結婚のメリット・デメリットについて語る口コミを調査してみました

マルバツ札を持つ花嫁

ゼクシィのCMで流れたキャッチフレーズ「結婚しなくても幸せになれる時代に、私は、あなたと結婚したいのです」。

この言葉が出た当初はSNSなどで話題になり、筆者も例に漏れず「そういう時代になったのか」と感じたのを覚えています。

今は、絶対に結婚をしなければならない時代ではなくなってきています。実際に未婚率も上がってきており、独身の暮らしを楽しむ人も増えてきています。

結婚するかしないかを選べる時代だからこそ、メリットとデメリットを知った上で選択することで後悔のない人生にできます。

今回は、結婚のメリットとデメリットを調べてみました。

結婚のデメリット-自由がなくなることへの不満が多い

喧嘩をする夫婦

結婚に感じるデメリットをネットの口コミで集めてみると、自由が少なくなることに対する意見が多かったです。

■口コミで多かった、結婚のデメリット

  • 自分の時間が減る
  • お金が自由に使えない
  • 何かを決定するにも家族との相談が必要になる
  • 義両親や親戚との付き合いが大変
  • 育児の負担がある
  • 責任が増える
  • 離婚のリスクがある

週末婚や別居婚などの場合を除き、多くの夫婦はパートナーと同じ家で暮らすことになります。

自分で稼いだお金のうちいくらかは家計に入れる必要がありますし、育児や家事も相談して分担するかと思います。

独身の頃に比べれば、自分で使える時間やお金はどうしても減ってしまいます。

また、精神的なストレスも、結婚ならではのものに変化していきます。

人によっては義両親との付き合いにストレスを感じる人もいますし、パートナーと毎日一緒に過ごすと今まで見えなかった面も見えてきます。

さまざまな問題が起きて離婚するとなると、世間体に響く上にお金がかかるという点もデメリットかと思います。

別居婚、週末婚のメリット・デメリット

空港にいる夫婦

共働き夫婦が増えたことで、別居婚週末婚という新しい夫婦の形をとる人も、少数ながら増えてきています。

別居婚とは完全に別居した状態での夫婦を指し、週末婚は週末だけ一緒に過ごす夫婦のことを指します。

子どもができると継続が難しくなる場合もある結婚スタイルではありますが、同居にはないメリット・デメリットがあります。

■別居婚・週末婚のメリット

  • 平日は仕事や自分の時間に費やせる
  • 結婚しても恋人同士のような新鮮な気持ちでいられる

■別居婚・週末婚のデメリット

  • まだ一般的ではない少数派の結婚スタイルのため、世間から理解されない場合がある
  • 生活費などのコストがかかる

筆者は大学時代、週末婚をしている教授にお世話になっていたのですが、「週末に妻と子どもに会えるのが楽しみ」「愛している」とにこにこ話すのを見ていたので、別居婚や週末婚にもポジティブな印象があります。

日本の離婚件数が年々増加していることを考えると、一緒に暮らすことが絶対幸せ、というわけではないという考え方も一理あると思います。

ただし、まだ一般的ではない結婚スタイルのため、お互いの両親に了承してもらえるかが最初のハードルになるかもしれません。

また、子どもができたら経済面や育児面の負担を考えて、同居婚に切り替える夫婦が多いようです。

結婚のメリット-家族ができる幸せを得て、孤独死を避けられる

一方、結婚するメリットの口コミでは、パートナーと一緒に支え合えること孤独死が避けられる安心感子どもを持てることなど、結婚をしないと得られない点がよくあがっていました。

共働き夫婦に関しては、世帯収入が増えるので旅行などに行きやすくなるという意見もありました。

■口コミで多かった、結婚のメリット

  • 愛する人とずっと一緒にいられる
  • 親族が増えて、いざという時に頼れる
  • 嬉しいことや楽しいことを共有できる
  • 辛い時に支え合える
  • 自分たちの子どもが持てる
  • 老後の孤独死を避けやすい
  • 共働きだと世帯収入が増え、経済的に豊かになる
  • 世間体が良くなる

愛する人や子どもと「家族」になれることは、結婚によって得ることができる大きな幸せだと思います。

夫婦以外の問題で言うと、世間からの見方が良くなるというメリットもあります。まだまだ日本には結婚をするべきだと考えている人も多いためです。

また、両親以外の家族ができることで、老後の孤独死の心配がなくなる点も大きいメリットです。

50代以上のアラフィフ婚活をしている人が結婚をしたい理由の中でも、「孤独死が不安だから」という意見は多数を占めます。

結婚のデメリットを解消、もしくは少なくできないか?

頬杖をつく男女

結婚でしか得られないものも多い、メリットがあるのはわかっている、でもデメリットも無視できない…そう悩む人もいるかと思います。筆者の周りにも多いです。

そこで、冒頭で紹介した結婚のデメリットを解消する方法をまとめてみました。共通するのは、パートナーとしっかり相談をするということです。

■自分の時間がなくなるのは困る

パートナーと結婚前に相談をすることが何より大事です。実際、結婚した後も自分の趣味を持ち、友達とのお出かけを楽しんでいる既婚者の人もいます。

交際している時点で、結婚生活をしたらこうしたい、というイメージをなるべく共有することで、結婚生活が始まってからのギャップをなるべく減らすことが望ましいです。

自分の意見をいう時は遠慮しすぎず、相手の思いもしっかりと聞くようにすれば、うまくいくはずです。

■自由に使えるお金が減るのがいや
夫婦一緒にお金の管理をする、もしくはたまにお金の管理をする担当を変えてみるのがおすすめです。

夫婦双方がに家計に携わることで話し合いの機会も増えるので、自由に使うお金に関しても相談がしやすいです。金銭感覚のギャップを少しずつ埋めることができるのもメリットです。

将来を見据えた貯金の計画も一緒に考えることで、家族のライフプランを固めることもできます。

■義両親や親戚との付き合いが不安
パートナーから事前にどんな親か聞き、結婚前に何度か会えると安心です。

早い段階で相手の両親と一定の信頼関係を築けると、結婚後の付き合いもしやすくなります。義両親が味方になってくれれば、パートナーに関する相談もでき、親戚付き合いもしやすくなる強い味方になります。

現在のパートナーとの結婚を迷っている人は、将来を見据えた話をしてみるところから始めて、自分が結婚をしたいかを考えてみるのもいいかと思います。

まだパートナーはいないという人は、婚活をして結婚を考えている異性と出会ってみるところから始めてみても良いかもしれません。

次は、成婚率の高い結婚相談所、パートナーエージェントの記事です。