口下手を治す前に!異性との会話で心得ておきたい3つのマナー

男女の会話

婚活パーティーの会場や、初デートの場面では、あなたがいかに口下手であろうとも異性と会話をしなければなりません。
気になる相手と楽しく会話ができれば次に繋がる可能性が高いです。

ただ、口下手だと何を話して良いかわからないもの。
しかし、口下手だからといって決してあきらめる必要はありません

なぜなら、「口下手=悪い印象ではない」からです。
会話が苦手なことよりも、悪い印象を与えない事のほうが、実は結構大事だったりします。

最低限ここは意識して会話しよう

今回は、異性との会話で心得ておきたい3つのマナーについて紹介します。
婚活パーティーでも、初デートでも、異性と話す上では必ず意識して欲しいポイントです。

この3つのポイントを心得ておけば、あなたが口下手でも、そのハンデをカバーするだけの好印象を与えることが可能です。

大きな声で話す

大きな声で話す

異性と話し慣れていない人や、口下手な人に多いのが「声が小さくなってしまうこと」です。
自分の話はつまらないのではないだろうか?という不安から、気づかない内に声が小さくなってしまいます。

しかし、例えどんな話でも「相手に聞こえなければ意味がない」です。
実は、つまらない話をされるよりも、相手が何を話しているかわからなくて、何度も「えっ?」と聞き返さなければならないことが、一番ストレスが溜まります

話す内容はつまらなくても構いません。
あなたがどんなにつまらない話をしていても、相手の方が話し上手な方なら、上手く拾って面白い話題にしてくれます

しかし、あなたが何を話しているかわからなければ、どれだけ相手が話し上手でも、どうすることもできません。

まずは気持ち大きめの声で話すこと。
婚活パーティーやデートする相手に絶対に「えっ?」と聞き返されないようにしてください。
これだけで、あなたの印象は大きく変わります。

相手の目を見る

相手の目を見る

よく言われていることですが、話す時は相手の目を見て話しましょう。
緊張のあまり、どうしても目を空してしまいそうになる気持ちはわかります。

また、ジーっと目だけを見つめるのではなく、たまに目をそらしつつ、「基本スタンスは目を見る」を意識していれば、会話中の目線は自然になります。

なぜこれが重要かというと、

  • 話す相手の目を見ていない
  • 体が話す相手の方向を向いていない

実はこれ、かなーり印象悪いです。。

相手が目を見てくれなかったり、相手がこっちを向いて話してくれないと、印象が悪いというよりも、「この人私に興味ないのかな?この人私のこと嫌いなのかな?」って思うのが、人間です。

これはあなたが自ら感じることができます。
コンビニの店員でも、携帯屋の窓口の人でも誰でもいいです。
あなたの目を見て話さない、あなたの方向を向いて話さない人を見つけてください。

もしかして私ってこの人に嫌われてる?避けられてる?」と感じると思います。
あなた自身が相手にこういった印象を持たれないように、しっかりと目を見て話すことを心がけましょう。

笑顔でポジティブに

笑顔でポジティブに

3つめはとにかく笑顔でいることです。
別に作り笑いでもいいんです、顔がひきつっていなければ。。。

人は笑っていると好印象を持たれます。これは間違いありません。
相手の話がつまらないなーと思っても、笑っているだけで相手は楽しんで聞いてくれていると思ってくれます。

そして何より重要なのは、「この話つまらないなー」と思っていても、笑いながら楽しそうにして聞いていると、「本当にその話が楽しくなってくる」んです。

また、笑顔でいるためにはポジティブな気持ちで会話することが大切です。

  • ポジティブな気持ちでいると、自然と笑顔が生まれます。
  • 笑顔が生まれると、自然とポジティブな気持ちになります。

この、相乗効果によってあなた自身が楽しい気持ちになってきます。
あなたの楽しそうな雰囲気や笑顔は相手に伝わりますから、相手も楽しくなってきます。

その結果、その場の雰囲気が良くなるのです。

で、これを全く真逆に考えてみてください。
笑うことをせず、ネガティブな気持ちで会話をしている場面を想像してみてください。

次のデートは絶対にありませんよね。。

ということで

口下手なことにコンプレックスになる必要はありません。
あなたが口下手であるというのは、「背が低い」、「くせ毛である」というレベルと同じです。

  • 大きな声で話す
  • 相手の目を見る
  • 笑顔でポジティブに

この3つを抑えておくだけで、印象はガラリと変わります。
あなたが口下手でも背が低くてもくせ毛でも、関係なしに相手が好印象を持ってくれる可能性は高くなるのです。