年収1,000万円以上の人と出会う方法は?嘘つき男に騙されないために

イケメン

年収1,000万円以上は結婚相手に求める最低条件。

このように考えている女性は数多くいます。

結婚後も仕事を続けたい、家庭に入って専業主婦になりたい、いろいろな考え方の人がいますが、結婚後の経済状況はとても大切な問題です。結婚する相手の収入次第では、専業主婦になりたくてもなれず、働かざるをえないケースもあるからです。

そういった意味で、相手の年収は少しでも高い方が良いと考えるのは自然なことです。

しかし、ここでお伝えしなければならないとても残念なお知らせがあります

実は、そういった婚活女性考えを逆手にとって年収1,000万円と嘘をついて婚活している男性がとても多いです。彼らに結婚の意思はなく、完全な遊び目的です。

年収1,000万円という(それも偽りの)スペックをチラつかせ、女性を騙そうとする嘘つき男が少なからず存在します。

では、こういった嘘つき男に騙されずに年収1,000万円男性をゲットするにはどうすれば良いのでしょうか。

婚活パーティーやネット婚活は嘘だらけ

壁ドン

とても残念なことなのですが、婚活パーティーやネット婚活で「年収1,000万円」と言っている人は嘘だらけです。

もちろん中には本当に年収1,000万円以上を稼いでいる人もいます。しかし、婚活パーティーやネット婚活はチェック体制が甘いので、参加者・登録者の年収をチェックすることはできません。

例えば、「年収1,000万円以上が集まるエグゼクティブ婚活」と言っても、実際には年収300万円の人でも普通に参加できます。

ネット婚活に関してはもっと簡単で、単純にプロフィール作成画面で「年収1,000万円」を選択すれば良いだけです。本人確認は行っていても、年収の確認まではおこないません。

エグゼクティブが集う婚活パーティーに参加する、ネット婚活の検索システムで「年収1,000万円以上」の人を探す。

いずれも簡単に年収1,000万円以上の人と出会う方法ですが、信頼度は極めて低く騙されてしまう可能性が高いことを知っておくべきです。

名刺をもらって信頼性を高めよう

名刺

出会った男性が本当に年収1,000万円以上稼いでいるのかどうか、見極める方法として「名刺を見せてもらう」のはおすすめです。

大企業の名前や、自営業の場合は会社名(+代表取締役)と書かれている名刺を見れば、ある程度その人の年収が予想できます。

さすがに、名刺まで偽名で架空のものを持っている人は少ないです。名刺をもらわなくても見せてもらうだけでOKです。それすら拒む人は、、、怪しいので避けたほうが良いです。

「名刺を見せて」と言って相手に嫌われないかな。。。と考える女性の方もいると思います。

しかし、男性側が少なからずあなたに好意を持っていれば、あなたとの関係を壊したくないはずなので照れながらも名刺くらいは見せてくれるでしょう。

ただ、大手企業の名前が書かれている名刺でも、実際は「派遣社員」で稼ぎが少ないことも考えられます。自営業の男性で会社名(+代表取締役)でも、儲かっていなくてただの遊び人ということも少なくないです。(私は男性なので、実際そういう人は凄く多いことを知っています)

そんな「ただの遊び人の男」を年収1,000万円男性だと勘違いして真剣に追いかけるなんてアホらしいですよね。

当サイトを見てくださっている女性の方には、本当に価値のある男性だけを全力で追いかけていただきたいです。

では、より確実に年収1,000万円以上の高スペック男性を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか。

結婚相談所に入会すれば確実に高年収の男性と出会える

エグゼクティブ

年収1,000万円以上の男性と確実に出会うには、結婚相談所を利用するのがおすすめです。

結婚相談所は入会金や活動費が少し高いのですが、変な男に騙されて捨てられるくらいならお金を払って本物の男性だけを狙った方が良いですよね。

最近は結婚相談所も活動費を値下げしているので、普通のOLでも十分利用できるくらいの料金になっています。

まず、結婚相談所は婚活パーティーやネット婚活と比較して活動費が高い分、経済的に余裕のある男性しか入会しません。遊び目的で結婚相談所に入会しても金銭的に割に合わないので、そういう人は結婚相談所は利用しないのです。

また、結婚相談所は入会審査があるので、男性は入会に際して収入証明書の提出が必要です。

つまり、年収を偽って入会している人は一人もいません。収入証明書を偽造してまで結婚相談所に入会する人がいるとするならば、それはもう「遊び目的」を越えた本物の詐欺師です。もし騙されたら警察に直行です。

エグゼクティブが集まる結婚相談所

シャンパン

結婚相談所には、会員数が多い大手やアドバイザーが親身に相談に乗ってくれる所など、いろいろな種類があります。その中でも、エグゼクティブな男性会員に特化した結婚相談所は特に女性に人気です。

結婚相談所の「誠心」は独自の人脈を使い、医師や歯科医師を中心に集めています。

男性会員の40%以上が医者や歯科医といった医療関係者、そして会社経営者や士業(税理士・弁護士など)の方も多いです。

結婚相談所としては異例の、年収1,000万円以上の男性会員比率57%を達成しています。誠心に登録している男性の半分以上が年収1,000万円です。このような結婚相談所は他にはありません。

エグゼクティブ特化型の結婚相談所なので、男性側の料金は安く抑えられており、女性の会員比率の方が多いです。とは言っても、誠心の男女比はほぼ5:5なので、女性の比率が若干上回る程度で調整されています。

また、登録料は3万円、活動費用も月額25,000円程度と結婚相談所の中では安価です。

毎月25,000円を払うとなると、ちょっと考えたくなりますよね。その気持ちは凄くわかります。

ただ、少し考えてみてください。
逆に言うと、それでも年収1,000万円以上の男性と出会いたいと考える女性が多いからこそ、誠心のような結婚相談所が成り立っているのです。

頭のいい女性はみんな、「高年収な男性と確実に出会えるなら25,000円くらいのお金は安い、下手な婚活パーティーで騙されるよりはマシ」だということを知っているので、誠心で確実な出会いを見つけます。

誠心はこうした理由から男性側の料金を下げることができるので、医者や経営者、士業などのエグゼクティブ層を集めることができているのです。

悔しいですが、毎週の飲み会や合コン、そして習い事に支払っている月謝を我慢して、結婚相談所で出会いの質を高めることができる「したたかな女性」こそが、価値の高い本物の男性をゲットしているのが現実です。