4人家族

ステップファミリー(Step Family)とは、子連れ再婚をした家族を意味します。

夫と妻のどちらか、もしくは両方が、離婚したパートナーの子供がいる状態で再婚した家族のことですが、日本ではまだ知名度が低い言葉かもしれません。

近年は再婚率が上昇してきているので、子連れ再婚を決断すしてステップファミリーになる人も増えつつあります。

昔より「離婚したら一人で子供を育て上げるべき」という考えがゆるやかになってきていることも影響していると思います。

しかし、新しい家庭を築いて幸せになるステップファミリーもいれば、問題が多く結婚しても崩壊してしまうステップファミリーもいます。

今回は、子連れ再婚をしてまた離婚しないために、ステップファミリーならではの悩みと対処法を解説します。

また、ステップファミリーは親に再婚を反対されることもあるので、その際の対処法もまとめました。

ステップファミリーに多い問題

ステップファミリーには、初婚夫婦にはない問題が起こることがあります。

子連れ再婚で起こりやすい問題は、大きく分けて3点あります。

子供の育児・関係性

小学生の女の子

ステップファミリーならではの悩みは、連れ子の育児や、関係性の築き方についてです。

子どもから再婚に反対される、血の繋がりがない親子の関係性がうまくいかないと、子供関係の悩みを持つ再婚夫婦は多いです。

・相手の連れ子とうまく話せない

・パートナーの子供と仲良くしたいけど、心を開いてくれない

・パートナーが連れ子の育児に関心を持ってくれない

・夫の帰りが遅く、夫の連れ子の育児は私がほとんどやることになってしまいストレスが大きい

ステップファミリーに多いのは、子連れの妻・子供のいない夫という組み合わせです。日本では、離婚後は妻が子供を引き取って育てるケースが多いからです。

なので、女性が「自分の子供が夫と仲良くできない」「新しい父が受け入れられない」という悩みが多い印象です。

とは言え、厚生労働省の人口動態の統計では、再婚する割合は女性より男性の方が多いので、夫が子連れのステップファミリーも一定数います。

その場合は、血の繋がっていない子供の育児を妻に任せすぎて、女性が大きなストレスを感じることになりがちです。

特に、子供が10代の思春期の時に再婚をすると、子供の反抗期と重なっているので、新しい家族に拒否反応を示してしまうかもしれません。

どんな連れ子婚でも大事なのは、子供と一対一で話す時間パートナーと一対一で話す時間を両方取ることです。

相手の子供とコミュニケーションを取る場合は、最初はよそよそしくなるかもしれませんが、逃げずに向き合う必要があります。

自分が不安なのと同じくらい、子供も不安を抱えているからです。

親が再婚する時、子供は新しい家族ができることに戸惑ったり警戒したり、自分の居場所がないように感じたりする子が多いです。

また、「自分の親が取られる」と感じて、嫉妬の感情を抱く子もいます。

思春期の子供はそれがうまく伝えられず、反抗してしまいがちです。

しかし、その反抗は子供なりのSOSサインでもあります。

相手の連れ子とは粘り強く関係性を築き、自分の子供とは今何がつらいのかをしっかり向き合って効くことが大事です。

実際に、最初は再婚直後に子どもが抵抗感を感じていたものの、仲の良い家族になった例もあります。

しかし、子供とだけではなく、パートナーとの時間もしっかり取る必要があります。

夫婦によっては、子供との時間を取るあまり、夫や妻戸の関係性が悪くなってしまうこともあります。

夫婦の関係性が悪くなると、今度は子供も居心地を悪く感じるようになり、場合によっては「自分がいい子じゃないからパパとママはけんかするんだ」と自分を責めてしまいます。

逆に言うと、夫婦が幸せであることが子供の幸せにもなります。

家事や育児の分担といったしっかりした話から、他愛ない話まで、夫婦のコミュニケーションを取る時間も大事にすることをおすすめします。

跡継ぎ問題

跡継ぎ問題イメージ

ステップファミリーになった後の問題としては、跡継ぎ遺産相続の問題があります。

たとえば、自分が子連れの状態で再婚し、相手の家に跡継ぎが必要な場合に「連れ子を跡継ぎにしたくない」と言われる可能性があります。

開業医、農家などの自営業や、由緒正しい家柄の場合に起こりやすいトラブルです。

跡継ぎ問題に関しても、粘り強く話し合っていくしかありません。

もしくは、連れ子自身に跡を継ぎたいという意志があれば、跡継ぎをするために努力している姿を見て、親が「この子なら跡継ぎでも大丈夫か」と感じてもらうこともあるかもしれません。

医師家系なら医学部受験を頑張ったり、農家なら手伝いを積極的に行ったり…親に子供を信頼してもらうことが大切です。

参考記事:婚活で長男と出会ったら 結婚したくない人が多いがメリットもあり

相続・養子縁組

養子縁組届

一方、遺産問題となると、信頼関係だけではなく法律も絡んできます。

ステップファミリーの夫婦が籍を入れるだけでは、連れ子は正式な再婚相手の子供にはなりません。

養子縁組を行うことで法律上でも親子にならないと、相続権がない状態になります。

遺言で連れ子への相続を指示すればで続をさせること自体はできますが、遺言書を書く前にパートナーが急死してしまったり、遺言書に効力がなかったりするリスクもあります。

遺言書がない場合は、多くの場合が法定相続分(法律に従った相続配分)になり、法律上の親子関係がない連れ子には配分されません。

ちなみに、養子縁組には2種類あり、一般的には普通養子縁組を選ぶことが多いです。

2種類の養子縁組
普通養子縁組
血が繋がった実親との親子関係は続けたまま、新しい養親の養子となる手続きです。
最も一般的な養子縁組で、実親・養親どちらも相続権があります。
特別養子縁組
実親との親子関係を終了し、養親とのみ親子関係となる養子縁組です。離婚相手と縁を切りたい場合は、特別養子縁組を組むことになります。
※子供が6歳未満、かつ実親が養育困難とみなれさる場合のみ

養子縁組をする際は、市町村か本籍地がある役場に「養子縁組届」を提出して手続きします。

※特別養子縁組の場合は家庭裁判所も通す必要あり

一方、養子縁組をする際は2点気をつけることがあります。

■養子縁組の注意点

  1. 養子となれるのは最大2人まで
  2. 実親からの養育費が減額、もしくは受け取れなくなる可能性が高い

養子縁組で養子になれば法律上でも親子になれますが、法定相続人になれる養子は最大2人までです。

法定相続人になれる養子は、夫婦に血が繋がっている実子がいる場合は1人、実子がいない場合は2人までと決まっているので、兄弟がいる場合は話し合いが必要です。

また、離婚した実親から連れ子の養育費を受け取っている場合は、実親からの養育費が減額、もしくは支払いがなくなる可能性があります。

理由は、養子縁組をすることで、養育義務は新しい養親に移るからです。

養育費のサポートがなくなると経済的に厳しくなる場合は、すぐに養子縁組をしないという選択も視野に入れると良いです。

親が再婚を反対された時の対処法

シニア夫婦

子連れ再婚になる場合、自分やパートナーの親が再婚に反対する事例も多いです。

もちろん、義理の父や母と関係良好なステップファミリーもいますが、問題を抱えてしまう事例も少なくありません。

・親に再婚したいと言ったら「子供連れの人なんてやめておけ」「初婚の人にしなさい」と言われた

親が我が子の再婚を反対するのは、子の幸せを思う気持ちからくるものです。

なので、子連れ再婚を切り出す時は、反対される可能性が高いと思っておいた方が良いかもしれません。

親への説得が長期戦になることもありえます。

子連れ婚に反対する親を説得する場合、基本的には粘り強く話し合い、自分たちの本気度や将来を見据えていることを伝え続けることになります。

しかし、自分たちの言い分を通そうとするだけではなく、親が再婚に反対する理由もちゃんと聞くことが大事です。

再婚に反対する理由の中でも、何に最も抵抗感を持つかは親によっていろいろです。

経済面を心配しているのか、子供への影響を心配しているのか、相手の子供と一緒に暮らすことへのストレスを心配しているのか。

親の考えを聞いて、それに対して「自分たちはこうしようと考えている」と的確に伝えることで、納得してもらうよう話し合うことをおすすめします。

例1:経済面を心配している場合

父「相手の男性がバツイチで子連れだと苦労する。教育費もかかるし、血の繋がっていない子供の育児をさせられることになるんだぞ」

娘「お金の面については、相手と私の収入を合わせたら◯万円になるから大丈夫だと思っている。

家事についても、共働きだから分担しようって話しているよ。向こうもイクメン歴が長かったから、家事は一通りできるみたい。

あと、お子さんとは何度か会わせてもらっているんだけど、仲良くしてくれてとても良い子だったわ。

うまくやっていけそうだから、お父さんにも紹介したいの」

例2:子供への影響を心配している場合

母「お互い子供がいる状態で再婚なんて反対よ。奥さんが自分の子供ばかり可愛がって、あなたの子供をないがしろにしたらかわいそう」

息子「僕もステップファミリーについて調べていたら心配になって、実は一度お互い子供を連れてきて会ってみたんだ。

◯◯さんは僕の子供とも楽しそうに話してくれて、子供同士も楽しそうに遊んでいたから、家族関係はうまくいきそうかなと感じたよ。

そりゃ、自分の子供の方が可愛く見えることもあるかもしれないけど、それは僕もありえるかもしれないから。不安なことはお互い隠さずに相談していこうって話しているよ」

大事なのは、親と話し合う時に感情的にならないことです。

子連れ再婚に抵抗感がある親は、親自身も感情的になりがちです。それに対し、自分も感情的に接してしまったら泥沼化します。

勢いのママ親と縁を切って再婚したり、反対しようがないように先に子供を作ってしまったりすることもできますが、なるべく親も納得した上で再婚できるのが理想です。

現実的な話ですが、親と縁切りをすると親のサポートが受けられず、遺産相続でも不利になりかねません。

出来ちゃった婚を狙うのも、「孫ができるなら…」と受け入れる親もいるものの、世間一般ではマイナスイメージなので避けた方が無難です。

個人的には、時間をかけてでも受け入れてもらえるように話を続けていくことをおすすめします。

ステップファミリーの支援団体もある

女性アドバイザー

ステップファミリーには初婚夫婦にはないトラブルや悩みが多いものの、子連れ再婚の支援は少ないです。

シングルマザーは厚生労働省などの公的支援が増えてきていますが、ステップファミリーはまだ認知度が低い状況です。

ステップファミリー向けの公的支援は少ないものの、NPO法人やボランティア団体があります。

公式サイトがある支援団体をまとめたので、参考にして頂ければと思います。

ステップファミリーの支援団体
NPO法人M-STEP
ステップファミリーの無料カウンセリングがメイン。電話相談は無料で受け付けている。
SAJ~Stepfamily Association of Japan~
ステップファミリーに関する講演や認知度向上の活動がメインのボランティア団体。ステップファミリー同士の意見交換ができる場を設けていることも。

子連れ再婚を悩んでいる人へ

母子

ここまで書いた通り、初婚同士の結婚と比べて、ステップファミリーは超えなければいけない壁が多いです。

結婚する前の親の反対、子供のケア、パートナーとのコミュニケーション、跡継ぎや養育費について、パートナーや子供と向き合う機会も増えます。

なので、思い切って言うと、一緒に壁を乗り越えようと思えない相手、二人三脚で頑張ってくれる気配がない相手なら、再婚しない方が良いです。

複雑な状況の中で、自分だけが頑張るような状況になってしまっては、心身が持ちません。

具体的には下記のような状況だと、再婚してもうまくいかない可能性があります。

■子連れ再婚をしない方が良いかもしれない状況

  • 相手と再婚はしたいけど、正直相手の子供を邪魔だと思ってしまう
  • 親に反対されるのがつらくて、再婚したい気持ちが揺らぎそう
  • 相手が離婚理由を話したがらない
  • 相手が真面目な話し合いをしてくれない

結婚前から、大事な話し合いをしようとしてくれない相手は要注意です。

再婚しても子供の育児に関わろうとしない男性や、夫のお金目当てで再婚しようとしている女性など、不誠実な結婚になってしまうかもしれません。

しかし、パートナーや子供、親などに恵まれれば、ステップファミリーは「血はつながっていなくても、心はつながっている温かい家族」になれる可能性も秘めています。

不安に感じることは早めに相談して、素敵な結婚ができることを願います。