アラサー向けファッション雑誌

アラサー(30代前後)の女性をターゲットにしているファッション雑誌は、50種類以上あります。

婚活やデートをきっかけに「おしゃれをしよう」と思い立っても、どの雑誌を参考にすれば良いかわからない人も多いです。

ファッション雑誌には、それぞれメインターゲットの年齢層やテイストがあります。

今回は、人気が高いアラサー向けファッション雑誌の中を、テイスト別にまとめてみました。

シンプル・ナチュラル系のファッション誌

まずは、シンプルめ路線のファッション雑誌を見てみます。可愛すぎるファッションが苦手な人にもおすすめです。

いずれも働く女性をターゲットにしている雑誌なので、通勤スタイルの参考にもなります。

Oggi(オッジ)

オッジ

■ターゲット
アラサーの働く女性

■起用モデル例
矢野未希子、水沢エレナ

Oggi(オッジ)は、20代後半~30歳前後の働く女性をターゲットにしたファッション誌です。

カジュアル系ファッションが中心のAneCanと同じ、小学館が出版しています(AneCanは現在、休刊しています)。

AneCanと比べると、Oggiはシンプルなファッションやコンサバ系を中心に取り上げています。

トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える心地いいスタイル」をコンセプトにしています。

オッジ 公式サイト

CLASSY(クラッシィ)

クラッシィ

■ターゲット
30代の働く女性

■起用モデル例
オードリー亜谷香、道端ジェシカ

CLASSY(クラッシィ)は、オッジと共にOL誌と呼ばれているファッション雑誌です。

20代後半をターゲットにしており、購読者は24歳~30歳のOLが多いです。

女子大生向け雑誌「JJ(ジェージェー)」の姉妹誌で、CLASSYは大人っぽいコンサバ系ファッションがメインです。

クラッシィは、OL向けに方向転換するまでは、やや高級志向の女性向けの雑誌だったという過去があります。

「classy」とは「高級な」という意味で、ファッションにお金をかけるお嬢様層をターゲットにしていました。

その名残りで、現在も欧米の有名ブランドをピックアップすることも多いです。海外ブランドに興味がある女性にもおすすめです。

クラッシィ 公式サイト

BAILA(バイラ)

バイラ

■ターゲット
30代の働く女性

■起用モデル例
桐谷美玲、中村アン

BAILAも、30代OLからの支持が高いファッション雑誌です。通勤服から普段着まで、さまざまな着こなしの特集を行っています。

シンプルでカジュアルな着こなしが中心で、肩を張らないデートにも使えるファッションが多いです。

ZARAやユニクロなどのプチプラファッションを扱うこともあるので、身近なブランドからおしゃれを始めてみたい人にも向いています。

バイラ公式サイト

ガーリー系のファッション誌

次は、大人になっても可愛くありたい女性向けのガーリーなファッション雑誌を見ていきます。

10代から20代前半が着る「カワイイ服」とは違う、大人可愛いファッションを中心に取り上げています。

Sweet(スウィート)

スウィート

■ターゲット
20代後半の女性

■起用モデル例
吉川ひなの、紗栄子、ローラ

Sweet(スウィート)は、20代後半の女性をターゲットにした、大人カジュアル~大人ギャル系のファッション雑誌です。

コンセプトは「大人可愛いスウィートワールド」、キャッチフレーズは「28歳、一生”女の子”宣言!」と、ターゲットをかなり明確にしています。

ガーリー系ファッションが好きな30歳前半の女性にも人気で、アラサーのファンが多いです。

ブランドとコラボした豪華な付録が多いことでも評判で、過去にはジルスチュアートのポーチなどが付いていました。

スウィート 公式サイト

InRed(インレッド)

インレッド

■ターゲット
30代の女性

■起用モデル例
田中美保、石原さとみ、高橋愛

InRed(インレッド)は、30代女性をターゲットにしておいるファッション雑誌です。

コンセプトは「いくつになっても永遠に可愛い大人の女。」と、30代が取り入れやすい大人カジュアルファッションを取り上げています。

フェミニンな着こなしも多いので、男性とのデート服の参考にもしやすいです。大人カジュアルなSweetより、ややモード寄りのテイストです。

有名人モデルを多く起用しており、付録はバッグや財布など豪華なものが多いです。

インレッド 公式サイト

with(ウィズ)

ウィズ

■ターゲット
20代~30代前半の女性

■起用モデル例
佐々木希、鈴木ちなみ

with(ウィズ)は、講談社が発行している20代後半~30代の女性がターゲットのファッション誌です。

「楽しく働くオシゴト女子向け」をコンセプトにしており、ややフェミニン~綺麗めカジュアルなファッションが多いです。

OLの通勤服からデートに使えるファッションまで、幅広く特集しています。

インターネットポータルサイト大手のexciteが公式サイトを運営しているので、ウェブサイトのコンテンツも豊富です。

ウィズ 公式サイト

大人カジュアル系のファッション誌

大人向けのカジュアル雑誌には、10代の頃にカジュアルファッションが中心だった人もチャレンジしやすい着こなしが多いです。

30歳ならではのカジュアルファッションを勉強したい人におすすめです。

MORE(モア)

モア

■ターゲット
20代後半~30代の女性

■起用モデル例
内田理央、岸本セシル

MORE(モア)は、集英社が発行している20代~30代のOLをターゲットにしたファッション雑誌です。

前述のwithとファッションの系統は似ていますが、withよりややカジュアル寄りです。

non-noなどを好む女性が、アラサーになってMOREに切り替えるケースも多いです。

モア 公式サイト

VERY(ヴェリィ)

ヴェリィ

■ターゲット
30代の主婦・子持ち女性

■起用モデル例
滝沢眞規子、神山まりあ

VERYは、30代の既婚女性をターゲットにしているファッション雑誌です。

ママになっても女性らしく輝けるファッションを提案していますが、動きやすい服装を好む女性にとっても参考にもなります。

発行企業はCLASSYと同じで、働く女性をターゲットにしたCLASSYと、主婦をターゲットにしたVERYで読者が分かれます。

しかし、最近はCLASSYとVERYの読者が似てきていることもあり、VERYを読む未婚者も多いです。

ヴェリィ公式サイト

Domani(ドマーニ)

ドマーニ

■ターゲット
30代から40代の働く女性、ワーママ

■起用モデル例
長谷川理恵、松島花

Domaniのメインターゲットは30代から40代のワーママで、格好いい大人の女性を目指したい人に人気です。

働く女性もおしゃれに着こなせるファッションが多いので、独身女性のファンも多いです。

大人カジュアルやコンサバ系のファッションが中心で、垢抜けメイクや体型カバーの解説なども充実しています。

ドマーニ公式サイト

豆知識:アラサーという言葉はファッション誌から生まれた

GISELe (ジゼル)

「アラサー」という言葉は、ファッション雑誌GISELe(ジゼル)というファッション雑誌が最初に発信したと言われています。

当初は、大人向けファッションのターゲット年齢を、明確に●歳と言わずに表現するために「アラサー」という言葉を使っていました。

アラサーという言葉が一般的に広まるにつれて、結婚世代働く女性を表現するために使用するシーンが増えていきました。

アラフォー・アラフィフという、アラサーからの派生語も生まれました。

自分に合うファッションがわからない時は

メイクする女性

今までファッションにあまり興味がなかったという人の中には、「自分がどんなファッションが好きか」がわからず悩んでいるケースも多いです。

そんな場合は、町ですれ違う女性のファッションを見たり、とりあえず目についたファッション雑誌に目を通したりするところから始めるのがおすすめです。

さまざまなファッションを見てみて、こんな感覚になったファッションがあったら、チェックしておきます。

  • なんとなく心が踊る、ときめく
  • 自分と似た雰囲気の人のファッションが、素敵だと感じる
  • 「こうなりたい」と憧れる

ピンときたファッションを、まずはプチプラブランドで真似してみます。実際にいろいろな服を着てみると、だんだんと「着ているとワクワクする服」のイメージが固まっていきます。

おしゃれは、試行錯誤も大事です。最初は大変かもしれませんが、自分が目指したいファッションがイメージできるようになると、試行錯誤も楽しめるようになっていきます。

忙しい人は、ファッション雑誌のデジタル版を見てみるのもおすすめです。大手ファッション雑誌のほとんどは、電子版を購読できます。

通勤の合間にスマホやタブレットでファッション雑誌を眺めて、感性を磨くところから始めるのも良いと思います。