を増やしてきています。

詳しくは後ほど解説しますが、実際にパートナーエージェントの会員の年齢層を見るとアラサー女性が特に多いです。

しかし、近年はアラフォー女性の会員も増えてきているので、30代~40代が幅広く利用しやすい結婚相談所になってきています。

全国に30店舗を展開

九州

かつてパートナーエージェントは、関東にしか店舗がありませんでした。現在は、全国に30店舗を持つ全国型の結婚相談所に成長し、知名度も高くなりました。

パートナーエージェントが関西に支店をオープンした時は、「手厚いサポートが評判のパートナーエージェントが、ついに大阪に上陸した」と、ちょっとした話題となりました。

現在は、北海道・関東・中部・関西・中国・九州エリアの都市部を中心に支店数を増やしています。

どの支店も主要駅の近くにあるので、仕事帰りに立ち寄りやすく定期面談に通うストレスも少ないです。

店舗数の増加に伴って会員数も増え、2016年度の実績では1年間に3,000人以上の会員が成婚しています。

どんな人が活動してるの?

次に、パートナーエージェント会員属性についてまとめました。

最終学歴は男女ともにやや高め

パートナーエージェントの学歴データ

パートナーエージェントの会員の最終学歴を見ると、男女ともに一般的な結婚相談所の平均くらいの割合です。

強いて言うなら、同じ価格帯の結婚相談所の中では男女ともに学歴がやや高めです。

パートナーエージェントの男性会員の約75%、女性会員の約66%は大卒・大学院卒です。

楽天オーネットやツヴァイでは、大卒以上の男性は65%前後なので、パートナーエージェントは男性の学歴がやや高めです。

年収600万円以上の男性も4割近く

パートナーエージェントの年収データ

上記は、パートナーエージェントの会員の年収を表したグラフです。

男性会員の中で最も多いのは、年収600万円以上の会員です。これは、一般的な結婚相談所の比率とほぼ同じです。

注目したいのは、次に多いのが年収600万円以上の男性ということです。

パートナーエージェントには、安定した経済力を持った男性が多く在籍しています。

セレブ婚を目指す女性には物足りないかもしれませんが、結婚生活を送る上で問題ない収入の人とは出会える環境が整っています。

ハイクラスな男性ではなく、金銭感覚が近い男性と結婚しやすいというのも、パートナーエージェントならではの特徴です。

逆に、年収が低い男性会員は少なく、年収400万円を切っている男性は全体の2割ほどしかいません。

年齢層は30代~40代がメイン

パートナーエージェントの年齢データ

会員の年齢グラフを見てみると、30代から40代、いわゆるアラサー・アラフォー世代あたりの会員が一番多いです。

当初は30代の会員が多かったですが、近年は40代の会員が増えてきています。特に、男性はアラフォー世代が多めです。

パートナーエージェントは「年上の男性と結婚したいアラサー女性」と「年下の女性と結婚したいアラフォー男性」がマッチングしやすい会員層と言えます。

男性の平均年収は年齢が上がるにつれて高くなるので、年上の男性と結婚すると経済的に安定した暮らしができる可能性が高いです。

もちろん、年代が同じ人と結婚したいとアドバイザーに伝えれば、同年代の異性を紹介してもらえます。

資料請求から入会までの流れ

資料請求から入会までの流れ