自然な出会いが生まれやすいSNS婚活サイト「ブライダルネット」でできること

SNS婚活

ソーシャルネットワークの機能を取り入れた「SNS婚活」のブライダルネットは、一言でいうと「ミクシィ内で出会いを見つける」といった感じです。

ミクシィで知らない人と知り合うのは難しいですし、もし知り合っても勧誘とかが多いと聞きます。ブライダルネットは婚活専門サイトで、本人確認もしっかりと行っている安全なサイトですから、自然な形で出会いが生み出せるメリットがあります。

今回は、ブライダルネットでどのように婚活するのかを紹介します。

相手を探す

相手を探す

ブライダルネットを使って相手を探す方法は、大きく4つあります。

プロフィール

プロフィール

一般的なネット婚活サイトと同じく、詳細なプロフィールを元に理想の相手を探す方法です。ブライダルネットでは、「ちょこっと検索」、「くわしく検索」、「ひとがら検索」の3つが使えます。

最も簡単な「ちょこっと検索」では、年齢や住んでいる地域で絞り込める他、有料会員・無料会員でも絞り込む事が可能です。また、写真付きの会員だけを検索することもできます。検索結果の画面も見やすいので、パソコンが苦手な人でも直感的に使えると思います。

プロフィール検索は他の婚活サイトにもある定番サービスですね。

日記

日記

プロフィールからではなく、「みんなの日記」から気になる相手を見つけます。ブライダルネットのメリットは、自分や人が書いた日記を通じてコミュニケーションできることです。

例えば、ワールドカップを見ている時に、日記検索で「ワールドカップ」を入力してみます。すると、タイムリーに誰かがワールドカップについて日記を書いている可能性が高く、サッカーの話で盛り上がることができます。

また、具体的な漫画名「ONE PIECE」などと入力した場合も、ONE PIECE好きな人がヒットするので、共通の話題で会話を進めやすいです。

ブライダルネットに登録している多くの人が、日常的なことや趣味の話、婚活や恋愛に対する内容など、様々な日記を綴っています。

マップ

マップ

リニューアルして新しくなった「みんなのマップ」は、行ったことがある場所や、好きな場所が同じ人を探せます。

例えば、近所のカフェに行った時にチェックイン、または有馬温泉に行った時にチェックインし、コメントを残しておきます。すると、あなたの通っているカフェをよく利用している人や、有馬温泉に行った人から、メッセージがもらえます。

「場所」で相手と繋がることで、その場所について共通の会話をすることができますし、初デートは「近所のあのカフェで」といった約束の場所としても活用できます。

足あと

足あと

ミクシィの「足あと」機能と同じものが、ブライダルネットにも搭載されています。誰が自分のホームページを見てくれたのかわかります。

気になる人が足あとを付けてくれたら、自分も足あとを付け替えしてみたり、「プロフィールを見てくれてありがとうございました」と日記にコメントを付けることで、出会いのきっかけを見つけます。

プロフィール検索だけでなく、日記やマップ、そして足あとから自然な繋がり、共通の話題を見つけられるのが、ブライダルネットがもつSNS婚活の強みです。

コミュニケーションする

コミュニケーション

気になる相手が見つかったら、その人とコミュニケーションすることで関係性を深めます。通常の婚活サイトだと、単純にメッセージのやりとりを繰り返すだけなのですが、ブライダルネットの場合は「コミュニケーション」においても工夫されています。

日記いいね!

日記いいね

気になる相手が書いた日記に、一言コメントをつけたり、「いいね!」を送信して、自分の存在をアピールできます。もちろん、自分が書いた日記に対してコメントや「いいね!」が届くこともあります。

「いいね!」が届いたら、送ってくれた人のプロフィールをチェックしますよね。その上で、ちょっと話してみてもいいかも。と思えたら、「いいね!」をお返しします。

お互いが、「いいね!」をし合ったら、「ちょい話そう」が使えるようになります。

チェックインいいね!

チェックインいいね

日記いいね!のマップバージョンです。「みんなのマップ」を見てみると、いろいろな人がさまざまな場所でチェックインをしています。

「今近くにいる」、「自分もよくそこに行く」と思ったら、チェックインをしている人に対して「いいね!」を付けることができます。相手があなたのプロフィールを確認して、「いいね!」を返してくれたら、「ちょい話そう」に移行できます。

あいさつ

あいさつ

「あいさつ」はプロフィール画面からアプローチする方法です。当然ですが、ブライダルネットの会員全員が日記を更新しているわけではありません。中には日記を書いていない人もいます。

そういう人に対して、「あいさつ」をすることで、自分の存在をアピールします。「あいさつ」にはいくつか種類があり、ワンクリックで相手に気に入った部分を伝える事が可能です。

あいさつ2

その他の「いいね」と同じく、相手が「いいね」を返してくれたら、「ちょい話そう」に移行できます。もちろん、誰かがあなたのプロフィールを見て「あいさつ」をくれることもあります。

ちょい話そう!

ちょい話そう

お互いが「いいね!」状態になると、「ちょい話そう!」という機能が使えます。これは、連絡先などを非公開にしたままで、7日間限定でメッセージがやりとりできる機能です。

婚活サイトで知り合って、「この人とは合わないな」と思っても、なんとなく断りにくくてメールのやりとりを続けている人が多いと聞きます。しかし、「ちょい話そう」の場合は7日間が過ぎると強制的にメッセージのやりとりが終了するので、お断りのメールなどを送る必要もありません。

「ちょい話そう」で7日間限定のメッセージ交換をした後は、次の2つの選択をします。

  • 相手とのやりとりを終了する
  • もっと話したい(無期限メッセージ機能に移行)

7日間で、脈あり、脈なしの判断ができるシンプルな点も、ブライダルネットの良い部分だと思います。

まとめ

ブライダルネットのSNS婚活は、実際に使ってみると楽しさが実感できます。ガチガチの「婚活サイト」という感じではなく、ネットで自然に出会うってこういうことなのか。と思えるくらい、「婚活してます感」がありません。

相手の探し方からコミュニケーションの取り方まで、とても工夫して作られていると感じました。ブライダルネットは婚活サービス専業の会社なので、自然な出会いを徹底的に研究した結果、設計されたサービスなのだなと思いました。