スマホを持ち悩む女性

婚活サイトやマッチングアプリでは「メールの返事が来ない」「メッセージの返信しない人が多い」という悩みがつきものです。

ペアーズやOmiai、ゼクシィ縁結びなど、今は婚活アプリの種類も増えてきましたが、どのアプリでも同じ嘆きを耳にします。

今回は、相手からメールが返ってこない理由をまとめ、返信率を上げるための対策を解説します。

婚活サイトで返事が返ってこない理由とは

婚活サイトを始めたばかりの人は、友だちとのラインと同じ感覚でメッセージ交換をしていると、返信率の低さに落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、婚活サイトでは、返信が来なくなることも珍しくありません。

返信が来なくなる主な理由は、下記4点です。

■婚活サイトで返信が来なくなる理由

  • メールを見ていない
  • 返事をしにくい内容だった
  • マズイことを言ってしまった
  • 別に良い相手が見つかった

それぞれ具体的に見ていきます。

メールを見ていない

パソコンとスマホを置いた机

返事が返ってこない第一の理由として、単純にあなたからのメールを見ていない場合があります。

婚活サイトやマッチングアプリでは、このパターンも意外と多いです。

特に女性無料の婚活サイトは、婚活のペースがゆっくりの人や、何週間もログインせず放置する人もいます。

お金がかからないので「良い人がいれば」くらいの感覚で始めている人も多いからです。

アラサー女の私も、女性無料の婚活アプリはいくつか使ってみましたが、仕事が忙しいなどプライベートが立て込んだらしばらく放置しました。

特に、良いなと思う男性とメッセージやり取りをしていないタイミングだと、新しく「いいね」が届いているという通知を見ても、後回しにしがちでした。

アプリによっては、相手の最終ログイン時間がわかるので、最後にログインしてから何日も経っている場合は、このような放置パターンがほとんどです。

タイミングも縁の一つなので、これは諦めるしかありません。

男性は「お金を払っているからマッチングするぞ」と気合を入れて利用していても、女性も同じモチベーションではないと思っておいた方が楽かもしれません。

婚活サイトの既読機能について

婚活サイトには、LINEのようなメッセージの未読・既読機能は基本的にありません。

なので、相手がメッセージを開封しているかはわからないです。

ちなみに、一部婚活アプリでは、有料オプションで既読機能をつけることもできます。

代表的なオプション既読機能が付けられるアプリは、ペアーズやOmiai、withです。

一方、ゼクシィ縁結びのように、既読機能が一切ない婚活サイトもあります。

返事をしにくい内容だった

スマホを見る男性

しかし、相手がメールを開封したにも関わらず、返信しなかった場合ももちろんありえます。

その場合は、自分が返事をしにくい内容を送ってしまっているケースが多いです。

もし立て続けに返信が来ないことが続くなら、今一度メール内容を確認することをおすすめします。

■相手が返信しづらいメール内容

  • どこに住んでいるかなど、相手のプライバシーに関わる情報を詳しく聞こうとする
  • 質問責め
  • 自分のことばかり話す
  • 相手の話を聞いていない
  • コピペあいさつメール

たとえば、マッチングしてすぐに「どこに住んでるの?」「どの辺で働いているの?」のように住所を特定しようとする質問をすると、特に女性は警戒します。

そうでなくても、あまりにも質問ばかりのメッセージだと女性を疲れさせてしまい、その結果返信が来なくなるケースも多いです。

特に、気になる人にアピールしようとして、相手の話を聞かずに自分の話ばかりするのも、返信が面倒になりやすいです。

しかし、だからといって「●●です、宜しくお願いします!」のような簡素なコピペ挨拶も読み流されやすいので、加減が難しいところではあります。

特に人気のある会員は、毎日10人以上からアプローチが来ることも珍しくなく、1通1通に時間を掛けていられません。

そうなると、プロフィールで特に惹かれない人からのテンプレメールは足切りして、スペックが高い人以外は返信しなくなっていきます。

よって婚活サイトでは、相手が返事を返しやすいメッセージを送信することが何よりも大切です。

質問攻めになってしまいがちな人は、1回のメッセージで質問は1つ、多くても2つまでに絞るように気をつけることをおすすめします。

また、質問以外の話をする時も、自分の話ばかりではなく、相手のプロフィールを見て話題を広げることもおすすめです。

「プロフィールをちゃんと見てくれているんだ」という特別感も感じてもらいやすいので、誠意も伝わります。

■返信しやすいメッセージ例

マッチングありがとうございます。Bさんのプロフィールで旅行が好きだというのを見て、気が合うかなと思っていいねしました。よろしくお願いします!

(相手のプロフィールを見た上で話す)

いいねありがとうございました。旅行は好きで年に1回は行っています。よろしくお願いします!

年1の旅行、良いですね。私も国内旅行は年に1回は行っているかもしれません。先月は沖縄に行きました。Bさんはどこの旅行が良かったですか?

(質問だけでなく、自分の話も軽くして質問攻めにならないようにする)

沖縄も好きですが、夏の北海道も楽しかったです!雪はないですが、夏でも涼しいので食べ歩きにはもってこいでしたよ

メールの返信については、「婚活サイトでメールの返信率を30%アップできる3つの方法」もご参照ください。

マズイことを言ってしまった

失敗

場合によっては、相手に対して失礼なメールを送ってしまった可能性があります。

たとえば、女性に対しては体型や年齢、外見について、男性に対しては収入や身長の話題は、地雷を踏んでしまうリスクが高いです。

■婚活メール失敗エピソード

30代の男女がお互いの婚活についてメールで会話をしている時、何気なく男性が

20代の女性からは返信がないので、最近は30代の方にもメールしています

と言ったことに嫌な思いをした、という女性の口コミが多いです。

このメッセージは、30代女性にとっては「妥協してあなたにアプローチしています」という意味合いに取られるので、無礼です。

もしメールが返ってこなくなったら、再度送信メールを読み返して「自分に落ち度がなかったか?」をチェックしてみることをおすすめします。

知らぬ間に、相手が傷つく内容のメールを送っているかもしれません。

婚活サイトでは、一度メールが返ってこなくなったら、その人と再び連絡をすることは難しいです。

もし相手に対して失礼なメールを送ってしまったと思ったら、今後の教訓として反省して次の人を探すしかありません。

別に良い相手が見つかった

手を繋ぐ

自分自身に落ち度があるわけではなく、相手に良い相手が見つかって婚活サイトを卒業することもありえます。

一度婚活サイトに登録すると、交際に発展しても退会手続きをする人は意外と少ないです。

もし良い相手が見つかったらそのサイトにはログインしなくなるだけで、会員情報は残しているケースが大半です。

このような理由で放置状態になっている場合、返信はほぼ来ません。

もしくは交際までは発展していなくても、複数の異性と同時進行でメールをしていた中で良い相手が見つかり、返信する相手を絞るということも考えられます。

あまり気にしすぎないのも大事

携帯を持つ女性

以上のように、婚活サイトで返信が来なくなる理由には、自分自信に原因がある場合と相手都合の場合、どちらもありえます。

婚活サイトでは、多くの会員が多くの人と同時にメールのやりとりをしています。

プロフィールや仕事、趣味に関することなど、同じ話題を何度も聞いたり、返さなくてはならないケースも多いので、それに疲れてしまう人も多いです。

サイトを利用している人の声を聞いても、「何の理由もなく突然メールが返ってこなくなった」というのはよくある話なので、あまり気にしすぎないことが大事です。

気に入った人からいきなり返事が来なくなるとツライですが、ある程度は「婚活サイトはそういうものだ」と割りきることも必要です。

返信がこなくなる経験を積み重ねて、相手と楽しくメールができるようになってからマッチングした縁を大切にすれば大丈夫です。