モテる男性

好きな人に相手にされない、デートが続かない、告白してもフラレてしまうなど、女性にモテない男性はさまざまな悩みを持っています。

モテないままの自分で婚活をしても、なかなか結婚できない可能性が高いです。

そこで、男が女にモテるヒントを探るべく、女性500人を対象に意見調査をしました。

その結果、モテる男になるためにどんな努力をすればいいのかが明らかになりました。

個人的には、なかなかモテない男性というのは大抵「努力の方向性を間違えている」のだとも感じました。

男性が女性にモテるための4原則とは

スマホを触る女性

今回の調査では、20代・30代の女性に「結婚したい男性が、モテるためにまずやるべきことをアドバイスしてください」という質問をしました。

ある程度の恋愛経験がある女性を対象にしているので、どういう男性がダメで、どこを変えれば良くなるかという声も多く集めることができました。

男性本人を目の前にしては言えないような「女性の本音」も見た上で、モテるための4原則を見ていきます。

清潔感を出す

スーツを着た男性

多くの女性が口にしているのが、清潔感というキーワードです。

モテるためという以前に、最低限のマナーとしても大事なポイントです。

どうすれば清潔感が出せるのか、私はこのように考えています。

■清潔感を出す4つの方法

  • 髪を美容室でカットする
  • ちゃんと髭を剃る
  • 服を毎日洗濯する
  • 細身の服を選ぶ
  • 爪を短く切る
  • きれいに手入れされた靴を履く
  • デンタルケアをする(歯磨き、マウスウォッシュなど)
  • 汗をかいたら拭く
  • ちゃんとお風呂に入る

どれも社会人の身だしなみとして当たり前のことですが、これらができていない男性が意外と多いです。

いずれも、定期的にメンテナンスしなくてはならないので面倒ではありますが、多くの女性はこのような身だしなみをしっかり整えた上でデートに来ます。

それなのに、最低限のケアをしていない状態で女性と会うのは、失礼と思われたりマイナス印象になっても仕方ありません。

逆に言うと、特別なことをしなくても、上記のような身だしなみを意識するだけで、ある程度の「きちんと感」は出ます。

ブランドの服や高い車を持っていなくても、身だしなみを整えることはできるので、まずは最低限の清潔感があるかチェックしてみてください。

この時点で「全部はできていないな…」と思った人は、まずここから見直すことをおすすめします。

では、女性からの本音も見てみます。

まずは見た目(お腹出てないかとか)や清潔感(ひげ、歯は綺麗か、口臭、汗のにおい、服は1回着たら絶対洗濯)が大事だと思います。

女性は無意識のうちに会って3秒くらいで全身チェックしてます。なので、そこでないなと思われたらその先はないので、見た目の第一印象は大事にしてほしいです。

内面からくる雰囲気みたいなものは、すぐに変えることは難しいですが、自分の良いところを伸ばしてほしいです。自分の良いところに気がついていない男性は多いと思います。

友達や家族に聞いたりして、自分を知ることで自信がつき、意識して女性に自分をアピール出来るのではないでしょうか。

私は悪い男ほどモテると思います。例えば、嘘つきとか、適当なこと言ってるとか、そういう調子いい人に騙される女性は本当に多いと思います。どこか影がある、もっと知りたいってなるのかな?逆もあると思います。悪い男にならなくてもいいけど、ちょっとそういう雰囲気もつくれたら良いと思います。

変にカッコつけたりってのは、女は大体見抜くので、必要ないです。ありのままでいいと思います。

(29歳 埼玉県 専業主婦)

・第一印象は重要だと思うので、まずは身だしなみに気をつけることが大切だと思います。高価な物を身につけるという意味ではなく、くたびれたスーツやシミの付いた洋服は着ない、寝癖は直すといった基本的な身だしなみです。

また、女性は清潔感のある人を好む傾向があると思うので、必ずハンカチとティッシュを持ち歩くといったマナーにも注意すると良いと思います。

(33歳 千葉県 専業主婦)

女性とは考え方が違うのが当たり前だという考えが良いと思う。何でも自分の思い通りにしようとするのではなくてお互いが認め合えるように柔軟な考え方を持つこと。また、女性に過度な期待をしないこと。

見た目も大事だと思うので清潔感のある服装や、言葉遣いが丁寧だと印象が良くなると思います。また、弱者に親切にできる人は信頼されると思います。

(38歳 三重県 税理士事務所で経理事務)

清潔感を徹底すれば女性と同じようにそれなりには見えるようになります。友達と話していても、肌の汚いイケメンと綺麗なフツメンだったら迷わず後者という選択になりました。それほど清潔感は大事です。

煙草やギャンブル等やんちゃな趣味はマイナスでしかなく、結婚後お金がかかりそうな男性は嫌がられます。

今は女性も働いているので、一人でも家事や料理ができることもアピールポイントになると思います。交際中から、よく手伝うようにしておくといいと思います。

(23歳 埼玉県 介護のアルバイト)

自分の仕事に熱意を持って打ち込んでほしいです。生き生きと頑張ってる姿に魅力を感じます。

また、自宅や身なりが不衛生だと話もしたくないので、ある程度はキレイでいてほしいです。

たとえば、リモコンが揃っているのは几帳面すぎて嫌ですが、シーツはせめて1週間ごとに洗濯していてほしいです。洋服も、ヨレヨレのものだと嫌です。

清潔感があり、生き生きとしている人にとても魅力を感じます。

(30歳 京都府 主婦 元ウェディングプランナー)

清潔感というのは、見た目の第一印象に大きく影響します。

そして第一印象が悪かった人とは、その後のトークも盛り上がりづらいので、「二度と会いたくない」と思うことがほとんどです。

さらに言うと、清潔感がない人は性格もだらしない人が多いです。

しかし、身だしなみを整えることで内面もしっかりしていく人は多いので、清潔感のある男になることは自分磨きとして非常に効果的です。

余裕のある男性を目指す

会計

次に女性から意見が多かったのは、男の余裕があると惹かれるという声です。

余裕を感じる男性は女性に安心感を与えて、「一緒にいて落ち着く」と思ってもらいやすいです。

大人の男に求められる余裕とは、大きく分けて3つに分かれます。

■女性が魅力的に感じる「男の余裕」

  • 経済的な余裕
  • 時間の余裕
  • 立ちふるまいの余裕

経済的余裕というのは、年収1,000万円超えのような高収入になるべきということではありません。

美容室に行くのをためらったり、デートでちょっとしたこともケチったりするような金欠にならないようにするべき、くらいの意味合いです。

お金がないと気持ちにも余裕がなくなり、デートで「この後、一緒にご飯を食べたいけど給料前でお金がない…」と、デートを楽しめなくなります。

また、時間がなくて焦っている男性も、女性からするとよく見えません。たとえば、待ち合わせに遅刻をしてくるのは論外です。

さらに、立ちふるまいに余裕がない男性も、女性にとっては隣りにいて安心感を持てません。

特に恋愛経験が浅い男性や、初デートで緊張している男性は、気持ちが焦りがちになり立ちふるまいに出てしまいやすいので注意です。

たとえば、おいしくて人気のお店に一緒に行って列に並ぶことになった時、女性は楽しみにしているのに男性がイライラしたりセカセカしてしまったら、どんなに料理がおいしくても台無しです。

一緒におしゃべりをして楽しく待てるくらい、気持ちや立ちふるまいに余裕がある男性の方が、女性は一緒にいたいと思います。

余裕を身につけることはつまり、男らしさを身につけることであると言い換えられるのかもしれません。

少なくとも、お金がなくても時間がなくても初デートで緊張していても、そういう面を見せないことが、モテるコツです。

大人の余裕を見せて欲しいです。後はきちんと女性の話を聞いて理解するようにするとモテます。

私の旦那は聞いたことは忘れてしまうのでスマホのメモ機能に私が好きと言ったものや行きたいと言った場所をメモしてデートに活かしていたそうです。そういう努力をバレないようにしてくれると嬉しいです。

(25歳 千葉県 専業主婦)

まずは、自分の時間に余裕をもつこと。徹底的に、レディーファーストを学ぶ事。相手のためを思いやれる心をもつこと。

(26歳 神奈川県 家事手伝い)

超金持ちでなくてもよいが、デートや食事の時にケチケチしないくらいのお金の余裕を持って欲しい(貯金)

(36歳 宮崎県 マーケティング職)

女性を思いやる行動として代表的な「レディーファースト」も、気持ちに余裕がないとスマートにできません。

相手のことを考えるくらい気持ちに余裕を持って女性と接することができれば、「男の余裕」が少しずつ出てくるはずです。

行動力を身につける

優しい男性

常にモテたい、いい男になりたいという気持ちを持つだけでなく、それを行動に移すことも大事です。

女性にモテたいという気持ちが原動力となって、ダイエットや部屋の掃除をしたり、新しい趣味を開拓したりする行動力が生まれるのは素晴らしいことです。

また、たとえば女性を喜ばせたいという気持ちで、おすすめのお店を調べて予約する…という行動力も、「私のために調べてくれたんだ」と喜んでもらえます。

自分でアクションを起こせる男性は意外と少ないので、「行動力」も他の受け身な男性と差がつくポイントです。

とにかく、精進。小さなことからでも一歩先へ進む姿勢が、尊敬されるので大事。地味でも良い。

大切なのは、人間の中身。見た目のセンスなども中身から人間性が溢れるものである。見た目だけ取り繕ってもいずれバレてしまい長く続くかない。

(29歳 北海道 トリマー)

オラつかず穏やかな対応で素朴な雰囲気なのに、決断力や即決力がある、自分をちゃんと持ってる人。しかし、相手に強要はしない人

(27歳 東京 キャバクラ)

行動範囲を広げ、たくさんの人と出会う機会をふやすこと。そして、さまざまな趣味を持ったり、多くのことを知っていると話題も増えて行くので異性の気を引くきっかけになると思います。

(29歳 東京都 教師)

女性に対する気遣い

エスコート

今まで解説したポイントすべてに通じますが、女性に対する気遣いができる男性はモテます。

自分を優先させるのではなく、相手の気持ちに立って行動できることは、女性だけでなく人間関係全体に通じる大切なことです。

これはよく間違えられやすいのですが、決して女性に決断を委ねるという意味ではありません。

デート先、待ち合わせ日時、当日のプランなどをすべて女性に決めてもらうのは、女性への気遣いではなく怠慢です。

女性からすると「優柔不断な男」というネガティブな印象になってしまいます。

相手のことを考えてデートプランを提案したり、時には会話の聞き役になったり、相手の気持ちに寄り添える男性を女性は必要としています。

気遣いができるひとはモテると思います。結婚に向けてならば、彼女が一番大切という態度がとれること。

友達や趣味があるのも良いけれど、それよりも彼女との時間!って思える人が結婚出来ると思います。

安心感をデートで与えられるようにすれば、結婚後の生活のイメージも沸きやすい!見た目磨きより、人柄が大事です。気取らないでナチュラルにしていれば良いと思います。

(27歳 東京都 人材コンサルタント)

相手に対してのさりげない気遣い。

おしゃれな服装や上手なトークよりも、「結婚したらこの人との毎日が穏やかで幸せだろうな」、と相手が感じてくれることが大切だと思います。

顔はイマイチでも、結婚して幸せになっている男性は、この「気遣い」の出来る人がほとんど。

結婚生活は相手と一緒に作り上げていくもの、女性はその人とのデートや会話の中にさりげない気遣いを見ることで安心感や居心地のよさを感じると思います。

気遣いというのは一日二日で身に付くようなものではないので、家族、近所の人、職場の人、電車の中でたまたま居合わせたお年寄りなど、関わりのあるそんなに緊張しない人(といっては失礼ですが・笑)に対してまず始めてみてはどうでしょうか?

本当に些細なことでいいと思います。結婚生活はそんな些細なことの積み重ねだと思うので。

(37歳 石川県 専業主婦)

相手にあわせすぎない。卑屈にならない。女性に女性の容姿の悪口をいわない。

(37歳 東京都 会社員)

女性の話をしっかり聞く、エスコートする。

(26歳 沖縄県 パート事務業務)

もし気になる方とお会いする機会があれば、相手のことをよく知ろうと努力する必要があると思います。そのためには、自分の話をするよりも、相手に質問をどんどん投げかけてあげると良いと思います。

自分の話ばかり(特に自慢話)で、相手の話をきちんと聞いていない男性は非常に多いです。

そういった男性といると、自分は興味を持たれていないのかな、と不安になってしまう女性が多いと思うので、アナタに興味があるよ、と示すためにも、相手への質問はとても重要だと思います。

相手に質問をすることで、相手の内面を知るだけではなく、単純に話が弾んで意気投合することもあるかもしれませんしね!

(33歳 千葉県 専業主婦)

「モテるため」に特別なことはしなくていい

スーツの男性

モテるための4大原則を見てみると、女性にモテるためというよりは、社会人として当たり前のことがほとんどだったと思います。

清潔感のある身だしなみで余裕を持って行動し、相手を思いやるというのは、仕事でも友達付き合いでも大事です。

しかし、このような当たり前のことが当たり前にできる男性が、意外と少ないというのが現状です。

ですが、このようなシンプルな習慣を少しずつ身に着けていくことで、社会人としても信頼感のある男性になり、女性にもモテるようになります。

まさに、一石二鳥です。

この機会に改めて自分を振り返って自分磨きをすれば、周りの環境が大きく変わるかもしれません。