スーツを着た女性

忙しくて出会いがない女性が手軽に始められる婚活のやり方のひとつ、婚活サイト。

女性無料の婚活サイトが増えてきている中、女性も男性と同じく有料のサイトもあります。

女性の人なら「せっかく登録するなら無料の方がいいな」と考える人もいるかと思いますが、女性有料サイトのメリットもあります。

特にアラサー・アラフォーから婚活を始める女性の人には、女性有料の婚活サイトはおすすめです。

なぜなら、無料の婚活サイトに比べて30代・40代以上の会員比率が高く、結婚を前提にした交際相手を真剣に探す会員が多いからです。

具体的な理由を、女性有料の婚活サイトのメリット・デメリットを調べながらまとめました。

女性有料サイトのメリット

結婚式

女性有料の婚活サイトのメリットは、結婚を真剣に考えている会員が多く成婚に結びつきやすいことです。

■女性有料の婚活サイト メリット

  • 女性会員の割合が少ない
  • 男性会員も真面目な人が多い
  • 年齢層が高い

■女性会員の割合が少ない
女性無料のサイトは女性が気軽に登録できるため、女性会員の数が増えやすいです。

女性ユーザーからするとライバルが増えることにつながるので、女性も有料の婚活サイトの方が女性に有利です。

男性目線で考えると女性会員の競争率が上がることにもなります。

■男性会員も真面目な人が多い
女性が有料の婚活サイトは「女性も真面目に婚活をしている人が多い」ことを期待して利用する男性会員が多いです。

女性が無料のサイトは若い会員層が増えやすいので、結婚への意識が薄い会員の割合も高くなりやすいです。

真剣に人生のパートナーを探したいと考えている男性会員にとっては、女性もお金を払って利用している婚活サイトの方が信頼できる、という印象が強いです。

それゆえに、男性会員も遊び目的ではなく、結婚を意識した交際を考えている真面目な層が多いことがメリットです。

■年齢層が高い
女性無料の婚活サイトは20代中心に若い人が利用する割合が多いので、有料サイトの方が年齢層がやや高い傾向があります。

例えば、婚活アプリのPairs(ペアーズ)は会員の半数が20代会員ですが、男女同一料金の老舗婚活サイト「エキサイト婚活」では30代・40代の会員が8割近くを占めます。

会員登録自体は無料なので、アラサー・アラフォーの人は一度登録して、良さそうな会員がいるか見てみてもいいと思います(→エキサイト婚活の無料登録はこちら)。

女性有料サイトのデメリット

寝転ぶ女性

女性有料の婚活サイトの一番のデメリットは、利用するのに費用がかかるため、無料サイトに比べてトータル会員数がやや少ない点です。

しかし、有料サイトは結婚を真面目に考える30代以上の男性会員の比率は高い傾向があるので、アラサー以上の男性との交際を望む女性は会員数を気にしすぎなくても良いと筆者は考えます。

■女性有料の婚活サイト デメリット

  • 固定費用がかかる
  • 20代の会員比率が低い
  • 会員総数が少ない

■固定費用がかかる
有料の婚活サイトは活動量にかかわらず、月額の固定費がかかる場合が多いです。

つまり、メッセージのやりとりを頻繁にした月も、婚活を少しお休みした月も、同じ費用がかかります。

多くの婚活サイトが無料会員へのプラン変更も可能なので、婚活疲れなどで少し婚活を休みたい場合は一度、無料会員に戻ることをおすすめします

■20代の会員比率が低い
20代の人は婚活にお金をあまり使わないので、無料サイトに登録する人が多いです。

若い人と出会いたいと考えている人にとってはデメリットになりますが、30代以上との交際を希望している人にとってはメリットでもあります。

■会員総数が少ない
会員総数は、気軽に登録できる無料サイトの方が増えやすいです。

例えば、女性完全無料の婚活サイトPairs(ペアーズ)は、累計会員数600万人を超えていますが、女性も有料の大手サイトyoubride(ユーブライド)は150万人ほどです。

しかし前述の通り、結婚を前提にした交際をしたいと考えている会員が多く、交際には繋がりやすいのは、男女ともに有料の婚活サイトです。

例えば、東証一部上場企業のIBJが運営するブライダルネットでは会員数は100万人に満たないですが、毎月約15,000組のカップルが成立しています。

30代以上の婚活、会員数を重視するか、割合を重視するか

スマートフォンをみる女性

ペアーズは会員の半数が20代ですが、会員数の母数が大きいので30代以上の会員も多く登録しています。

なので、30代以上のカップルが成立することももちろんあります。

ペアーズなど会員数が多い女性無料サイトか、エキサイト婚活やユーブライドのように30代以上の会員比率が高い女性有料サイトか、どちらが向いているかは婚活のスタイルによって異なります。

自ら男性へのアプローチやアピールができる人は無料サイトでの活動も成功しやすいですが、男性からのアプローチもほしい人は有料サイトがおすすめです。

30代以上の女性の婚活事情

耳が痛い話をすると、30代以上の女性の婚活は、20代の頃に比べて男性からのアプローチが減ります。

20代比率が高い大型サイトだと、特に男性会員のアプローチが20代女性に集中しやすいです。

つまり、会員数の多い婚活サイトでアラサー以上の女性が婚活をするためには、ある程度自分から男性会員にアプローチをする必要があります。

良い印象を持ってもらえるプロフィールを作り、メッセージも丁寧にやりとりをすることで、若さ以外の魅力を伝わる努力をしなければなりません。

当然、女性有料の婚活サイトもこのような努力は必要ですが、競争率という観点で言うと20代の女性会員が少ない女性有料サイトの方がマッチングしやすいです。

筆者もアラサー独身女なのでいくつかの婚活サイトに登録していますが、男性からのメッセージが多いのは有料のサイトです。年齢層も高めです。

無料サイトは登録した直後は同年代の男性からアプローチをもらうことが多かったですが、数週間経つと自分からアクションを起こさないとなかなかマッチングしなくなりました。

女性有料の婚活サイトの料金はどれくらいか

電卓とカレンダー

女性が有料のサイトの多くは、男性会員と女性会員が同じ料金体系です。月額固定で、平均すると3,000円前後です。

月に1回の飲み会代の価格で婚活ができることを考えると、入会金+月1~2万円の月会費が必要な結婚相談所よりとてもリーズナブルです。

■女性も有料の主要婚活サイト

税別(税別) 男性 女性
youbride 2,149~3,686円 2,149~3,686円
エキサイト婚活 1,750~3,500円 1,750~3,500円
ブライダルネット 3,000円 3,000円
ゼクシィ縁結び 2,400~3,980円 2,400~3,980円
Omiai 2,575~3,686円 2,575~3,686円
(20代の女性は無料)

ブライダルネット以外では、3ヶ月以上の長期プランによる割引があります。

有料プランを申し込む時は、まずは1ヶ月などの短期間のプランで試してみて、活動しやすいようなら長期プランに切り替えるのがおすすめです。

有料の婚活サイトも会員登録は無料でできる

スマホを見る女性

上記女性有料の婚活サイトは、プロフィール登録や会員検索は無料でできます。メッセージ交換からが有料になるところが多いです。

まずは複数のサイトに無料登録してみて、使いやすそう、メッセージのやりとりをしてみたいお相手が見つかったサイトで有料登録するという方法がおすすめです。

参考までに、今回紹介した女性有料の婚活サイトの特徴をまとめてみました。

■youbride

  • アラサー~アラフォー会員が多い
  • 顔写真の掲載率が低いので、掲載したくない人にもお勧め
  • 女性は無料会員で活動できる範囲が広い

→youbrideに会員登録してみる(無料)

■エキサイト婚活

  • アラフォー会員が多い
  • 女性への希望年齢が同年代の男性が多い
  • 顔写真の掲載率が高い

→エキサイト婚活に会員登録してみる(無料)

■ブライダルネット

  • アラサー会員が多い
  • 男性会員の約3分の1は年収600万円以上
  • プロフィールに最大10枚の写真が登録できる

→ブライダルネットに会員登録してみる(無料)

■ゼクシィ縁結び

  • アラサー会員が多い
  • 価値観がマッチした異性を毎日4人紹介してくれる
  • お見合いコンシェルジュがデートの日時を調整してくれる

→ゼクシィ縁結びに会員登録してみる(無料)

■Omiai

  • Facebook連動型の婚活アプリ
  • アラサー会員が多い
  • 累計会員数200万人超えの大型サイト

→Omiaiアプリをダウンロードしてみる(無料)