悩む女性

男性との初めてのデートが楽しかったにも関わらず、2回目のデートに誘われない。

もしくは、ラインやメッセージで誘っても返信がない。

何かやらかした、失敗した自覚がないにも関わらずデートが1回きりになってしまったら、「楽しかったのに、なぜ?」と悩んでしまいます。

特に、婚活中にこのようなデートが続くと、気が滅入ってしまうというもの。

もちろん、ただ相性が合わなさそうだっただけの場合も多いです。こればかりは仕方ありません。

しかし、女性側がちょっと気をつけるだけで、2回目のデートに繋がる可能性を高められることもあります。

誘われない原因かもしれない5つの言動

悩む女性

立て続けに2回目のデートに誘われないケースが続く場合は、あなたの会話か言動に理由があるかもしれません。

大きく分けて、下記のような初回デートになると2回目に誘われづらいです。

■2回目デートに誘われない原因5つ

  • 女性が話しすぎた
  • 受け身すぎて脈なしと思われた
  • 清潔感がないと思われた
  • 品がないと思われた
  • 奢ってほしい気持ちがバレバレだった

それぞれの課題ごとに、改善するための方法をまとめます。

女性が話しすぎた

デート中の女性

楽しいあまり女性が話しすぎてしまった場合は、男性が脈なし判定をしたかもしれない理由が3つあります。

男性に気を遣えなかった
男性が話しづらそうにしていたり、表情の変化があったりしたことに気付けていなかったかもしれません。
男性の話を聞いていなかった
無意識に男性の話をさえぎってしまったり、すぐに自分の話ばかりしていたかもしれません。
女性のことを知りすぎた
1回目のデートで女性のことをたくさん知りすぎて「もう一度会って話がしたい」という気になれなかった可能性もあります。

これは男女問わずですが、相手の話ばかりをされるより、自分自身の話も聞いてくれる方が居心地がよく感じます。

特に、聞き上手な男性の前だとつい話しやすくて、女性ばかりが話してしまいがちです。

2回目のデートに誘われなかったのであれば、男性の微妙そうな表情などを見落としていたかもしれません。

また、男性心理として「女性を追いたい」という本能があります。

最初から自分の情報を与えすぎると、「もっと彼女について知りたい」という気持ちがなくなっていきます。

お喋りが好きな女性は、女性同士と話す時以上に聞く側に回るように意識してみる。

受け身すぎて脈なしと思われた

カップル

と言っても、あまりにも受け身すぎるのもよくありません。

男性は下記のように感じて、2回目のデートに誘わなくなります。

面倒くさい女だと感じる
何でも男性まかせで自分は何もしないので、「付き合うと面倒そう」だと感じてしまいます。
脈なしだと思う
あまりにも反応が悪いと、よく思われなかったんだなと感じ、それ以上アプローチしづらいです。

話が聞き上手な女性と、受け身な女性は別物です。

笑顔で相槌を打ったり、「それって○○ってことですか?」など質問をして話を掘り下げたりすると、男性は「聞き上手で安心する人だな」と思ってくれます。

また、食事のメニュー決めで「なんでも良いです」「おまかせします」と言うのも、男性にとっては面倒くさく感じるもの。

女性本人は男性を立てているつもりでも、優柔不断・重い印象を与える可能性があります(→重い女はどう思われるか)。

どれか決められなくても「これとこれで迷っています」など、複数の候補を出せば、男性は「じゃあ、これにしますか」と決定しやすいです。

また、もしデートでうまく話せなかった、受け身になってしまったかも、と思ったら、帰り際にフォローの一言を入れるだけでも違います。

緊張してうまく話せなかったですが、楽しかったです。またお会いしたいです」と笑顔で言って、帰りにお礼メールを送るのがおすすめです。

男性の話には笑顔で相づち&質問を。

受け身になってしまったと思ったら、帰りに楽しかったことを自分の言葉で伝える。

清潔感がないと思われた

考える男性

女性が男性に清潔感を求めるのと同じく、男性も清潔感がある女性を好みます。

頑張っておしゃれをしているつもりでも、下記のようなことを見落としていないかチェックします。

服装がだらしない
皺やヨレがある服、毛玉だらけのニットは、生活がだらしない女性だと思われてしまいます。
髪がボサボサ
パサついてボサボサの髪は、男性から女性らしさを感じてもらえません。
くさい
少し近づいた時に口臭がしたり、体臭がくさかったりすると、一気に冷めてしまいます。

服装や髪型に清潔感がないと、生活がだらしなさそうと思われてしまいます。

女性として見てもらいづらい上に、結婚して一緒に暮らしたくないと感じてしまい、婚活を通したデートには誘わなくなります(→アラサーの婚活向けファッションについて)。

デートできる服はシワや毛玉ができないようにお手入れをして、髪の毛もメイクと同じくらい気を遣うようにします。

また、たまに体臭を気にして香水をたくさん付ける人がいますが、これも男性には悪印象です。

特に、食事の場で香水の匂いが強いと、食事の邪魔になってしまいます。

初心者のうちは、香水を付けるのは身体の中で2~3箇所にとどめておくと安心です(→恋に効くフェロモン香水とは?)。

もし自信がなければ、良い香りの柔軟剤などの方が無難ですし、男性ウケも良いです。

身だしなみは、おしゃれだけでなく清潔感しっかり感も大事に。

慣れないうちはおしゃれな友達にアドバイスをもらったりファッション雑誌で勉強したりすると安心。

品がないと思われた

ビールを飲む女性

まずは無意識に下記のような女になっていないか、注意深く思い返してみます。

食べ方などの所作が汚い
育ちが悪い、ガサツという印象を与えるので、また会いたい、結婚したいと思えません。
TPOをわきまえない
静かな雰囲気のお店で大きな声で話すなど、空気が読めない言動には冷めてしまいます。
店員への態度が悪い
男性には丁寧に話していても、店員にがさつに話していたら「将来はこうなるのか」と思われてしまいます。

男性は女性が思っている以上に、食べ方や仕草を見て人柄を知ろうとしています。

特に、婚活で出会った女性は「将来結婚するかも」という気持ちが少なからずあるので、しっかり見ています。

女性が口に食べ物が入っているのに喋りまくる音を立てて食べる肘をついて食べるなどのマナーが悪い食べ方をしていたら、幻滅します。

大きな声で話したり笑ったりするのも、おしゃれなお店ではマナーが悪いと思われてしまうので、お喋り好きさんは注意が必要です。

また、店員さんへの対応が乱暴だったり雑だったりすると、どんなにそれまで良い雰囲気だったとしてもマイナス印象が強くなります。

男性の中で「裏表がありそう」「結婚して何年も経ったらこうなりそう」という不安が大きくなります。

きれいな食事ができるように日頃から意識して、初回デートでも安心して会えるように。

意中の相手の前だけでなく、店員さんなど全ての人に誠実な気持ちを持つことを、今から心がける。

奢ってほしい気持ちがバレバレだった

セレブ婚

最初から奢ってもらう気満々の女性は、どんなに美人でも男性は引くので要注意です。

ペアーズなど最近の婚活アプリでは、男性が初回のデート費用を奢るかどうかもプロフィールで見ることができます。

しかし、そこで「男性が全て払う」と書いていたとしても、会計の時に財布は必ず出すようにすることをおすすめします。

そうすることで、自立した女性だという印象を持ってもらうことができます。

会計時にさっさとお店を出る、奢るとは一言も言っていないのに「ごちそうさまです」と言うなど、奢ってもらって当然という態度は2回目のデートに繋がりません。

お会計時、必ず財布を出して「自分も払う意志がある」ことを表す

高望みをしすぎている可能性も

モテる男性

上記のような言動に身に覚えがない場合は、単純に相性が悪かった、縁がなかったとも考えられます。

もし相性が合わず2回目のデートに誘ってもらえないことが続く場合は、理想が高すぎる可能性もあります。

もっと突っ込んで言うと、身の丈に合っていない男性ばかりと会っている可能性もあります。

婚活サイトだと、プロフィールの作り方や写真などで自分の格を高めに見せることもできます。

頑張れば、高収入の男性などハイスペックな人とのデートも叶います。

しかし、ハイスペックな男性は、女性にも相応の質を求めます。

たとえば、高収入な男性は、同じく仕事にまっすぐ打ち込むキャリア女性が好きな人も多いです。

あわよくば専業主婦になりたい…と思っている女性とは、価値観が合わないということです。

1回目のデートで終わる出会いが続いている場合は、普段はあまり会おうとしない男性とも会ってみることをおすすめします。

視野を広げるだけで、今まで見逃していた実は相性の良い男性が見つかるかもしれません。

女性から2回目のデートに誘ってもOK

スマホを持つ女性

女性は男性からのデートのお誘いを待ちがちですが、女性からデートに誘ってももちろんOKです。

デートを誘う時に「断られるかも」と不安になる気持ちは、男性も同じです。

そして男性の多くは、女性からデートに誘ってもらったら「嬉しい」と感じます。

最初のデート中に「是非またお会いしたいです」と誘うのも良し、ラインやメッセージで後日お誘いするのも良しです。

その際、なるべく断られにくくなるデートの誘い方のコツを押さえると、案外あっさりと2回目のデートが約束できるかもしれません。