笑顔の女性

婚活サイトで知り合ってメッセージのやりとりも良い雰囲気。

ようやく「会いましょう」という話になって初めてデートをする時は、とてもワクワクするものです。

私自身も、ネット婚活で知り合った相手と初めて会う時は、普段よりもワクワク感と緊張感が大きく、ドキドキします。

今回は、ネットで知り合って初めてデートする時に知っておくと良い3つの注意点をご紹介します。

初デートで気をつけるべき3つのポイント

女性

私が経験則から学んだ、婚活サイトで知り合った異性とのデートで注意したいポイントは3つです。

■婚活サイトからの初デートでの注意点

  1. 事前にラインなどの連絡先を聞いておく
  2. デートのプランを決めておく
  3. 初デートの時間は短めに

それぞれ具体的に見ていきます。

事前にラインなどの連絡先を聞いておく

悩む男性

ネット婚活の場合は特に「お互いが顔を知らないもの同士」なので、できればLINE(ライン)の連絡先を交換しておきましょう。

もしラインを持っていないということであれば、電話番号とメールアドレスの両方を聞けると安心です。

お互いに実際の顔を知らない状態での待ち合わせになるので、婚活サイト上でのメッセージ交換のみだと待ち合わせ場所でどこにいるのかわかりにくいです。。。

メールで「どこにいますか?」と聞いて「◯◯の前です」と言われてもわからなず、待ち合わせ時間を大幅に過ぎてしまう…という困ったことになるかもしれません。

初デートで顔を合わせる時は、電話しながら「あっ、見つけた!」と話しながら会えると安心です。

婚活サイトのメッセージで楽しい会話ができていれば、事前にライン交換できる確率も上がります(→ラインで盛り上がる会話について)。

どうしても緊張してしまう場合は、メッセージでお互いの服装を教えあっておくとスムーズです。

また、もし婚活サイト上でお互いのプロフィール写真(顔写真)を公開していなければ、会う前にお互いの顔写真を交換しておきたいところです。

ライン交換に抵抗感がある女性に安心感を与える方法

カップル

婚活サイトを使い始めたばかりの人や、用心深い人は、実際に会う前のラインの交換に抵抗を持っているケースもあります。

もし「連絡先交換は会ってからでお願いします」などときっぱり断られたら、無理に追わない方が良いです(→参考記事:【女性向け】ライン交換を断りたい時)。

そんな人には、初デートで連絡先を交換するために、QRコードでの友だち追加ならIDが見えないから安心だと教えてあげることをおすすめします。

ライン内の「友だち追加」ページから自分のQRコード画像を保存し、それを相手に送って友だち追加すれば、お互いのIDを知らずに連絡先交換ができます。

もしもう連絡をしたくないと思ったら、ブロック+QRコードを更新すれば、もう相手からは連絡が一切できなくなります。

初デートで、自分の画面を見せながら教えるとわかりやすいと思います。

※ライン操作を教えるという親切心であっても、相手のスマホを「見せて」というのはやめておいた方が無難です。

スマホはプライベートが詰まっているので、初対面の人に操作されるのに抵抗を持つ人も多いです。

デリカシーがないと思われ、印象が下がる可能性が高いです。

デートのプランを決めておく

デート

これは、男性が「映画に行ってその後食事をして・・・」とデートの計画を綿密に練るべき、という意味ではありません。

婚活で知り合った人との初デートでは、「会って何をするか?」を事前に二人で決めておいた方が良いです。

知らない者同士が会うわけですから、特に女性はそれなりに警戒しています。

あらかじめどこでなにをするか?を伝えておかないと、「どこに連れて行かれるんだろう・・・」と心配になるものです。

たとえば「夜ご飯を一緒に食べましょう」など、簡単なデートプランを伝えておけば、相手も安心してあなたと会うことができます(→初デートにおすすめのデート場所について)。

初デートで大事なのは、サプライズではなく安心感です。

婚活サイトで知り合っている以上、まずはお互いが「安心して会える人」であることを確認しあうことから始めるのが大切です。

初デートの時間は短めに

個人的に一番大事だと思っているのが、初デートの時間は短めにしておくことです。

お互いにまた会いたいと思える関係になっていれば、短いデートによるじらし効果で、「また会いたい」という気持ちを強めることができます。

初デートの長さの目安は、1~2時間くらいです。

30分くらいで帰ってしまうと相手に対して失礼ですし、相手は「嫌われたのかな?」と思ってしまいます。

そこで、先ほどの「デートプラン」と同じく短時間で会うことを事前に決めておくと安心です。

■短時間デートの約束の仕方 一例

  • 初めてなので、1時間くらいお茶をしませんか
  • 初めてですし、映画を見てそのまま晩御飯は食べずに帰りましょう

このように取り決めておけば、自然とデート時間は短くなります。

もちろん初デートで意気投合すれば、予定を変更して長時間デートにしても良いと思います。

逆に、初デートで「タイプじゃないな」と感じても、デートの時間が短ければストレスなくすぐに帰ることができます(→女性が男性との初デートで「ないな」と思う言動について)。

相手と長い時間を過ごした方が親密な関係になれるのではないか?と思いがちですが、初デートは「顔合わせ」と割りきって、短く切り上げましょう。

ネット婚活からの初デートは「安心感」が大事

ハート

これら3つのポイントで重視しているのは、相手に安心感を与えることです。

冒頭でも説明したとおり、婚活サイトで知り合った人との初デートでは誰しも緊張しています。

女性の中には、ネット婚活で男性にいきなりホテルに誘われたり、急に手を繋がれて怖かったという人もいます。

もしくはそういう口コミを聞いて、ネット婚活に怖さを持っている女性も少なくありません。

元々知り合いの男性とのデートと、婚活サイトで知り合った人との初デートの一番の違いは、この緊張感や不安です。

初デートの一番の目標は、まずはあなたに安心感を持ってもらい、信頼してもらえることと肝に銘じると良いです。

安心感や信頼感がベースにないと、あなたへの好感度は上がらず、次のデートにも繋がりません。

次のデートに繋げるためにお礼メールを

デート中の女性

良い雰囲気でデートができれば、次は2回目のデートに繋げていきたいところです。

そこで、デートが終わったらデートのお礼メールを送ることをおすすめします。

お礼メールを送ることで「私とのデートを楽しんでくれたんだ」と安心してもらえますし、礼儀正しいくて誠実な人という好印象にも繋がります。

特に、男性から女性に送る場合はより効果的です。

どんなに積極的な女性や、キャリアを積んでいるビジネスウーマンでも、男性からリードしてもらえることは嬉しいものです。

可能であれば、帰り道の途中やデートが終わってすぐにお礼メールを送ることをおすすめします。

しかし、お礼メールでガッつき過ぎないように注意です。

あなたの感情や会いたい気持ちを全面に出すのではなく、まずは感謝の気持ちをしっかり伝えることを忘れずに。

次は、初デート後のお礼メールで、具体的にどんなことを書くべきかを見ていきます。