パーティーの次は電車?婚活列車のカップル成立率が高すぎると話題

列車

2014年5月16日
婚活パーティーや街コンなど、新しい出会いの方法が増えてきました。
以前紹介した韓国での婚活パーティーをはじめ、業界でも様々な企画が登場する中で、産経新聞に面白いニュースが掲載されていました。

どうやら、「婚活列車」が大きな話題を呼んでいるとのことです。

婚活列車ってなんやねん?

婚活列車とは、近鉄(近畿日本鉄道)が企画している婚活イベント「きんてつHappy Train」のことで、街の活性化に繋げようと、奈良県吉野町の提案で開催されたのがきっかけだったのだとか。

予約を開始した数時間後には定員オーバーとなってしまうほどの人気で、最近ではライバル鉄道会社が視察に訪れるほどになっています。

6月にはミキモト真珠島で30回目の婚活列車ツアーが行われる予定ですが、既にキャンセル待ちとなっています。(すでに30回も開催されていたんですね。)

カップル成立率がめちゃ高い

婚活列車が人気なのは、ただ面白そうだからというわけではありません。
実は、「参加者のカップル成立率が4割とかなり高い」のです。

主な流れとしては、ツアー中に気になる人の名前をアンケート形式で主催者に提出し、ツアーが終わってからカップリングを発表する仕組みです。

一般的な婚活ツアーとあまり代わりはないものの、1回のツアーで8、9組のカップルが誕生しているのだとか。ツアー開始当時のカップル成立は3、4組程度だったとのことなので、何度も婚活列車ツアーを開催するなかで、「近鉄ならではのカップリング成立ノウハウ」が溜まってきたのでしょう。

ちなみに、普通の婚活パーティーでのカップル成立率は2~3割程度だと思います。
婚活列車は、異性の相手と話す時間も長いので、お互いのことをより深く知りやすいことが、カップリング率を上げているのかもしれませんね。

ツアーを楽しむ目的での参加も

少し前に「婚活バスツアー」が流行りました。
今回の婚活列車ツアーも、ライバル鉄道会社の他、イベント会社などが積極的に乗り出しているとのことなので、今後もっと広がっていくかもしれませんね。

こういったツアーありきの婚活は、

  • 自然な雰囲気で出会うことができる
  • いい人がいなくてもツアーを楽しめる

という2つのメリットがあります。
友だちとの参加もOKなので、「ちょっと電車でツアーでもいかない?」とお誘いのうえ、参加してみてはいかがでしょうか?