マッチブック

Matchbook(マッチブック)は、リクルートの子会社であるnijibox(ニジボックス)が手がける、Facebookを活用した恋活アプリです。

ニジボックスは、累計1,300万ダウンロードを記録した、あの大ヒットアプリ「cameran」シリーズでもおなじみの会社で、今回リリースされたMatchbookは「cameran」シリーズ第4段の位置づけとなっています。

最近では定番となってきたFacebookを使った恋活アプリですが、cameranの開発者が手がけたアプリであること、ゼクシィで有名なリクルートの子会社が提供していることからも、「これまでの恋活アプリでは出会えなかった層」を開拓できる可能性が高いです。

また、カジュアルな恋活アプリなので、今すぐ結婚は考えていないという方でも、「とりあえず彼氏・彼女が欲しい!」といった動機で気軽に始められます。

Matchbookは女性は基本無料で使えるのでお得です。逆に男性の方にとっては女性会員数が多いアプリなので、チャンスであることは間違いありません。

Matchbookを使った出会い方

Matchbook

Matchbookは「婚活」というかしこまった形ではなく、まずは彼氏・彼女の候補となる人との出会いを見つけましょうという、カジュアルな恋活アプリです。

個人的には、Matchbookの利用ユーザー属性に注目しています。前述しましたが、ゼクシィで有名なリクルートや、cameranで有名なニジボックスが作ったアプリとあって、これまで出会えなかった男性・女性とマッチングできるのが、Matchbookを使うメリットです。

Matchbookを使った簡単な出会い方をまとめます。

条件を絞り込んで気になる人を見つける

まずは、さまざまな条件を設定し、自分がマッチングしたい相手のタイプを絞り込みます。

例えば、住んでいる場所、職業、年収、身長など。自分が知り合いたい人をすぐに見つけ出せるのが、ネット婚活ならではのメリットです。

Matchbookはすでに多くのメディアや女性誌で取り上げられているので、自分のタイプの人が見つけやすいと思います。

気になる人に「いいね!」をしてアピール

気になる人が見つかったら、「いいね!」をして自分の存在を相手にアピールします。

MatchbookはFacebookを活用したアプリですが、ここで言う「いいね!」はFacebookの「いいね!」とは違います。

あくまでもMatchbook内での「いいね!」なので、Facebookにその内容が表示される心配はありません。

気になる人がいたらどんどん「いいね!」を押して、相手に自分のことを知ってもらいます。

「いいね!」をすると相手に通知されて、相手が自分のプロフィールを見て興味を持って「いいね!」を返すかどうか考えます。

逆に、誰かから「いいね!」が届いた場合も、相手のプロフィールを参考にして、「いいね!」を返してもいいかどうかを判断することができます。

「いいね!」が返ってくるとメッセージ交換できる

「いいね!」をした相手から「いいね!」が返ってきおて、お互いが「いいね!」の状態になるとマッチング成立です。

マッチングが成立すると、お互いのメッセージ交換ができるようになります。

メッセージ交換はMatchbookのアプリ内で行われるので、お互いのメールアドレスやLINE IDを交換する必要はありません。

男性は2通目以降のメッセージを送る時に有料会員になる必要がありますが、マッチング成立までは男女ともに完全無料で利用できます。

女性は無料、男性は出会いやすいのがメリット

カップル

Matchbookの料金体系は以下のようになっています。

■マッチブック 料金システム

  • 男性:マッチング後、2通目のメッセージ送信時に課金の必要あり
  • 女性:原則として完全無料

女性の方は完全無料で使える恋活アプリなので、登録しておいて損はありません。

一方、男性は途中から有料課金する必要があります。しかし、両者が「いいね!」状態となるマッチング後、1通目のメッセージ交換までは無料で使えます。

2通目から本格的に女性とやりとりをするタイミングで、課金が必要です。

こうしてみると一見、女性へのメリットが大きすぎる感じがします。

しかし、この課金タイプの恋活アプリは、女性会員比率が男性比率を圧倒的に上回るので、男性にとっては有料だけどマッチングしやすい恋活アプリとなります。

見方を変えると、マッチブックには下記のような特徴があると言えます。

■マッチブックの特徴

  • 男性:途中から課金が必要だが、女性が多いのでチャンスが大きい
  • 女性:無料で使える分、ライバルも多い

男性会員の料金プランは以下の通りです。

1ヶ月:3,980円
3ヶ月:10,980円(実質月額3,660円、8%お得!
6ヶ月:17,980円(実質月額2,996円、24.7%お得!
12ヶ月:28,980円(実質月額2,415円、39.3%お得!

最初は1ヶ月プランからスタートする人が多いと思いますが、12ヶ月プランだとかなり安くなるので、お得です。

安心して使えるのがMatchbookの強み

スマホを持つ男性

恋活アプリでは「サクラ」の疑惑や、個人情報漏洩の心配をする人も多いです。

しかし、Matchbook(マッチブック)は、リクルートの子会社であるニジボックスが開発・運営しているため、大手ならではの絶大な安心感があります。

リクルートの子会社が「サクラ」を雇っていたなんてことが知れたら大問題になります。

また、リクルートの場合はゼクシィなどを通じて、多くの男性・女性を集めるパイプも持っているので、サクラを雇わなくても優良な会員がたくさん集まるはずです。

また、Matchbookでは、安心・安全に利用できるよう、さまざまな取り組みを行っています。

24時間365日で監視を徹底

プロフィールの入力項目などは、24時間365日体制で監視が行われます。

不適切な発言があったり、人に迷惑をかける行為を行ったユーザーなど、利用規約に違反すると、すぐに退会などの措置が取られます。

恋活アプリには、悪質な出会いサイトに誘い込もうとするユーザーが少なからず紛れ込みます。しかしそういったユーザーは、運営側がすぐに排除してくれるので安心です。

また、ごくたまにですが、ネットストーカーのようにしつこい方や、暴言を吐いてくるユーザーも存在します。

そういったユーザーも、通報ボタン一つで、警告・退会をしてくれます。

もちろん、通報したことが相手に知られる心配はありません。

Facebookを活用した信頼性

実名SNSのFacebookアカウントを使って会員登録をするため、顔写真の掲載率が高いのがポイントです。

また、いたずらアカウントと思われるような「友達が10人以下のアカウント」は最初からMatchbookに登録できません。

また、自分がMatchbookを使っていることは他の人に一切知られないので、内緒で恋活することができます。

Facebookを活用していると言っても、Facebookのタイムラインに自動的に書き込みがされたり、Facebookアカウントがマッチブックの相手に知られたりすることはありません。

実名もMatchbook上では公開されず、イニシャルで表示されるので安心です。プライバシーは完全に守られます。

さらに、Facebookで友達になっている人は、Matchbookで検索にひっかからないので、元カノとFacebookで友達になっていたらMatchbookで出会うことはないです。

年齢確認が必須

両者がマッチングし、メッセージをやりとりする前に年齢確認が行われます。

年齢確認をするために、本人確認書類(免許証・健康保険証・パスポートなど)の提出が必要です。

これによって、本人確認・年齢確認を徹底し、いたずらアカウントを防ぐことができます。