笑顔の女性

婚活サイトで知り合ってメッセージのやりとりも良い雰囲気。

ようやく「会いましょう」という話になって初めてデートをする時は、とてもワクワクするものです。

私自身も、ネット婚活で知り合った相手と初めて会う時は、普段よりもワクワク感と緊張感が大きく、ドキドキします。

今回は、ネットで知り合って初めてデートする時に知っておくと良い3つの注意点をご紹介します。

初デートで気をつけるポイント

人差し指を出す女性

私が経験則から学んだ、婚活サイトで知り合った異性とのデートで注意したいポイントは4つです。

■婚活サイトからの初デートでの注意点

  1. デートのプランを決めておく
  2. 初デートの時間は短めに、次に繋げる
  3. 事前にラインなどの連絡先を聞いておく
  4. 自分ばかり話しすぎない
  5. 女性は割り勘のつもりで行く

それぞれ具体的に見ていきます。

デートプランを決めておく

デート

これは、男性が「映画に行ってその後食事をして・・・」とデートの計画を綿密に練るべき、という意味ではありません。

婚活で知り合った人との初デートでは、「会って何をするか?」を事前に二人で決めておいた方が良いです。

知らない者同士が会うので、特に女性はそれなりに警戒するかと思います。

あらかじめどこでなにをするか?を伝えておかないと、「どこに連れて行かれるんだろう・・・」と心配になります。

たとえば「夜ご飯を一緒に食べましょう」など、簡単なデートプランを伝えておくと安心です。

特にネット婚活で出会った相手との初デートでは、サプライズではなく安心感が大事です。

初対面同士での会話は、程度の差こそあれ誰でも緊張するので、まずはお互いが「安心して会える環境」を整えることをおすすめします。

初デートの時間は短めに

個人的に一番大事だと思っているのが、初デートの時間は短めにしておくことです。

初デートの長さの目安は、1~2時間くらいです。

普通のデートにしては短めかな?くらいの方が、お互いにまた会いたいと思えた時に「また会いたい」という気持ちを強めることができます。

一種の「じらし効果」のようなものです。

おすすめは、先ほどの「デートプラン」と同じく短時間で会うことを事前に決めておくことです。

■短時間デートの約束の仕方 一例

  • 初めてなので、1時間くらいお茶をしませんか
  • 初めてですし、映画を見てそのまま晩御飯は食べずに帰りましょう

このように取り決めておけば、自然とデート時間は短くなります。

もちろん初デートで意気投合すれば、予定を変更して長時間デートにしても良いと思います。

逆に、初デートで「タイプじゃないな」と感じても、デートの時間が短ければストレスなくすぐに帰ることができます(→女性が男性との初デートで「ないな」と思う言動について)。

相手と長い時間を過ごした方が親密な関係になれるのではないか?と思いがちですが、初デートは「顔合わせ」と割りきって、短く切り上げましょう。

ただし、1時間未満のデートは逆に短すぎる上に、相手に対して失礼なので避けた方が無難です。

どんなに良い雰囲気になっていても、30分くらいで帰ってしまうと、相手が「嫌われたのかな?」と思う可能性も高いです。

事前にライン交換しておく

悩む男性

ネット婚活の場合は特に「お互いが顔を知らないもの同士」なので、初デート前にLINE(ライン)の連絡先を交換しておくのもおすすめです。

お互いに実際の顔を知らない状態での待ち合わせになるので、婚活サイト上でのメッセージ交換のみだと、待ち合わせ場所で合流するのに時間がかかるケースもあります。

初デートで顔を合わせる時は、電話しながら「あっ、見つけた!」と話しながら会えるとよりスムーズです。

より待ち合わせでお互いを見つけやすくするなら、メッセージでお互いの服装を教えあっておくとスムーズです。

ちなみに、婚活サイトのメッセージで楽しい会話ができていれば、事前にライン交換できる確率も上がりやすいです。

もし婚活サイト上でお互いのプロフィール写真(顔写真)を公開していなければ、会う前にお互いの顔写真を交換しておきたいところです。

自分の話ばかりしない

カップル

初デートで緊張するあまりやりがちなミスは、自分ばかり話してしまうことです。

自己紹介の延長で自分の仕事や趣味、休日の過ごし方などを一方的に話してしまう人は、男女ともにいます。

あまりにも自分のことばかり話し続けてしまうと、相手が話す隙がなくなるので「気配りができない人」「自分のことは興味がないのかな?」と思われて初デートが終わる可能性も高いです。

それでは、2回目のデートに繋がりません。

初デートでは、自分のことを知ってもらうのはもちろんですが、相手がどんな人かを知って自分に合いそうかを考えることも重要です。

自分の話ばかりするのではなく、相手へも質問をして「相手の好きなものと人柄」くらいは知って帰りたいところです。

理想を言うと、次のデートの時に「◯◯が好きって言っていましたよね」のように、初デートで知った相手の情報を話題にできると良いです。

「自分の話を覚えてくれていたんだ」と好印象を与える上に、前回から話題を引き継げるので、また1から新しい話題を探す必要がなく気が楽です。

初デートが短めのデートだと、どれだけ盛り上がってもお互い話し足りないことが少なからず残ると思うので、2回め以降のデートで続きを話すくらいでOKです。

女性は割り勘のつもりで行く

財布を持つ女性

女性は初デートで、おごってもらおうと思わず割り勘のつもりで行く方がおすすめです。

お昼のカフェデートなど、会計が安いデートであってもです。

特に近年は、おごってもらおうとする気持ちが伝わってくる女性を良く思わない男性が多いです。

会計の時に財布も出さず先にお店を出てしまうと、それまで楽しく会話ができていても「自立していない女性」「図々しい」というマイナス印象になってしまうかもしれません。

一緒に財布を出して、「私も払います」という姿勢を見せた方が、最後まで良い印象で初デートを終えることができます。

もしそこで「いえ、ここは僕が払います」と言ってもらえたら、「ありがとうございます、ごちろうさまです」と丁寧に伝えて、おごってもらえればOKです。

ライン交換に抵抗感がある人向けの対策法

カップル

婚活サイトを使い始めたばかりの人や、心配性の人は、実際に会う前のラインの交換に抵抗感があるかもしれません。

そんな人は、ラインの連絡先交換はIDではなくQRコードでの友だち追加を使うことをおすすめします。

ライン内の「友だち追加」ページから自分のQRコード画像を保存し、それを相手に送って友だち追加すれば、お互いのIDを知らずに連絡先交換ができます。

もしもう連絡をしたくないと思ったら、ブロック+QRコードを更新すれば、相手からは連絡が一切できなくなります。

あまり考えたくはないですが、IDを交換していると「このIDの人にブロックされた」と他の人に言われるリスクがあるので、なるべくQRコードで交換することをおすすめします。

ただし、もし相手から「連絡先交換は会ってからでお願いします」などときっぱり断られたら、無理に追わない方が良いです。

もし初デートの場でライン交換をすることになったら、「QRコードで交換しよう」と言ってお互いのQRコードをスキャンすればOKです。

デートの場でライン交換をする時の注意点

相手がラインのQRコード交換について知らなかった場合は、その場でやり方を教えながら交換すると良いと思います。

しかし、ライン操作を教えるという親切心であっても、相手のスマホを「見せて」というのはおすすめできません。

スマホはプライベートが詰まっているので、初対面の人に操作されるのに抵抗を持つ人も多いです。

デリカシーがないと思われ、印象が悪くなる可能性が高いです。

また、相手からライン交換をしたいと言われたものの、あまり合わなさそうだから交換したくない…という場合は、下記記事も参考にしていただければと思います。

参考記事:【女性向け】ライン交換を断りたい時の対処法

ネット婚活からの初デート成功の鍵は「安心感」

ハート

これら3つのポイントで重視しているのは、相手に安心感を与えることです。

冒頭でも説明したとおり、婚活サイトで知り合った人との初デートでは誰しも緊張しています。

女性の中には、ネット婚活で男性にいきなりホテルに誘われたり、急に手を繋がれて怖かったという人もいます。

もしくはそういう口コミを聞いて、ネット婚活に怖さを持っている女性も少なくありません。

元々知り合いの男性とのデートと、婚活サイトで知り合った人との初デートの一番の違いは、この緊張感や不安です。

初デートの一番の目標は、まずはあなたに安心感を持ってもらい、信頼してもらえることと肝に銘じると良いです。

安心感や信頼感がベースにないと、あなたへの好感度は上がらず、次のデートにも繋がりません。

次のデートに繋げるためにお礼メールを

デート中の女性

良い雰囲気でデートができれば、次は2回目のデートに繋げていきたいところです。

そこで、デートが終わったらデートのお礼メールを送ることをおすすめします。

お礼メールを送ることで「私とのデートを楽しんでくれたんだ」と安心してもらえますし、礼儀正しいくて誠実な人という好印象にも繋がります。

特に、男性から女性に送る場合はより効果的です。

どんなに積極的な女性や、キャリアを積んでいるビジネスウーマンでも、男性からリードしてもらえることは嬉しいものです。

可能であれば、帰り道の途中やデートが終わってすぐにお礼メールを送ることをおすすめします。

しかし、お礼メールでガッつき過ぎないように注意です。

あなたの感情や会いたい気持ちを全面に出すのではなく、まずは感謝の気持ちをしっかり伝えることを忘れずに。

次は、初デート後のお礼メールで、具体的にどんなことを書くべきかを見ていきます。