アラサーとは

最近よく耳にする「アラサー」という言葉、その意味を知っていますか?

なんとなく知ってるけど詳しくは知らない人は、あなた自身はアラサーなのかチェックしてみましょう。

アラサーの定義は25歳~34歳が主流

考えるカップル

アラサーとは、「around 30(アラウンドサーティー)」の略です。

直訳すると「30周辺」という意味になり、つまり30歳前後の人という意味です。

「30歳前後」をどこまでの範囲を指すか明確な定義はありませんが、近年は四捨五入して30歳になる25歳~34歳を指すケースが増えてきています。

もしくは、よりターゲットを狭めて27歳~33歳の人をアラサーと呼ぶこともあります。

アラサーという言葉はファッション業界から生まれたこともあり、最初は女性のことを指していましたが、最近は男女ともに30歳前後の人のことをアラサーと指すようになりました。

■豆知識:アラサーの由来

アラサーという言葉は、2006年頃から使われる言葉になりました。

きっかけはファッション雑誌GISELe (ジゼル)が、1990年台中盤に高校生~大学生だった当時の30歳前後の女性のことを表し始めたことです(→アラサー女子に人気のファッション雑誌ランキング)。

ちなみに1990年台中盤というと、ルーズソックスやプリクラ、茶髪、コギャルなどが流行していた時代です。

アラフォーなどの派生語も誕生

アラフォー女性

アラサーという言葉が生まれてしばらくすると、アラフォー・アラフィフ・アラカン(アラ還)などの派生語も生まれてきました。

最近では特にファッション業界を中心に、すべての世代に「アラ◯◯」という言葉を使い始めています。

■アラサーの派生語 一例

  • 20歳前後 → アラトゥエ・アラハタ(はたちなので)
  • 30歳前後 → アラサー
  • 40歳前後 → アラフォー
  • 50歳前後 → アラフィフ
  • 60歳前後 → アラカン(還暦なので)
  • 70歳前後 → アラセブ・アラコキ(古希)
  • 80歳前後 → アラエイ
  • 90歳前後 → アラナイ

特に、アラフォー・アラフィフという言葉は、徐々に浸透してきているように感じます。

印象としては、「私もうアラフォーだから」など、もう若くない年齢というニュアンスで使う人が多い気がします。

婚活シーンにおいては、アラサーが結婚適齢期を指す言葉なのに対し、アラフォー・アラフィフは結婚適齢期を逃した年代と言われるケースもあります。

アラフォー・アラフィフは結婚適齢期を逃した世代?

笑顔の女性

確かに、女性の出産リスクが少ないのは35歳までと言われているので、そういう意味ではアラサーは結婚適齢期とも言えます。

実際に、25~35歳くらいの間に結婚して子どもを産みたい、と考えている女性も多いです。

しかし今は晩婚化の時代になりつつあり、アラサーを過ぎた世代の結婚が増えてきています。

芸能人で言うと、夏木マリさんや桃井かおりさんがアラカン婚で幸せになったことも話題になりました(→こちらで晩婚の芸能人を紹介しています)。

そして、これから晩婚化はさらに進んでいくと予想できます。

アラフォー以上の結婚はこれから増える

料理をするシニアカップル

晩婚化が今後も増えると考えられるのは、女性の社会進出が今後も続いていくと思われるからです。

晩婚化の要因は、都市部を中心に女性がキャリアを築くことができるようになり、結婚を急ぐ必要がなくなったことが大きく影響しています。

そのため、仕事が多い都市部の方が、地方より晩婚の傾向があります。

そして少子化が続く日本では、これからも女性の労働力は求められていきます。

また、女性が働くようになったことで経済的に自立し、離婚率も年々高くなっています。

これは共働き夫婦が増え、離婚という選択がしやすくなったためです。

今までは夫婦関係に問題があっても、専業主婦の女性が大半で離婚すると生活ができなくなるため、我慢をしてきていました。

■4人に1人は離婚する時代

厚生労働省が調査した人口動態の統計によると、2015年の婚姻件数は約64万組です。

そのうち26.8%は再婚による婚姻というデータが出ています。

つまり約4人に1人は再婚をしているということです。

離婚率が上がると再婚率も上がりやすくなり、再婚が増えるとアラサーを過ぎてから晩婚に至る人も珍しくなくなっていきます。

このような時代の流れから、これからはアラフォー・アラフィフ以上の結婚もどんどん一般的になっていくと考えられます。

「結婚適齢期」という言葉の意味合いも、もしかしたら変わっていくかもしれません。