イケメン

年収1,000万円以上は結婚相手に求める最低条件。

このように考えている女性は数多くいます。

結婚後も仕事を続けたい、家庭に入って専業主婦になりたい、いろいろな考え方の人がいますが、結婚後の経済状況はとても大切な問題です。

結婚する相手の収入次第では、専業主婦になりたくてもなれず、働かざるをえないケースもあるからです。

そういった意味で、相手の年収は少しでも高い方が良いと考えるのは自然なことです。

しかし、このように考えている婚活女性に、年収1,000万円と嘘をついて婚活している男性がとても多いです。

このような男性は、年収1,000万円という(それも偽りの)スペックをチラつかせて気を引いて、完全な遊び目的で女性に近づきます。

このような嘘つき男に騙されずに、年収1,000万円男性をゲットするための方法を解説します。

婚活パーティーやネット婚活は嘘だらけ

壁ドン

とても残念ですが、婚活パーティーやネット婚活で「年収1,000万円」と言っている人の中には、嘘をついている人も混ざっています。

もちろん、中には本当に年収1,000万円以上を稼いでいる人もいます。

しかし、婚活パーティーやネット婚活はチェック体制が甘いので、参加者・登録者の年収をチェックすることはできません。

例えば、「年収1,000万円以上が集まるエグゼクティブ婚活」と言っても、実際には年収300万円の人でも普通に参加できます。

ネット婚活に関してはもっと簡単で、単純にプロフィール作成画面で「年収1,000万円」を選択すれば良いだけです。

本人確認は行っていても、年収の確認まではおこないません。

エグゼクティブが集う婚活パーティーに参加するのも、ネット婚活の検索システムで「年収1,000万円以上」の人を探すのも、信頼度は極めて低く騙されてしまう可能性が高いことを知っておくべきです。

そう簡単には、年収1,000万円以上の人とは出会えないものです。

名刺をもらって信頼性を高める

名刺

出会った男性が本当に年収1,000万円以上稼いでいるのかどうか見極める方法のひとつ、「名刺を見せてもらう」のはおすすめです。

大企業の名前や、自営業の場合は会社名(+代表取締役)と書かれている名刺を見れば、ある程度その人の年収が予想できます。

さすがに、名刺まで偽名で架空のものを持っている人は少ないです。

名刺をもらわなくても見せてもらうだけでOKです。それすら拒む人は、、、怪しいので避けたほうが良いです。

中には、「名刺を見せて、と言って相手に嫌われないかな。。。」と考える女性の方もいるかもしれません。

しかし、男性側が少なからずあなたに好意を持っていれば、あなたとの関係を壊したくないはずなので照れながらも名刺くらいは見せてくれると思います。

ただ、名刺が立派でも実際の稼ぎが少ないケースもあるので、参考程度にとどめるのが懸命です。

たとえば、下記のような男性は名刺だけでは見抜けません。

■名刺が立派でも低収入なケース

  • 勤務先は大手企業だが、派遣社員
  • 自営業で代表取締役だが、儲かっていない(もしくは遊び人)

私は男性なので、実際上記のような人も少ないことを知っています。

こんな男性を、年収1,000万円男性だと勘違いして真剣に追いかけるのは損です。

より確実に年収1,000万円以上の男性を見つけたいなら、収入証明書も提出している結婚相談所が一番安心です。

結婚相談所では確実に高年収の男性と出会える

エグゼクティブ

年収1,000万円以上の男性と確実に出会うには、結婚相談所を利用するのがおすすめです。

一番の理由は、結婚相談所には入会審査があり、その際に男性は収入証明書を提出する必要があるからです。

つまり結婚相談所では、年収を偽って入会することができません。

収入証明書を偽造してまで結婚相談所に入会する人がいるとするならば、それはもう「遊び目的」を越えた本物の詐欺師です。もし騙されたら警察に直行でOKです。

結婚相談所は入会金や活動費が少し高いのですが、変な男に騙されて捨てられるくらいなら、お金を払って本物の男性だけを狙った方が良いと思います。

最近は結婚相談所も活動費を値下げしているので、普通のOLでも十分利用できるくらいの料金になっています。

そして結婚相談所は、婚活パーティーやネット婚活より活動費が高い分、経済的に余裕のある男性が多いです。

遊び目的で結婚相談所に入会しても金銭的に割に合わないので、そういう人は結婚相談所は利用しません。

高収入男性に特化した結婚相談所もある

シャンパン

結婚相談所には、会員数が多い大手やアドバイザーが親身に相談に乗ってくれる所など、いろいろなタイプがあります。

中には、エグゼクティブな男性会員に特化した結婚相談所もあります。

たとえば、結婚相談所の誠心は、独自の人脈を使って医師や歯科医師を中心に集めています。

その結果、年収1,000万円以上の男性会員比率が60%を超えているという、業界の中でも突出した高収入男性の比率の高さを実現しています。このような結婚相談所は他にはありません。

■結婚相談所「誠心」男性会員のスペック

  • 男性会員の約半数が医師・歯科医師
  • 男性会員の62%が年収1,000万円超え
  • 医療関係者以外の男性会員は、会社経営者士業(税理士・弁護士など)がほとんど

誠心(SEISHIN)の詳細解説はこちら

誠心はエグゼクティブ男性と出会える特別な結婚相談所でありながらも、料金は結婚相談所の中では平均~安い方です。

登録料は30,000円、月額の活動費用25,000円程度で利用できるので、一般女性も利用できる費用です。

しかし、それだけ年収1,000万円以上の男性と出会いたいと考える女性が多いので、誠心のような結婚相談所が成り立っているということなので、ここでもライバルの女性が多いことには変わりありません。

そこで誠心は男性側の料金も比較的リーズナブルに設定することで、より多くの医者や経営者、士業などのエグゼクティブ層を集めることができています。

その他、誠心が高収入男性との結婚に強いかについては次の記事をご参照ください。