年齢確認

恋活アプリ「タップル誕生」は、18歳以上でなければ使えず、事前に年齢確認(年齢認証)が必要です。

年齢確認をしていないと一部の機能が制限されてしまうので、たとえ無料会員であってもアプリの利用に年齢確認は必須です。

年齢確認には、運転免許証健康保険証パスポートなどの本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認書類は個人情報なので、提出するのに抵抗がある人もいまるかもしれません。

しかし、タップル誕生の年齢確認をより安全・簡単に行う方法があるので安心です。

情報の大部分は塗りつぶすことができる

スマートフォンを操作する女性

本人確認書類の提出方法は簡単で、運転免許証などをスマホのカメラで撮影して送るだけです。

その際、不要な情報は送信前に塗りつぶせるようになっているので、すべて隠した状態で提出できます。

年齢確認で必要な部分は、下記3点だけです。

■タップル誕生 年齢確認時に必要な情報

  • 証明書の名称(運転免許証など)
  • 生年月日
  • 発行者名(◯◯公安委員会など)

実際に、免許証で上記以外の情報を隠すと、下記のようになります。

本人確認書類

上記3点の情報が見えていればOKなので、名前住所顔写真は伏せた状態でタップル誕生に提出できます。

この3つの情報だけでは、タップル誕生の運営事務局も個人は特定できないので安心です。

そして年齢確認書類を提出し、運営が「年齢確認済み」と承認して初めて、異性とのメッセージやりとりができるようになります。

このように安心して年齢確認できる環境を整えることで、参加者全員が18歳以上であることを証明できるようにすることで、アプリの安全性・健全性を高めています。

→タップル誕生の安全性、サクラについての調査はこちら

タップル誕生の運営が安心できる理由

安心する女性

タップル誕生は、年齢確認で不必要な情報を隠せること以外にも、安心できる理由があります。

主な理由は下記2点です。

■タップル誕生が安心して使える理由

  1. 運営会社が東証一部上場だから
  2. 有料マッチングアプリだから

運営会社が東証一部上場で安心

パソコン

タップル誕生を運営しているのは、東証一部上場企業サイバーエージェントです。

企業が上場するには、経営の健全性コーポレート・ガバナンス(不正行為などを防止する企業統治)などが審査条件となります。

中でも最も基準が厳しい東証一部に上場しているというのは、企業体質が良い証拠です。

サイバーエージェントがAmeba(アメーバ)を運営する中で蓄積された個人情報管理のノウハウも、タップル誕生に活用されていると思います。

有料マッチングアプリだから安心

財布とルーペ

タップル誕生は女性は完全無料ですが、男性会員は定額(月額)有料会員が基本です。

男性会員が支払う料金によって、安全性の高い運営をするための人員コストを割いています。

たとえば、年齢確認の徹底の他にも、24時間365日のアプリ内監視を行っています。

不審な動きをするユーザーを排除したり、通報を受けた際にアカウント凍結を行ったりと、タップル誕生を安全に利用できる環境作りを常に行っています。

全て無料で運営されている出会い系サイトの中には、サイト内監視が不十分で不正ユーザーが活動しつづけているものもあります。

→安全にマッチングアプリや婚活サイトを使う方法はこちら

タップル誕生には若い人が多い?

頬杖をつく男女

私が実際に使ってみた印象ですが、タップル誕生は他の婚活・恋活アプリと比較して若い会員が多いです。

私は男なので女性会員の情報しか知りませんが、おそらく男性会員も同じだと思います。

もちろんすべての会員が18歳以上ではありますが、18歳~20代前半で、結婚をそこまで意識していないカジュアルな出会いを求めている人が多いのが、タップル誕生の印象です。

18歳以上であれば誰でも利用できるので、もしかすると高校生3年生も紛れているかもしれません(→タップル誕生の口コミはこちら)。

タップル誕生は「カフェが好き」「温泉が好き」など、共通の趣味や好きなものがある相手を探すことができるので、価値観が似ている人と出会いたい人にもおすすめです。

気が合う友達探しにも、恋人探しにも使えるのが、タップル誕生のメリットです(もちろん、そこから結婚につながるケースもあると思います)。

しかし、もしネット婚活としてマッチングアプリを利用したいのであれば、同じSNS系アプリのPairs(ペアーズ)Omiai(オミアイ)の方が、婚活寄りなのでおすすめです。