結婚相談所の2強といえば、イオングループのツヴァイと、楽天グループの楽天オーネットです。

どちらも全国規模で業界トップの会員数を誇るので、都心・地方を問わず多くの人が利用しています。

しかし、大手の結婚相談所で婚活したいと考えている人の多くが、ツヴァイにするか楽天オーネットにするか迷うようです。

どちらも優良な結婚相談所であることは間違いありませんが、両者の違いを下記3つのポイントで比較してみました。

■比較ポイント

  1. 料金プラン
  2. 会員数
  3. 拠点数
  4. 年齢
  5. 年収
  6. サービス内容

料金プラン-ツヴァイの方が安い

楽天オーネットと、ツヴァイの最も申し込みが多い「パーソナルサポートプラン」で料金を比較してみました。

その結果、入会費は楽天オーネットの方が安いですが、月会費はツヴァイの方が安かったです。

結婚相談所での活動期間は1年前後なので、月会費が安いツヴァイの方がトータルの活動費用は少なく済む計算です。

■ツヴァイ・楽天オーネット 料金比較(税別)

料金 ツヴァイ(パーソナルサポートプラン) 楽天オーネット
入会費 145,000円 106,000円
月会費 9,500~13,800円 13,900円
成婚料 無料 無料

ツヴァイの月会費は、年間紹介人数によって異なります。

最も安いプランは年間12名(毎月1名ペース)、最も高いプランは年間72名(毎月6名ペース)の紹介を受けることができます。

さらに、ツヴァイには下記3つの割引プランもあるので、該当する人はさらに安く利用することが可能です。

■ツヴァイの割引プラン

エリア限定パーソナルサポートプラン
特定の地方エリアの店舗を利用する人は、入会費:80,000円+月会費:9,900円で入会できます
20代割
入会時に20代の場合、パーソナルサポートプランの入会金が145,000円→50,000円に割引
のりかえ割
他社の結婚相談所から切替入会の場合、入会費が25,000~30,000円引き

ツヴァイの詳しいプランや料金についてはこちら

成婚料はどちらも無料

ゼロ

結婚相談所で成婚退会する際に支払う成婚料は、ツヴァイ・楽天オーネットともに無料です。

これは、ツヴァイと楽天オーネットがデータマッチング型の結婚相談所だからです。

結婚相談所の種類には、下記2タイプがあります。

  1. 仲介型
  2. データマッチング型

結婚アドバイザーが手作業(手動)で会員をマッチングさせていく従来の仲介型と違い、データマッチング型はデータベース上で自動マッチングをしていきます。

よって、データマッチング型結婚相談所の基本的な活動は、オンラインマイページに届くマッチング相手のデータを確認→お見合いを申し込む、という流れになります。

店舗に足を運ぶ頻度や結婚アドバイザーとのやりとりも最小限で済むので、成婚=結婚アドバイザーの成果に対して支払う成婚料が不要になり、料金が安く抑えられるという仕組みです。

結婚アドバイザーとしっかり相談しながら婚活をしたい人は、パートナーエージェントなどの仲介型の結婚相談所の方が向いています。

会員数-楽天オーネットの方が多い

棒グラフ

会員数を比較すると、2018年の公開データでは楽天オーネットの方が多いです。

会員数の差は楽天オーネットの方が伸びがよく、ここ数年で差が開いてきている印象です。

■ツヴァイ・楽天オーネット 会員数比較(2018年2月公開情報)

会員数 ツヴァイ 楽天オーネット
男性 15,177人
(50.1%)
26,481人(%)
女性 15,116人
(49.9%)
22,367人(%)
合計 30,293人 48,848人

ツヴァイは「地方に強い結婚相談所」と言われていますが、当サイトで集めた結婚相談所の口コミを見る限りでは、楽天オーネットの方が地方婚活に強いという声も多いです。

ただし、全国の支店数はツヴァイの方が多い上に、地方向けの格安プランもあるので、単純に会員数だけで判断するのは難しいと思います。

拠点数-ツヴァイの方が多い

日本地図

拠点数を比べると、ツヴァイの方がやや多かったです。

しかし、地方の拠点数には大きな差はなく、ツヴァイが楽天オーネットより拠点数が多いのは都市部の店舗数が多いためです。

■ツヴァイ・楽天オーネット 拠点数比較(2018年2月実績)

拠点数 ツヴァイ 楽天オーネット
北海道・東北 9 12
関東 18 12
北陸・甲信越 7 4
中部 6 5
関西 8 6
中国・四国 6 9
九州・沖縄 9 9
全国計 63拠点 57拠点

楽天オーネットも地方に強いという口コミが多いのは、ツヴァイに負けずに地方に拠点を設けているからだと分析できます。

地方婚活をしたい人も、拠点の立地以外のポイント(料金や会員層など)でツヴァイか楽天オーネットを選べそうです。

年齢-ツヴァイの方がやや高い

円グラフ

会員の年齢は、男女ともにツヴァイの方が高め、楽天オーネットがやや若めでした。

下記比較から、楽天オーネットはアラサー向け、ツヴァイはアラフォー向けの結婚相談所と分析できます。

■ツヴァイ・楽天オーネット 年齢層比較(2018年2月実績)

年齢(男性) ツヴァイ 楽天オーネット
20代 4.8% 10%
30代 28.8% 40%
40代 43.7% 37%
50代 19.2% 12%
60代 3.4%
年齢(女性 ツヴァイ 楽天オーネット
20代 12.5% 18%
30代 45.9% 52%
40代 31.9% 23%
50代 8.4% 7%
60代 1.3%

ツヴァイも楽天オーネットも、男性は30~40代、女性は30代がボリュームゾーンということは共通しています。

一般的な結婚相談所の比率だと思います。

年収-ツヴァイの方が高め

グラフとルーペ

ツヴァイの方が会員の年齢が高めだったこともあり、収入も男女ともにツヴァイの方が高かったです。

男性は年収500~700万円、女性は300~500万円が最も多いです。

■ツヴァイ・楽天オーネット 年収比較(2018年2月実績)

年収(男性) ツヴァイ 楽天オーネット
~300万 2.4% 15%
300~499万 29.4% 24%
500~699万 40.5% 38%
700~899万 19.4% 14%
900~1,000万 3.3% 3%
1,000万~ 5.0% 6%
年収(女性 ツヴァイ 楽天オーネット
~300万 33.9% 30%
300~499万 47.5% 51%
500~699万 16.0% 15%
700~899万 2.2% 3.5%
900~1,000万 0.1% 0.2%
1,000万~ 0.3% 0.3%

どちらも年齢と年収のバランスは世間一般の平均だと思います。

飛び抜けて高収入な会員は少ないですが、一般的な金銭感覚や価値観を持った人と出会える結婚相談所と言えます。

サービス内容-紹介人数に違いあり

カウンターの女性

基本的なサービス内容はどちらも似通っていますが、基本プランの紹介人数が若干異なります。

楽天オーネットはプランが1つしかなく、毎月6名の紹介を受けることができます。

ツヴァイは年間12名(毎月1名)~年間72名(毎月6名)の中からプランを選べるので、活動のボリュームに応じてプランを選ぶことができます。

その他の特徴をまとめると、下記のとおりです。

■楽天オーネット プラン内容

  • プロカメラマンによるプロフィール写真撮影(無料)
  • 200項目以上の条件から選ぶデータマッチング
  • イベントやパーティーの開催数が多い

プロフィール写真は、結婚相談所の婚活において第一印象を左右する重要な要素です。

外部のフォトスタジオでは2~3万円は掛かる婚活写真を無料で撮影してもらえるのは、楽天オーネットのお得なサービスだと思います。

■ツヴァイ プラン内容

  • 支店でのみ写真閲覧が可能(プライバシーに配慮)
  • 価値観にもとづいたデータマッチング
  • 法人会員制度あり

自分の働く会社がツヴァイの法人会員制度を福利厚生として用意していれば、入会費の割引が適用されます。

ツヴァイの会員の約4分の1は法人会員制度を利用して入会しています。

大手上場企業や公務員の契約も多いので、学歴・職歴が高い会員の比率が高いと予測できます。

ツヴァイ・楽天オーネットがおすすめの人

結婚式を迎えるカップル

以上の特徴から、それぞれの結婚相談所がおすすめなのは下記のような人です。

■ツヴァイがおすすめの人

  • なるべく安いプランで入会したい
  • ライトなプランから試してみたい
  • アラフォーの人

■楽天オーネットがおすすめの人

  • 毎月多めの紹介を受けて、しっかり婚活したい人
  • 会員数が多い結婚相談所が良い人
  • アラサーの人

より詳しい比較をしたい場合は、資料請求をして最新の情報を確認することをおすすめします。

ちなみに、どちらも資料請求は完全無料なので、手数料や郵送料は必要ありません。