医者の男性

医者の男性との結婚を夢見たことがある女性は多いです。

一般的に、医師との結婚生活は玉の輿やセレブ婚といった、ポジティブなイメージがあるからです。

しかし、実際に医者と結婚した妻の口コミを見てみると、苦労も絶えないようでした。

中には、「もう離婚したい…」と、ネット上で弱音を漏らす人も。

今回は、医者との結婚をしたいと考えている女性向けに、医師の妻のエピソードから学ぶ心構えをまとめました。

医師の妻の口コミをもとに、多くの女性が悩んでいた「医師の妻ならではの悩み」を紹介しながら解説します。

多忙で家にいる時間が少ない

寂しい女性

■医者の妻の口コミ

・ほぼ毎日(土日も)患者さんの様子を見に行っていますし、帰宅も遅いですので時給換算にするとかなり、低賃金です。

・家に帰ると疲れきっている感じで、担当の患者さんの状態によって、週末ないことも多いですね。

・勤務医は病院に泊り込み、夜中に急に呼び出されたりして、家族との時間はほとんどとれません。

・忙しくて寂しい

お相手が勤務医が開業医かにもよりますが、やはり医師は多忙な人が多いようです。

なかなか夫が帰ってこなくて寂しい、記念日などがお祝いできない…という声も見かけました。

特に勤務医の場合は、診療科によっては夜勤や休日出勤もやむを得ないので、不規則な生活になりがちという声が多かったです。

開業医は診療時間が自分で決められるので、家族との時間が確保しやすく、勤務医に比べると給料も高いケースが多いです。

しかしそのかわり、医療事故があった場合は全責任を負わねばならないリスクがあります。

いずれにせよ、医者は仕事量や責任の大きい職業と言えるので、家事や育児に夫が参加しづらいかもしれません。

口コミを見る限りでは、「専業主婦だけど毎日へとへと…」という人も少なくないです。

共働きの場合は、妻に家事の負荷がかかってしまう可能性もあるので、あらかじめ家事の分担について話しておくと安心です。

夫をサポートできるスキルや教養が必要

料理をする女性

■医者の妻の口コミ

・食生活などでかなり夫の健康に気を配るようにしています。

・患者さんから商品券やお礼のお品をいただくこともありますが、お礼状を書かなくてはならないのでペン習字を習いました。

・医師の妻は、激務の夫をサポートし家庭を守る自立した女性であることが求められます。

妻として、医師の夫を支えることに日頃から努力している人の口コミが目立ちました。

夫が健康で元気に働けるように料理を工夫したり、患者さんへの手紙を代わりに書いたりする他に、近所付き合いなども頑張っているようです。

家事や育児をするだけでなく、プラスアルファの気配りやサポートが必要になるシーンが多そうです。

そのためには、料理や洗濯、掃除といった基本的な家事は、結婚前からある程度できた方が良いかもしれません。

家事がある程度こなせると、さらに増えていくタスク(育児、夫のケア、患者さんやご近所さん付き合いetc.)にもエネルギーを注ぎやすいと思います。

夫のメンタル面も支える必要がある

落ち込む医者

■医者の妻の口コミ

・患者さんが亡くなってしまうと結構落ち込むらしく、精神的な負担が多い。鬱になる人あるあるみたいです。

・愚痴がハード、訴訟問題とか…

医者という仕事は責任や社会的意義の大きい仕事なので、ストレスも非常に大きいです。

特に、外科医や救命病棟で勤める医師は、常に命と向き合う緊張と隣合わせの仕事なので、患者さんの死などに直面します。

また、開業医の場合は患者側からの訴訟問題を経験することもあるかもしれません。

このような医療現場での悩みだけでなく、学会発表なども控えた医師は帰宅しても机に向かわなければなりません。

医師には、心休まる時間が非常に少ないと言えます。

さまざまなストレスを抱えて疲弊した夫にも寄り添っていく覚悟や、家庭での負担を減らす心配りも必要になるようです。

「私も愚痴を言いたいけど、夫の前では言いづらい」と、自分が弱音を吐けないという妻の口コミもあったので、精神的な強さや息抜きのスキルが必要だと感じました。

子どもも医者になることを求められる

勉強する娘と母

■医者の妻の口コミ

・受験戦争を勝ち抜ける子供に、その子が小さい頃から母子一体で一心不乱に邁進せねばなりません。医師である夫のサポートなど期待できません。仕事で手一杯だからです。

・子どもが医師になって、初めて安心できそう…

開業医や、代々息子が医師になっている家系の男性と結婚した場合は、親や親戚が子どもにも医者になることを求める場合が多いようです。

しかし上記の通り、夫は家にいる時間が少ない傾向があるので、子どもが幼い頃からの教育や受験勉強も妻がサポートしなければなりません。

これは大変そうではありますが、メリットもあります。

子どもは身近な大人の働き方を見て育つので、一般家庭に比べると医者という仕事を身近に感じやすいです。

サラリーマンの子供よりは医者になるイメージが湧きやすいので、自然と「自分も医者になりたい」と思う子どもも多いようです。

もし子供が自ら医者を目指したいと思うようになってくれれば、母として勉強しやすい環境を整えるだけで済むかもしれません。

医者の妻で幸せという声、サラリーマンの妻に憧れるという声

ビジネスマン

■医者と結婚して満足しているという声

・開業医と結婚しましたが、何不自由なく優雅に暮らしてますよ。

・サラリーマンと結婚していればしないで済んだ苦労は絶対にあると思いますし、サラリーマンと結婚していたら味わえない喜びもあると思います。

■サラリーマンの妻に憧れるという声

・私の姉の夫はサラリーマンですが、姉の家庭がとてもうらやましいです。早々に家を購入、定住して子育てができ、旦那さんは土日休みで家族サービスをして、家族でたまに旅行にいく。そんな家庭にあこがれます。

・社会的地位が高い割にはリスキーな職業です。

・普通が一番。普通がね、いいんですよ。

筆者が調べた口コミの中では、医者と結婚してよかったという声と、苦労の方が目立つ声は半々くらいでした。

もちろん、医者の夫と結婚して幸せ、何不自由なく暮らしている、という声もあります。

しかし、サラリーマンの夫との生活に憧れるという声もやはり多いです。

特に、サラリーマンの父の家庭で生まれた女性にとっては、医者との結婚生活は結婚前に描いていた「医師の妻の生活イメージ」とギャップがあるようです。

医者の妻は「自立した女性」が向いている

ビジネスウーマン

以上の口コミを見て、医者の妻に向いているのは自立した女性だと感じました。

日々忙しい仕事に打ち込む夫を影で支えることは、前述の通りとても忙しいですし、夫に甘えられる機会も少ないです。

よって、夫へ依存しすぎない女性の方が、自分自身のストレスを対処しやすいのではないかと思います。

自分で家事や育児をこなし、共働きの場合は自身の仕事も前向きにこなしていける「したたかさ」が、ある程度あると望ましいです。

さらに、たくさんの苦労を経験しても、ずっと好きでいられるような素敵な男性と出会えればとても幸せです。

なぜ医者と結婚したいか考えてみる

悩む女性

この記事を読んで「医者の妻」へのイメージが変わって、一般男性との結婚も考えようと思った人もいるかもしれません。

「絶対に医者と結婚したい」というわけではないのであれば、一般男性も視野に入れて婚活をしてみても良いと思います。

一般男性は医師より収入が少ないケースが多いですが、医師の妻も憧れるようなメリットもあります。

たとえば、金銭感覚などの価値観が近い人が多いこと、家族の時間が比較的取りやすいことなど。

ちなみに、医師との結婚を目指して婚活をする人の中には、「専業主婦になりたいから」という理由で医者の妻を目指している女性も多いです。

もし専業主婦になりたいのであれば、男性にどれくらいの年収が必要かなども知った上で婚活をすると計画的に動けます。

次の記事も参考にしていただければと思います。