ラグジュアリー

「結婚するなら、年収1,000万円以上のハイステータス男性がいい」と考えて、婚活をする女性は今も多いです。

婚活は自分の希望条件に見合う相手を探す活動なので、目標を持つことは良いことです。

しかし、ハイステータス男性をゲットするのは決して簡単なことではありません。

なぜなら、ハイステータス男性は言うまでもなく他の女性にモテる上に頭が良いので、落とすどころか上手く遊ばれてしまう女性も少なくないのが現実です。

今回は、他の女性が気づいていない「婚活でハイステータス男性を本気にさせる3つのテクニック」を解説します。

すぐに使えるものばかりですので、週末の婚活パーティーですぐに実践することもできます。

ハイステータス男性を本気にさせる3つのテクニック

アプローチ

ハイステータス男性を攻略するには、ハイステータスな人だからこそグッとくるポイントを抑えなければなりません。

世間に出回っている恋愛本に書かれている内容とは、落とし方が違います。

下記に紹介する3つの内容はいずれも、ハイステータスな人にとってたまらないが、ごく普通の男性にとっては嬉しくもなんともない可能性も高いです。

まさに、ハイクラス男性に特化したポイントと言えます。

知的なところを褒める

弁護士

ハイステータスな男性は、(決して口にはしませんが)自分がハイステータスであることを知っています

誰しも、自分が東大生であれば世間の人よりも頭が良いと自覚ますし、ハイスペックな職業に就いていれば能力が高いという自信はある程度持ちます。

特に、下記のような社会的地位の高い人は、いずれも頭が良くなければ務まらない職業なのでその傾向が強いです。

  • 弁護士
  • 医者
  • 税理士・公認会計士
  • 経営者

そして、ハイスペックな男性は「知的な部分」をほめると、とても喜びます。

人間誰しもそうですが、自分が自慢できる部分(自信のある部分)を褒められると嬉しいものです。

例えば、自分が毎日髪の毛のケアをがんばっていても、自分では「髪には自信があるんです」と言いづらいと思います。

しかし、男性から「髪の毛がきれいですね」と言ってもらえれば、それまでの努力を認めてもらえたようで嬉しいと思います。

エグゼクティブな男性も同じで、知性を褒められると「これまでの努力を認められた」という承認欲求が満たされます。

たとえば、下記のような言葉で褒めるのがおすすめです。

ハイステータス男性に効く4つの言葉
  • 頭がいいですね
  • 頭の回転が速いんですね
  • いろんなこと知っているんですね
  • そんなことも知ってるなんてすごいです

男性は女性に比べて、自己顕示欲を満たしたいという心理が強い傾向があります。

特に、自分に自信がある部分、努力して勝ち取ったものについて評価されることを好みます。

たとえば「自分は相手の女性の知らないことを知っていて、相手の女性がそれについて知りたがっている」というシチュエーションがあると、とても満たされた気持ちになります。

こう言われると、男性によってはついしゃべりすぎてしまうものです。

仕事の話を興味をもって聞く

仕事

高収入な男性には、仕事に情熱を持っている人が多いので、相手の仕事の話をよく聞くことも大事です。

高収入な仕事は社会的責任が大きい分、仕事を頑張っている人が多いのも、ハイステータス男性ならではの特徴です。

仕事に前向きに取り組んでいるからこそ、その結果としてハイステータス(高年収)になっているとも言えます。

なので、「仕事がめんどくさい」など、仕事に関してネガティブな話はしないようにして、相手の仕事の話を聞く方が効果的です。

一般的な男性なら「仕事はしんどい、めんどくさい、お金のために仕方なくやってる」という人も多いので、ネガティブな話で同調するのもありですが、高収入男性にはおすすめしません。

ハイステータス男性の仕事への情熱を聞いて、内容がわからなかったとしても興味をもって聞く姿勢をもつだけで、彼らからの好感度は一気に上がります。

男性の話をじっくり聞ける女性は意外と少ないので、「聞き上手」だという印象を持ってもらえると好印象です。

ここまでのポイント
  • 頭の良さをほめる
  • 仕事の話を興味を持って聞く

(あえて)デートでお金を出す

割り勘

ハイステータス男性に誘われて食事に行った場合、おそらく多くの女性が「おごってもらえる」と思いがちです。

特に、高収入な男性が選ぶお店はやや高めであることが多いので、余計に財布を出したくないと思ってしまいがちです。

しかし、それでは他の不特定多数の女性と同じで、差が付きません。

相手がお金を持っているハイステータスな男性だからこそ、あえてあなた自身もお金を出す姿勢を見せることが、相手に対する強烈な一撃になります。

デートでは必ず財布を出し、レストランの料金が高くても頑張って身銭をきる姿勢を見せましょう。

これはほとんどの女性がやっていないことなので、ハイステータスな男性は凄く驚きます。

彼に「この人は他の女性とは違うな」という印象を持ってもらえます。

あなたがお金持ちではないごく普通の女性だったとわかってもらっている場合は、より一層「決して安くない飲食代なのに出そうとする、礼儀がしっかりした女性だ」と思ってもらえる可能性が高いです。

つまり、多少無理して身銭を切るだけで、相手に大きな借りを作ることができるというわけです。

一般の男性との食事でお金を出した時以上に、インパクトを与えられるのでオススメです。

婚活パーティーより結婚相談所が確実

ハートを持つ男性

今回紹介した3つのテクニックはいずれも、ハイステータス男性にズバッと刺さるものばかりです。

記事の冒頭でも述べましたが、ハイステータス男性はとにかくモテるので、他の女性がやらないような方法でアプローチすることが、最も成功するやり方なのです。

また、ハイステータス男性と出会う方法は下記のやり方がメジャーです。

■ハイステータス男性と出会う婚活方法

  • 高収入者限定の婚活パーティー
  • 高収入者限定の結婚相談所

結論から言うと、確実にセレブ婚を目指したいのであれば、結婚相談所の方がおすすめです。

なぜなら、婚活パーティーより男性会員の収入チェックを厳しく行っているからです。

婚活パーティーでは、「年収800万円以上の男性限定」などのアピールをしている企画があったとしても、実際に収入チェックをしているパーティーはほとんどありません。

極端な例で言うと、年収800万円以上の婚活パーティーに年収300万円の人も参加できる状況です。

しかし結婚相談所では、男性会員に源泉徴収票給与明細の写しを提出することを義務付けています。

年収に偽りがないかを、書類でしっかり確認しているので、嘘はつけません。

結婚相談所は入会金や月会費がかかるものの、低収入男性に騙されるリスクなく安心して婚活ができるメリットは大きいと思います。

次の記事では、セレブ婚に強い結婚相談所を比較し、それぞれの会員層や特徴を検証しました。